揺れない心 ~Serene Hearts~
『揺れない心』を持つ人間になりたい。 2005年に急性骨髄性白血病を発病、骨髄移植の後に社会復帰を目指すも、敢え無く2007年初に再発、再移植。GVHDと格闘の日々を綴ります。
★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜Thanks 200,000 HIT (16th Aug. 2007)★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
☆。:*:。:・'゜Thanks for the NEW RECORD 1,763 HIT/day (11th Mar. 2008)★。:*:。:・'゜
この度は『揺れない心 ~Serene Hearts~』へお越し頂き、誠に有難う御座います。
当Blogは白血病・骨髄移植・骨髄バンクに関する正しい知識を皆で共有する為に開設したものです。
初めての方はまずこちらをお読み下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。
2006年8月7日/管理人

【訪問者の方々へ】
管理人と直接絡むには こちらまで直接メールを!気軽なダメ出しを待ってます。
2007年3月5日/管理人

久々の新規コンテンツです。掲示板を作ってみました。 ゲストブックでの教訓を背景に、今回こそは皆で気軽に相談できる場が作れることを期待しています。誰かがアナタの知識を必要としてるはず。遠慮無く胸の内をブチまけていって下さい。入り口は左メニューバー下部、またはこちらから。
ゆれここ掲示板へ

2008年3月6日/管理人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一時退院ダー!!
明後日木曜日に一時退院することが決定しました。


骨髄移植を控え、
最期の気分転換期間に突入することになります。

やっぱり移植後は長期間に亘り免疫力が低下する為、
当分は無菌病棟での缶詰生活を強いられることとなるし。
恐らくは1週間弱の退院期間となると思われるけど、
ここで目一杯最期に羽根を伸ばしておこうと色々考えちゃうね。

当然実家でもゆっくりくつろいでオフクロの味を堪能する予定。




意外と誰も気付かなかったんで自分からタネ明かしをすると、
移植日(=X Day)は目下2月8日が最有力候補です。
メッセージでの地味にアピール(X = 2.8)してたんだけど。


すんませんでした。


この場合、前処置と言われる
最後の抗癌剤治療が2月1日から開始予定で、
その開始日の1週間前くらいから
いよいよ無菌病棟に入院することになる。

とは言え病棟のベッド空き状況が先行き見えないところも多く、
結局再入院のスケジュールはベッド空き次第ってコトに
なりそうな感じ。

少なくとも移植日は来週頭には正式決定すると思うんで
追って報告します。






悩み。

この期に及んで結構ピンチに立たされてます。
先週の土曜日から隣のベッドに入院してきたオッサン。

凄いイビキがうるさい。ホントにうるさい。
病棟ナースの間でもちょっとした評判になってるみたいだ。
安眠妨害をされつつはや4夜目を迎えてます。


我が病室は4人部屋。
隣がイビキのオヤジ。
正面は前にも色々述べた問題児。
斜め前は・・・最近副作用の嘔吐が激しく1日中吐いてる。


抗癌剤治療は大変だし、
人の人格を奪い去るものと理解はしてるけど、
気付いたら結構豪華な相部屋メンバーとなっていた。


ってかある意味最強メンバーだね。
長い入院人生で揃いも揃ったオールスター状態になってました。




あと2日の辛抱ですな・・・。
スポンサーサイト
体は正直だね・・・ψ(`∇´)ψ
昨日の切れ味の悪さ。
なんとな~く嫌な予感はしてたんだけど・・・

やっぱり今日は熱が出た。
ピークで38.4℃。



なんでこういう予想ってのは当たるんだろうか。
自分の体は自分が一番良く知ってるってコト?
やっぱり体は正直だね、ウソはつけない。


ってことで再び点滴生活がはじまりました。
抗生剤、1日に1時間×3本。

これだけは絶対に避けたかったのに・・・
実はコッソリと今週金曜に外出を狙ってたのだが、
そんなモノは敢無く夢となってしまった感じだ。


あーあーあ。つまらんねぇ。
長続きしなけりゃいーんだけど・・・南無。
切れ味悪し
うーん。体調がイマイチのようです。
別に高熱発症って訳じゃないけど・・・切れてないよ。
熱は37℃台前半を推移、だるさが抜けない。
長州小力のネタはマイク・ベルナルドのパクリじゃないのか?
この程度の思いつきしか出来ない自分が情けない。





今日は1日ベッド上でゴロゴロ。
基本的にはずっと寝てる感じで、起きてる時はマンガ読んでた。
昨日会社同期に借りた『ベルセルク』。
はじめて見るマンガだが中々快調に進行中。
全27巻の内、既に20巻まで読んでしまった。
けどプチ嫌がらせ?25巻が入ってなかった・・・orz。
終盤の1冊だけにかなり影響ありそうな感じ。助けてくれ。




まあこーゆう時はひたすら寝るに限るよね。
ってことで今夜もそろそろ寝ようと思います。

1月9日成人の日。
24時間中で20時間近くは睡眠時間となりそうな感じだ。




ちょっとこの連休は調子乗ってはしゃぎすぎちゃったか。
昨日は夕方から会社同期の
GB夫妻&MTカップルが遊びきてくれて、
2時間くらいUNOで盛り上がってしまった。
久々にやったけどかなり楽しい。
まあ惨敗だったのだが・・・。


ちなみに今日の切れ味が悪いのと
UNOで知恵を絞りすぎたのは、
これ一切無関係のデキゴトだからそこは宜しくね。
しかも自分の意志で遅くまで相手してもらったので(苦笑)。


変に気を遣われると困るから・・・
昨日は非常に楽しませてもらいました。
改めてアリガトウ。リベンジは必ずさせてもらいます。
骨髄移植へ向けて
周囲が動き出しています。
今月からレジデントの医師が変わったのだが、
今日は新しい先生から現況に関して色々と話が聞けた。



やはり順調に行けば2月の上旬にも移植実施の見通し。
それに向けてドナー、病棟等との最終調整が始まった模様。
いよいよ治療も最終ステージ突入間近となってきました。

移植後は個人差があるものの平均的には1~2ヶ月程度で退院。
その後のリハビリ期間も含め、社会復帰はGW明けが目標かな。
ひょっとしたら花見に間に合うかも。
北海道まで行けばスノボだって出来ちゃいそうだ!!



まあ上記はあくまで推測を主としてて、
詳細は恐らく2週間後くらいに正式に移植部隊の医師団から
今後のスケジュールとして説明を受けることになると思われるが、
なんとなくこの1ヶ月でオレを取り巻く環境が劇的に変化しそうだ。

正式に説明を受け次第、改めて報告させて下さい。




色々な意味でそろそろ心の準備を始める必要あり。
期待と不安、そして覚悟が入り混じった不思議な心境です。
どうもイマイチ実感が湧かないのよね。
4ヶ月も病室でぬるま湯に浸かっちゃったから・・・。



いよいよ激動の1ヶ月に向け秒読みが始まりつつあります。
一体どうなるんだろうか・・・。
イヴに仕込まれたプレゼント
今日は輸血に関するちょっとした話です。



特にオレみたいな血液内科の患者は
治療の過程で輸血を必要とする。
治療で使用する抗癌剤の副作用に
『骨髄抑制』ってのがあって、
これは血液中の白血球、ヘモグロビン、
血小板等が減少するもの。

白血球が減少すれば免疫力・抵抗力が弱まって
感染症を起こしやすくなる。

ヘモグロビンが減少すれば血中酸素が不足して
貧血を起こしやすくなる。

また血小板は血液を凝固させる作用があって、
これが減少すると血が止まりにくくなったり、
はたまたちょっとしたコトで出血や
血管破損を起こす危険性が高まる。



ヘモグロビン・血小板の減少時には
成分輸血によってこれを補完する。
普通輸血って言ったら真っ赤な血液の
点滴を想像するだろうけど、
実は血小板ってのは黄色の点滴。
けど輸血。不思議なもんだ。

献血で採血された段階では
ヘモグロビン・血小板もごちゃ混ぜで赤色なのに、
これを成分に分解すると
血小板は黄色となって抽出されるってこと。




まあそんな血液の色の話はどうでもいいんだけど、
ここでは血液検査の結果で一定の水準を下回った場合に
輸血は実施される。

ヘモグロビンの場合は
正常値が13.7~17.4g/dlに対し7.0g/dl以下で、
また血小板の場合は
正常値が131,000~365,000/μlに対し20,000/μl以下で、
これがこの病院の水準とされている。





ちょっと前置きが長くなったが、
今朝の血液検査の結果は
ヘモグロビンが7.1g/dl、血小板が51.000/μl。

いずれも要輸血の水準に達している訳じゃ無いけど、
骨髄抑制真っ只中のオレだから
明日ヘモグロビンが水準の7.0g/dlを
下回るコトは確実ってことで、
今日はヘモグロビンの輸血(通称MAP)を行った。




ごめんなさい、ここまでが前置きだ。さて本題。

実は輸血パックには血液型は勿論、
他に採取日と採取地が記載されている。
採取日に関して、ヘモグロビンの場合は採取後21日、
血小板は72時間っていう賞味期限がある為と思われる。

採取地は何で書いてあるんだろう・・・まあ参考程度か。
基本的にはコストの問題もあって
いつも東京都内採取の血液を使用。

一度だけ岡山からヘリ空輸の血小板を使用したけど・・・



今日輸血したパックには

採取日:12月24日、採取地:東京、

との記載があった。


つまりは本当に有難い話去年のクリスマス・イブ、
恋人達が1日限定のキリスト教信者となって
浮かれ気分で下心むき出しにする中、
献血という究極のボランティア作業に勤しんで下さる、
ある意味一種の奇特な偉人も存在したっていうことになる。



そこで考えてみた。
この血液はどういうシチュエーションの下で
誰から採取されたものなのか。
だって態々イヴに献血センターに行く人ってのも
中々いないでしょ・・・?


6択問題です。正解はどれでしょう?


① 28歳男性/商社マン
イヴに彼女とデート中、
たまたま待ち合わせ場所の横に献血車が!!
もちろん今夜はお持ち帰り狙いの
下心丸出しツアーを入念に企画。
ちょっといいトコ見せてポイント稼ぎを狙った彼氏が・・・。


② 26歳女性/OL
そんな彼氏に付き合わされて
献血せざるを得ない展開となった可哀想な子。
ただの被害者です。
勿論この日は持ち帰られちゃいます。


③ 54歳女性/主婦
趣味は献血。家の石鹸は献血後にもらえる粗品を愛用。
今日はクリスマスってことでゴチソウを家族に振舞うべく、
地元のスーパーで買い物のはずが入り口の脇で
献血をやってたんでついつい。


④ 56歳男性/会社役員
そんな嫁に荷物持ちとして付き合わされた挙句
献血させられた可哀想な男。
会社では偉そうにしてるんだが嫁の前では弱いダメ亭主。


⑤ 21歳男性/NEET
最近流行りのNEET君。
電車男を見てAボーイデビューも検討中。
「人のための献血」ってよりも血を抜かれる
自分の腕を見つめるのが大好き。


⑥ 36歳女性/独身OL
最近増えてきた人種。
晩婚化、キャリアウーマン、負け犬。
言い方は様々。
1人寂しいイヴに何か想い出を・・・
ってことで献血してみました。
やっぱり人の為に何かをするってのは素晴らしい!!
って独り身寂しい自分を知らずの内に
フォローしちゃってます。




この中だったらオレは②番希望かな。
若い女性の生き血ってコトで。
けど何となく④番のような気がする・・・
もちろん根拠は無いが。

頑張れお父さん!!ありがとうお父さん!!
ってな感じ。

他にどんなシチュエーションがあり得るかなあ。
⑤⑥は社会問題を風刺化した選択肢で今風な感じだ。

なんか面白いのあったら是非投稿を。
copyright © 2005-2006 揺れない心 ~Serene Hearts~ all rights reserved.
Powered by FC2 blog.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。