揺れない心 ~Serene Hearts~
『揺れない心』を持つ人間になりたい。 2005年に急性骨髄性白血病を発病、骨髄移植の後に社会復帰を目指すも、敢え無く2007年初に再発、再移植。GVHDと格闘の日々を綴ります。
★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜Thanks 200,000 HIT (16th Aug. 2007)★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
☆。:*:。:・'゜Thanks for the NEW RECORD 1,763 HIT/day (11th Mar. 2008)★。:*:。:・'゜
この度は『揺れない心 ~Serene Hearts~』へお越し頂き、誠に有難う御座います。
当Blogは白血病・骨髄移植・骨髄バンクに関する正しい知識を皆で共有する為に開設したものです。
初めての方はまずこちらをお読み下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。
2006年8月7日/管理人

【訪問者の方々へ】
管理人と直接絡むには こちらまで直接メールを!気軽なダメ出しを待ってます。
2007年3月5日/管理人

久々の新規コンテンツです。掲示板を作ってみました。 ゲストブックでの教訓を背景に、今回こそは皆で気軽に相談できる場が作れることを期待しています。誰かがアナタの知識を必要としてるはず。遠慮無く胸の内をブチまけていって下さい。入り口は左メニューバー下部、またはこちらから。
ゆれここ掲示板へ

2008年3月6日/管理人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
普通の朝
午前11時。

仕事が暇&体調不良を理由に、事前に休みをもらった。
上司命令に従うべく、地元の病院に行ってみる。

実は2週間くらい頭痛・動悸・息切れに悩まされてた。
頭痛は風邪、動悸・息切れは運動不足と体力低下って
自分の中で割り切ってたんだけど・・・。

第一診断結果は貧血。その原因を調べるべく血液検査実施。
そしたらあらゆる数値が常軌を逸する。
いつ内臓・脳の血管が破裂してもおかしくない状況と。
どーゆうこと??意味不明。
どうやらただの貧血では許してもらえなそうな感じ。



すかさずかかりつけの医者(別の病院)に呼び出される。
午後2時。いつもの病院到着。
4年前に入院して以来、年に3回程度定期健診を受けている先。
最初の病院での検査結果を手渡すなり、
「急性骨髄性白血病」と切り捨てられる。

唖然呆然阿鼻驚嘆。何が何だか、正直意味不明。
せかちゅー?ながさわまさみ?
慌しい看護婦の動きを見るに、どうやらタダゴトでは無さそうだ。
すぐさま血液内科の検診を受け、即日入院・治療開始を言い渡される。


このとき午後3時。

手荷物はサングラス、NANA(マンガ)の10巻~13巻、
伊藤園のジャスミン茶。
この3種の神器を手に半年間の入院生活を言い渡されたって、
さすがに困る。


午後4時。

とりあえず病院から変な浴衣を借りて処置台の上。
帯が無いからゼムクリップで浴衣を止める。
すかさず胸・首に麻酔を打ち込まれ、骨髄採取&カテーテル挿入。
あとでレントゲンを見て知ったが、このカテーテル、
首筋から30cm血管を通って心臓の真横まで通された。恐ろしや。


午後6時。

病室は二人部屋。隣は推定50代のオッサン。とりあえず挨拶。
やはり入院生活たるもの、人間関係が命っしょ。
休む間も無く血小板輸血&抗癌剤治療を開始。
どうやら24時間体制で1週間投薬を続けるらしい。
抗癌剤の主たる副作用は免疫力低下、脱毛、頭痛、
吐き気、発熱、粘膜障害(主に口内炎)等。
ともあれ、点滴と言う鎖に繋がれて闘病生活の幕開け。



さすがに凹んだねぇ・・・久々の悲し泣きだった。
スポンサーサイト
copyright © 2005-2006 揺れない心 ~Serene Hearts~ all rights reserved.
Powered by FC2 blog.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。