揺れない心 ~Serene Hearts~
『揺れない心』を持つ人間になりたい。 2005年に急性骨髄性白血病を発病、骨髄移植の後に社会復帰を目指すも、敢え無く2007年初に再発、再移植。GVHDと格闘の日々を綴ります。
★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜Thanks 200,000 HIT (16th Aug. 2007)★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
☆。:*:。:・'゜Thanks for the NEW RECORD 1,763 HIT/day (11th Mar. 2008)★。:*:。:・'゜
この度は『揺れない心 ~Serene Hearts~』へお越し頂き、誠に有難う御座います。
当Blogは白血病・骨髄移植・骨髄バンクに関する正しい知識を皆で共有する為に開設したものです。
初めての方はまずこちらをお読み下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。
2006年8月7日/管理人

【訪問者の方々へ】
管理人と直接絡むには こちらまで直接メールを!気軽なダメ出しを待ってます。
2007年3月5日/管理人

久々の新規コンテンツです。掲示板を作ってみました。 ゲストブックでの教訓を背景に、今回こそは皆で気軽に相談できる場が作れることを期待しています。誰かがアナタの知識を必要としてるはず。遠慮無く胸の内をブチまけていって下さい。入り口は左メニューバー下部、またはこちらから。
ゆれここ掲示板へ

2008年3月6日/管理人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最後の晩餐
本日血液検査の結果を受け、
11時からマルク(骨髄採取)を実施。
結果、通常なら消滅していてもおかしくないはずの
悪性細胞が骨髄から発見される。

治療開始の段階から比べれば大幅減だけど、
やはり結果には落胆、残念。
第2回治療を明朝から開始することになった。


ってことで、急だけど今夜限りの外出・外泊許可がおりることに。
そんないきなり言われても・・・って感じ。
明日の夜であれば友人の結婚式・2次会に顔を出せたんだけど、
それも叶わず(まあ最初から諦めてたけど・・・)。
さて、暫く24時間点滴体制に突入する前の一夜をどう過ごすか。
ちょっと検討してみた。


1.実家に帰る
明朝10時には病室にいる必要あり。
片道1時間半、往復3時間かけて実家で寝るだけも
あまりに空しいなぁ。そもそも生活の拠点じゃないから
何も置いてないし。親孝行もできない。

2.自分の部屋に帰る
片道タクシー10分。けど誰もいない部屋。
う~ん・・・。酒はいっぱいあるけど飲めないし・・・。
一旦帰って、今後の入院生活に備えるべく
物資調達・補充できるのは結構魅力的。

3.会社に顔を出す
正直、オフィスの机の上が汚い。
重要書類も散乱してる可能性大。
貴重品も一部引き出しの中にある。
ここらへんの整理整頓はしたいトコ。
けどなぁ・・・ちょっと現実逃避しきれない恐れあり。

4.夜の街を徘徊する
ここからだと銀座が近い。
酒が飲めない男が銀座で何をしよう。
旨いメシ食って・・・夜の散歩か。
ネオンに囲まれた一夜も確かに魅力あり。
金曜だし知り合いが飲み会とかやってそうだ。
乱入するか?

5.フリー雀荘でオッサンと戯れる
これも魅力あるね。
実は入院前夜も深夜まで麻雀してた。
今夜は勝ち負け抜きで心から楽しめそうな気がする。
けど心から楽しんじゃうと大負けする危険性もあるなぁ。

6.首都高バトル
入院してる間に愛車の車検が完了した。
気分転換もかねてドライブ?
富士山くらいまでならあっという間に行けそうだな。
そうなると誰かを道連れにして助手席に拉致るか。

7.青レンジャーに変身
悪の大魔王と最後の戦いをするか?
バトルスーツは今ドコにあるんだろう??

8.大人の時間を過ごす
これは日頃の欲求不満をお金で解決する最後の方法。
自己嫌悪に陥りそうだ。

9.散財
趣味=無駄遣い。札束抱えてどこ行こう。
早くしないと店が閉まっちゃうよ・・・。

10.病院ステイ
何だか色々考えるのも面倒だ。
ってことで結局はこのまま病院に残るのが一番楽かも。。。




さあ、どうしよう。結果は明日の夜にでも報告します。
スポンサーサイト
断髪式
20060807022003.jpg


治療開始から3週間が経過。
そろそろ脱毛のペースが上がってきたこともあり、
意を決して病院内の床屋に行ってボウズにしてきた。


何を語るでもない、写真参照。
久々のボウズだ。
短いトコで2ミリ、長いトコでも1センチ。

20060807012726.jpg


自分では結構笑ってしまったが、
病棟の看護婦からは拍手喝采を浴びるほどの大好評。


しかし短髪は寒いねぇ・・・。
これからの季節、北風が凍みるわ
単調な日々・・・
久々に朝寝。


10時半に起床。
昨日輸血2本耐え抜いたのに、
ヘモグロビン(血中酸素)の数値が思うように回復しない。
まだまだ副作用が続く期間なのかなぁ・・・。


昼からはロードオブザリング~二つの塔~を黙々と観た。
シリーズ第二作目だけど、実は第一作を観たのが
2年前の誕生日(一人で部屋で)。
あんまり話の続きが思い出せなかったけど、それなりに満足。
夕方には休暇で帰国中のイラン店に勤務する会社の後輩SHが、
また夜には(自称)美女AYが来てくれて、
非常に楽しい時間が過ごせた。


SHとは仕事の話ばかり、
AYとはメシの話ばかりだったけど・・・(苦笑)。


二人ともありがとうね。
輸血ラッシュ
今日は輸血が夕方から4時間もあり、さすがにしんどかった。


午前中、四苦八苦してようやく会社のメールが見れるようになった。
これで(やる気がおきれば)病室でも仕事ができる!!
けど休んでいた3週間分のメールが2000件超。
いつになったら追いつくんだろうか。


午後は友達が見舞いに来てくれてかなり時間が潰せてhappy。
最近テレビでよく宣伝してるゲームボーイミクロを貸してもらった。
これすごいね。スーパーマリオ、ゼビウス、マッピー、
高橋名人の冒険島。小学校時代の名作がずらり、
今後の入院ライフの中核ともなりそうなアイテムを入手。

KCありがとね。早速盛り上がってます。
肘の顛末・・・
肘の診察受けたけど、レントゲンも異常無いし、
どうやら筋を違えただけのようだ。人騒がせな体だよ・・・。

疲れたので今日はもう寝ます・・・。
明日からは色々と病気以外のコトも書きたいなぁ・・・。
脱毛開始
いよいよ脱毛がはじまった。

手櫛で抜ける抜ける。



そろそろバッサリ坊主にする頃かなぁ。

もうちょっと粘ってみるけど、

朝起きて枕の上の毛の本数が数え切れなくなったら坊主だな、こりゃ。
今度は左肘・・・
首が治ったと思ったら今度は左肘に激痛が。

またもや湿布登場。大活躍。
誕生日
27歳の誕生日。

非常に平和な1日だった。

去年は修羅場だった。

もし元気だったら何してたんだろう。

やっぱ修羅場なのかな。
首が・・・
朝起きたら、首に激痛が。
しかもカテーテル突っ込んでる周辺。

ちょっと不安になって医者の診察を受ける。
「寝違えた」と診断されしばらく湿布で様子を見ることに。

前日寝転がってずっと同じ体勢でテレビ見てたんだけど、
それが原因かもしれん。カッコ悪いなぁ・・・。
点滴が外れた!
ようやく点滴が外れた。
これからは薬の効果を見るべく、暫くは静観。


正直、1週間の点滴で入院前よりはるかに体調が良くなってる。
ここらへんで、自分が病人であることの自覚を失う。


午後には念願の風呂。
点滴が外せなかったからこの1週間はタオルで体を拭く生活。
しずかちゃんじゃ無いけど、シャワーの素晴らしさに興奮した一日


世間は3連休の初日だね。
粘膜障害悪化
予想はしてたが、粘膜障害が激化
口中が口内炎でメシの味なんて全然わからない状態。
ただでさえマズイ病院食が更に食べれなくなり、体重は減る一方。


入院6日目にしてはや2キロ減。
中性脂肪を燃焼させながらしぶとく生きながらえる作戦に転換。
肉体改造だ。


しかも、尿酸値を抑える薬を飲んでいるんだけど
(副作用で尿酸があがる可能性があるらしい)、
入院前はいつ通風発症してもおかしくなかったのが
一気に正常範囲内へ。治療闘病も悪くないね。
軟禁生活4日目
免疫力低下、感染症の恐れが高まってきたこともあり、病室を引越し。念願の個室(無菌室?)を手に入れる。

フロアが変わった為に病棟・看護婦も一新。
結構カワイイ子いたんだけどなぁ・・・複雑。
普通の朝
午前11時。

仕事が暇&体調不良を理由に、事前に休みをもらった。
上司命令に従うべく、地元の病院に行ってみる。

実は2週間くらい頭痛・動悸・息切れに悩まされてた。
頭痛は風邪、動悸・息切れは運動不足と体力低下って
自分の中で割り切ってたんだけど・・・。

第一診断結果は貧血。その原因を調べるべく血液検査実施。
そしたらあらゆる数値が常軌を逸する。
いつ内臓・脳の血管が破裂してもおかしくない状況と。
どーゆうこと??意味不明。
どうやらただの貧血では許してもらえなそうな感じ。



すかさずかかりつけの医者(別の病院)に呼び出される。
午後2時。いつもの病院到着。
4年前に入院して以来、年に3回程度定期健診を受けている先。
最初の病院での検査結果を手渡すなり、
「急性骨髄性白血病」と切り捨てられる。

唖然呆然阿鼻驚嘆。何が何だか、正直意味不明。
せかちゅー?ながさわまさみ?
慌しい看護婦の動きを見るに、どうやらタダゴトでは無さそうだ。
すぐさま血液内科の検診を受け、即日入院・治療開始を言い渡される。


このとき午後3時。

手荷物はサングラス、NANA(マンガ)の10巻~13巻、
伊藤園のジャスミン茶。
この3種の神器を手に半年間の入院生活を言い渡されたって、
さすがに困る。


午後4時。

とりあえず病院から変な浴衣を借りて処置台の上。
帯が無いからゼムクリップで浴衣を止める。
すかさず胸・首に麻酔を打ち込まれ、骨髄採取&カテーテル挿入。
あとでレントゲンを見て知ったが、このカテーテル、
首筋から30cm血管を通って心臓の真横まで通された。恐ろしや。


午後6時。

病室は二人部屋。隣は推定50代のオッサン。とりあえず挨拶。
やはり入院生活たるもの、人間関係が命っしょ。
休む間も無く血小板輸血&抗癌剤治療を開始。
どうやら24時間体制で1週間投薬を続けるらしい。
抗癌剤の主たる副作用は免疫力低下、脱毛、頭痛、
吐き気、発熱、粘膜障害(主に口内炎)等。
ともあれ、点滴と言う鎖に繋がれて闘病生活の幕開け。



さすがに凹んだねぇ・・・久々の悲し泣きだった。
copyright © 2005-2006 揺れない心 ~Serene Hearts~ all rights reserved.
Powered by FC2 blog.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。