揺れない心 ~Serene Hearts~
『揺れない心』を持つ人間になりたい。 2005年に急性骨髄性白血病を発病、骨髄移植の後に社会復帰を目指すも、敢え無く2007年初に再発、再移植。GVHDと格闘の日々を綴ります。
★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜Thanks 200,000 HIT (16th Aug. 2007)★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
☆。:*:。:・'゜Thanks for the NEW RECORD 1,763 HIT/day (11th Mar. 2008)★。:*:。:・'゜
この度は『揺れない心 ~Serene Hearts~』へお越し頂き、誠に有難う御座います。
当Blogは白血病・骨髄移植・骨髄バンクに関する正しい知識を皆で共有する為に開設したものです。
初めての方はまずこちらをお読み下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。
2006年8月7日/管理人

【訪問者の方々へ】
管理人と直接絡むには こちらまで直接メールを!気軽なダメ出しを待ってます。
2007年3月5日/管理人

久々の新規コンテンツです。掲示板を作ってみました。 ゲストブックでの教訓を背景に、今回こそは皆で気軽に相談できる場が作れることを期待しています。誰かがアナタの知識を必要としてるはず。遠慮無く胸の内をブチまけていって下さい。入り口は左メニューバー下部、またはこちらから。
ゆれここ掲示板へ

2008年3月6日/管理人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白血病関連用語辞典を開設するにあたって
この用語辞典は医療系資格を一切有さない管理人が、
インターネット、書籍等による独学、
並びに治療の実体験を通じて医師・看護師から直接
聴取した内容に基づき作成されております。

記載内容に関し、管理人は一切の法的責任を負いません。
その点、理解頂ける方にのみ活用頂ければと考えております。

実態と齟齬の無きよう細心の注意を払って作成してますが、
勉強不足ゆえに行き届かない点は多々散見されると思われ、
今後皆様の御指摘に基づき随時更新して行きたいと思います。

より便利な用語辞典の作成の為にも、
忌憚無きご意見、ご指摘、ご要望をお待ちしております。
また追加希望用語あれば随時投稿下さい。



あ行か行さ行た行な行は行ま行や・ら・わ行

A~EF~JK~OP~TU~Z他



尚、本用語辞典において
赤字表記される用語は血液成分を、
青字表記される用語は薬剤名を示します。

ご参考下さい。



ミンナでワッショイ!!
↑☆彡 (-人-;)↑
FC2ブログランキング登録中↑
応援のクリックをお願いします↑
スポンサーサイト
用語辞典/あ行
曙体型
ステロイド剤投与の結果発症する可能性のある、世にも恐怖な副作用の1つ。手足が細いままにして腹回りの発育が活発化した状態。ネバーギブアップな精神力も備わるとされるが、連戦連敗街道を突き進む危険性大。要注意。


移植(イショク)
本用語辞典では造血幹細胞移植のことを示す。


移植コーディネーター(イショクコーディネーター)
移植に際して患者や臓器提供者の相談に乗ったり、手術・輸注の手配をする人。


ウルソ
胆石を溶かしたり、コレステロールが結晶になるのを防ぐ作用があり、胆石症を治療する薬。移植後のGVHDとして肝機能障害が出た際に、胆石症を予防する目的で使用されることがある。


エンドキサン
移植前処置療法に使用される抗癌剤の1つ。副作用として心臓疾患、出血性膀胱炎などが挙げられ、予防・早期発見を目的に使用中は心電図モニターを装着し、また膀胱炎予防として通常時の2~3倍の水分を点滴にて摂取し、排尿を促す。
用語辞典/か行
化学療法(カガクリョウホウ)
2種類以上の抗癌剤を用いた治療法。


カテーテル
医療用に用いられる中空の柔らかい管。胸腔や腹腔などの体腔、消化管や尿管などの管腔部または血管などに挿入し、体液の排出、薬液や造影剤などの注入点滴に用いる。


顆粒球(カリュウキュウ)
白血球の構成要素の1つでその60%前後を占め、更に好中球好酸球好塩基球の3分類に分けられる。


寛解(カンカイ)
造血幹細胞が分化し、白血病細胞が骨髄内でほぼ見られなくなった常態を言う。広義では永続的、一時的を問わず臨床的に症状や検査成績が好転または消失する状態を言う。


寛解導入療法(カンカイドウニュウリョウホウ)
寛解状態を目指して行われる抗癌剤治療。


完全寛解(カンゼンカンカイ)
造血幹細胞が正常に分化し、白血病の症状が見られない状態を言う。


急性GVHD(キュウセイジーブイエイチディ)
移植後100日以内に出現するGVHDのこと。主な症状は皮膚疾患(湿疹、乾燥他)、消化管不全(下痢、嘔吐、食欲不全他)、肝機能障害(黄疸他)、粘膜障害(口内炎、唾液減少他)、ドライアイ等。


血小板(ケッショウバン)
血液検査項目の1つで、血管が損傷した時にその傷口をふさぎ、出血を止める作用を持つ。一般的な正常値は13.1~36.5×10,000/ulとされる。


血中濃度(ケッチュウノウド)
血液に溶け込んでいる薬剤の濃度のこと。同量の薬剤を服用していても個人差により吸収のされ方が異なる為、定期的に血中濃度を測定することで、患者毎に異なる最適な薬剤量を量ることが出来る。


ケモ
化学療法(Chemotherapy:ケモセラピー)の通称。


好塩基球(コウエンキキュウ)
白血球の一種である顆粒球の1つで生体の免疫機能に関与していると考えられるが、はっきりとした存在意義は不明。


抗癌剤(コウガンザイ)
癌治療に使用される薬剤で、アルキル化剤・代謝拮抗剤・抗癌性抗生剤・植物アルカロイド・免疫療法剤・その他ホルモンの6種に分類され、現在約30種が使われている。いずれもがん細胞と共に正常細胞までも破壊する効果があり、様々な副作用がある。


好酸球(コウサンキュウ)
白血球の一種である顆粒球の1つで、アレルギー反応の制御を行なう。


好中球(コウチュウキュウ)
白血球の一種である顆粒球の1つで、白血球の中で最も数が多い。強い貪食能力を持ち、細菌などの体内の有害物を除去する役割がある。


骨髄(コツズイ)
骨の中に存在する柔組織で、あらゆる血球系細胞(赤血球白血球リンパ球血小板のもとになる巨核球など)に分化できる造血幹細胞が存在する。また、ラーメン等で良く煮込みスープのベースとされる「ガラ」は骨髄のこと。


骨髄移植(コツズイイショク)
ドナーの正常骨髄細胞を患者の静脈内に投与する療法で、造血幹細胞などの欠損を補う方法。HLA型が一致した骨髄提供(フルマッチ)が望ましいが、完全一致は難しい。白血病では、自分の骨髄細胞から腫瘍細胞を除いて移植する自家骨髄移植も行われている。


骨髄移植推進財団(コツズイイショクスイシンザイダン)
白血病などの血液難病の患者さんを骨髄移植によって救うために平成3年12月18日に設立された財団。主に骨髄バンク事業を手掛ける。


骨髄バンク(コツズイバンク)
骨髄移植推進財団が主体となり、日本赤十字センターと各都道府県等の協力の下で運営され、白血病などの血液疾患の治療として造血幹細胞移植(特に「骨髄移植」)が必要な患者のために、血縁関係のない健康な人(非血縁者)から提供される「骨髄液」を患者に斡旋する仕組み及びその業務を担う公的機関のこと。


骨髄抑制(コツズイヨクセイ)
抗癌剤の代表的な副作用の1つで、血液を造られる骨髄の機能が抑制されるため、白血球血小板ヘモグロビン等が作られず、極端に減少する現象。
用語辞典/さ行
サーフロー
長時間の点滴に用いられる静脈留置針で、テルモ社の製品名。


臍帯血バンク
白血病などの血液疾患の治療として造血幹細胞移植(特に「さい帯血移植」)が必要な患者のために、産婦から提供されるさい帯血を患者にあっ旋する仕組み及びその業務を担う公的機関のこと。日本においては「日本さい帯血バンクネットワーク」がバンク全体の連絡調整を担い、さい帯血の検査・保存、患者や提供者への対応などの実務は独立組織である各地のさい帯血バンク(2004年現在11団体)によって行われている。


自家移植
造血幹細胞移植の1つで、患者自身の幹細胞をあらかじめ採取して凍結保存し、後に移植に使用すること。


生検
患者から生体の一部を採取してその組織を光学あるいは電子顕微鏡や化学的検査などで調べることにより、病気の診断や経過予後の判定する検査。皮膚、筋肉、腎臓、肝臓、骨髄、肺、心臓、消化管、粘膜など、病気の診断の根拠になるあらゆる組織が対象となる。


生着
移植を受けた骨髄が造血を開始し、白血球が基準の数まで十分に増加した状態のこと。白血球の数が3日連続で1,000/μlを超えることがひとつの目安とされ、移植後2~3週間でこの状態を迎えることが期待される。


赤血球
骨髄中に存在する造血幹細胞由来の細胞で、細胞内にヘモグロビンを有することで酸素と結合し、血流に乗って酸素を体中の組織に運搬する。


セルベックス
胃の粘膜を保護する働きがあり、胃潰瘍や胃炎を治療する薬。他の薬から胃腸の粘膜を保護する目的として使用されることも多い。


前処置療法
癌細胞を徹底的に殺したり、移植するドナーの幹細胞が患者の体内で拒絶すされることが無いように行われる、幹細胞を輸注する前に大量の抗癌剤治療や全身放射線照射のこと。輸注日の1週間前前後から開始するのが一般的。嘔吐、粘膜障害、脱毛等、様々な副作用を伴う。


造血幹細胞
全ての血液細胞(白血球、赤血球、血小板等)を生み出すことのできる源の細胞のこと。


造血幹細胞移植
正常な造血幹細胞を静脈内に輸注する移植術で、近年では骨髄移植の他、末梢血幹細胞移植(血液中に含まれる幹細胞を使用)や臍帯血移植(分娩時のへその緒や胎盤内にある幹細胞を使用)も発達してきた。


ゾビラックス
単純ヘルペスウィルス等、ウィルス感染に起因した病気を予防、治療する薬。移植後の免疫抑制期間中に使用されることが多い。
用語辞典/た行
単球
白血球の構成要素の1つで、その3~8%を占める。白血球細胞の中で最も大きく豆型の核を持ち、感染に対する免疫の開始に重要。


地固め療法
白血病治療において、寛解状態の後に完全寛解状態を維持することを目的として、大量の抗癌剤を用いて行われる治療法。


中心静脈カテーテル
中心静脈に挿入されるカテーテルで、刺し替えすることなく長期間に亘る点滴治療を可能とする。挿入部位は主として①鎖骨付近の静脈、②首の静脈、③腕の静脈のいずれかが一般的で、化学療法やその他薬剤の点滴、輸血、水分や栄養分の補給、採血、そして幹細胞の輸注(移植)までもがこのカテーテルを通して行われる。


同種移植
造血幹細胞移植の1つで、HLAの一致した健常なドナーから採取した細胞を用いる移植のこと。

copyright © 2005-2006 揺れない心 ~Serene Hearts~ all rights reserved.
Powered by FC2 blog.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。