揺れない心 ~Serene Hearts~
『揺れない心』を持つ人間になりたい。 2005年に急性骨髄性白血病を発病、骨髄移植の後に社会復帰を目指すも、敢え無く2007年初に再発、再移植。GVHDと格闘の日々を綴ります。
★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜Thanks 200,000 HIT (16th Aug. 2007)★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
☆。:*:。:・'゜Thanks for the NEW RECORD 1,763 HIT/day (11th Mar. 2008)★。:*:。:・'゜
この度は『揺れない心 ~Serene Hearts~』へお越し頂き、誠に有難う御座います。
当Blogは白血病・骨髄移植・骨髄バンクに関する正しい知識を皆で共有する為に開設したものです。
初めての方はまずこちらをお読み下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。
2006年8月7日/管理人

【訪問者の方々へ】
管理人と直接絡むには こちらまで直接メールを!気軽なダメ出しを待ってます。
2007年3月5日/管理人

久々の新規コンテンツです。掲示板を作ってみました。 ゲストブックでの教訓を背景に、今回こそは皆で気軽に相談できる場が作れることを期待しています。誰かがアナタの知識を必要としてるはず。遠慮無く胸の内をブチまけていって下さい。入り口は左メニューバー下部、またはこちらから。
ゆれここ掲示板へ

2008年3月6日/管理人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
腹が減ったゾ
本日の熱のピークは午前10時半。
いつもよりちょっと遅めだった。
朝方を無事37℃前後で乗り切ってちょっと油断した矢先。
けど38.1℃が今日のピーク。
着々と熱は下がってるものと期待される。


それもそのはず、先日から白血球を上げる注射を開始したが、
ようやく本日現在で1,000μ/ℓまで戻って来ました!!
とは言っても好中球はまだ限りなくゼロに近いわけで、
相変わらずスカスカの白血球、抵抗力もまだまだ未熟だけど。
油断せずに復活を目指します☆☆☆


あと1週間くらい経てば皆にも会えるかなぁってちょっと期待。





さて、今夜ももう夜の11時。
たった今横でエンタの神様が終わって、から騒ぎがはじまった。
こんな時間なのに・・・腹が減ったゾ困ったゾ。
これも元気になってきた証拠と喜ばしいんだが・・・。
ご存知の通り病院食は味の問題もあって満腹感は得難く、
こと食に関する不満は入院生活中で絶えず付きまとう。
とにかく病院のメシっちゅーのは味が薄く淡白でパサパサ。
味付けの濃厚な食事をとかく好むオレにはかなり厳しい。



こんな状況下で、今オレを一番悩ませるのがテレビ。
グルメ番組は当然のコトながら、
CMだって時には凶器となる。
特に最近気になるCMはマクドナルドとケンタッキー。
どういう訳だか入院すると
ファーストフードへの憧れがかなり強まる。
あと宅配ピザ系のCMもかなり痛恨の一撃って感じだな。


テレビ番組だと・・・
どっちの料理ショー、ゴチバトル、
食わず嫌い王選手権あたりか。


ホント食いたいものが食わせてもらえないのはツライ。
肉が食いたい。特上ロースに埋もれたい。
焼肉、しゃぶしゃぶ、すき焼き・・・はぁ・・・。


寿司が食いたい。本マグロの身で叩かれたい。
大トロ、炙りトロ、うに、ボタン海老、アワビ・・・。


もっと身近なモンだっていいんだよ。
きっともん吉のもち明太チーズもんじゃだって、
サンコウエンのギョーザだって今のオレにゃゴチソウだ。


ああ、余計腹が減ってきた・・・今夜このネタは失敗だ・・。
空腹を凌ぐ為に寝ることとします。ひもじいなあ。
スポンサーサイト
横ばいですね
体調は相変わらずの横ばい・・・。
熱は午前9時の38.4℃がピークで午後からは漸減。
いつも通り夕方以降は小康状態なるも依然要注意。

昨日昼間寝すぎたからか昨夜は殆ど寝れず、
今日はもうオネムです。

ちなみに薬疹はようやく快方に向かってきました。
ちょっとめでたし。
けど最近は痒みが出てきてちょっと困り気味。
ヘリで空輸中
ふぅ・・・。
さすがに1週間状況も変わらないと・・・
こっちで書くことも無くなるね。
かと言って頭ひねらす余裕も無いし、
今夜もちょっとサボりモード。


熱が下がらねーよ。
さすがにちょっとイライラもする。
それ以上に体力消耗してる自分もいる。
こんな時こそ揺れない心か・・・。





今日は夕方に輸血する予定だったんだけど、
オレに合う血液が都内で発見されなかったらしい。


驚いたことに地方から現在ヘリにて空輸中。
病院の屋上のヘリポートがあるのは知ってたが、
まさか自分のために使われるとは・・・。


つーかそこまで輸血の緊急性が高いのか?
ちょっとドキドキですが、23時到着予定らしいです。


今頃どの辺を飛んでるんだろうか。


ちょっとした「緊急病棟24時」(そんなのあったか?)。
しかし寝てる間に輸血っちゅーのも迷惑なのだが・・・。
コントロールミス
オレもまだまだ甘ちゃんだ。
昨日で熱をコントロールしたつもりだった。
発熱も収束傾向だとか言ってた。





否!!





今日も朝から快調に38℃。昼過ぎには39.4℃。
全然ダメでした・・・。

しかし熱ってのはホント体力消耗するね。
体重も減らない。
発熱以降の1日当たり水分摂取量:約5.5ℓ
(内訳/点滴3ℓ、飲料2.5ℓ)

これに対し排出量は
どんだけ頑張っても尿と汗で3.5ℓ程度。

どんどん体内に水分が蓄積される。
ここから生まれるのが「むくみ」ってヤツ。
どうも最近手足のむくみがひどいんだよねぇ。
ちょっと痛むくらい。

困ったもので、また悩みが一つ増えそうだ。




ところで今回の発熱。
原因究明しようとあらゆる細菌培養検査をしてみたんだけど、
依然正体不明の状況。
全ての検査から細菌が一切消滅してること確認されたらしい。


じゃあなんなんだ!?って医者が困ってる。
当然患者はもっと不安になる。
まあ熱が下がれば全部忘れるんだけどね。


明日こそは・・・。と祈り続けてもうすぐ1週間・・・。
回復傾向
いやいや、ホントみなさん心配おかけしてます。



今日はようやく熱のコントロールができてきた!
そんな一日でした。
ピークは昼過ぎの38.5℃で、基本的には37℃台。
夕方には36℃台にも一時的に下がったりした。
いやいや、長かったねぇ。やっとこさ復活の兆しが見えてきたよ。


けど依然上がらないどころか下がり続ける白血球。
ついに昨日は白血球の値が100μ/ℓを記録。
こっちも落ちるトコまで落ちきったって感じがするね。
相変わらず輸血は毎日にように続けてるし・・・。


免疫力・抵抗力(すなわち白血球)が回復するまでは
また発熱する危険性はあり、
引き続き厳重注意は必要なんだろうけど・・・
とりあえず熱発第2弾は徐々に収束を迎えようとしてます。



今日は久々にゴハンも食べてみた。

ここには書いてなかったけど、
実は口に固形物を突っ込んだのは4日ぶり。

人間、水分さえとっていれば何とか生きれるもんだね。
けど体重は+3㎏。絶食水だけダイエットはどうもウソ臭い。




ホント色々心配かけてすまなかったね・・・。みんなアリガト。
泥沼
今日も熱が下がらないよ~。もう泥沼。
けど40℃は行かなかった(実測値)。

37.8℃~39.8℃の間を行ったり来たり。
幸い、キチガイのような痙攣は起きなかったが、
頭の上で目玉焼きが作れそうだ。

これで4日連続の39℃オーバー。
日本シリーズで新記録・珍記録が乱発する中、
オレはコイツで一つの記録を作るのか。
参りました。そろそろ許して下さい・・・。



変なメールも来た。

オレを探して都内の病院を片っ端から電話して問合せ、
中には教えてくれないから何件か足を運んだという、
奇特な女性がいるらしい。

見つからないよ~(> <;)だって。
こういう問合せって病院はドコまで患者を
守ってくれるんだろう。



以上、ストーカー談義と一緒に今日の様子でした。
人生一番の驚き?
今日はホントに驚いた。
多分人生で一番驚いた。
相変わらず熱は下がらないんだけど・・・

朝一番で39℃。今日もなかなかのスタート。
一旦解熱剤(錠剤)で38℃台までは下げたけど、
下がるのはその水準が精一杯。


そして午後1時、事態は急変した。


寒い・・・とにかく寒い。
よく熱があがるときって寒気がするって言うけれど、
いままで40℃超の熱は結構経験してるオレだけど、
そんなオレでさえ知らない寒気が存在した。

ここはドコ?北極?南極?

寒気のはじまった段階での体温は40℃。
そして体が震える。
とにかく震える。
こんなに小刻みに震えるなんて、
オレの左手がフィニッシュを決める時以上。
(オレは左手派です)

体に万歩計を付けたらどうなるだろう?
ちっちゃい頃親父の万歩計を振りすぎて
壊したクソガキはワタシです。

慌てる看護婦、出入りの激しい医者達。
それ便乗せよと色鮮やかさに磨きをかける薬疹。




まだ震えが止まらない・・・。



っていうか痙攣?
なんだかよくわからなくなってきた。
目の前がなんだか急に明るくなるし。
その向こうには人影が・・・?

それは身の回りの世話に来てるウチのオカン。

気になったのか覗き込んでいたらしい。
お互いビックリ。





そして激闘30分間、
かなり強烈な解熱剤(点滴)をもってねじ伏せた。


いやぁ、驚いたね。
今まで「マジ死ぬ」とか「死にそう」とか
軽々しく使ってた自分に反省。
正直今日はプチ臨死体験してきました。



熱って不思議だ。
38℃で苦しんでると37℃になったら楽だ。
39℃で苦しんでると38℃になっても楽だ。
40℃で苦しんでると39℃になっても楽だ。


今日は39.6℃で快調なヒトトキを過ごす自分がいた。
慣れって恐ろしい。



高熱の原因が不明な中、
どうも錠剤の解熱剤は3時間くらいしか効果無く、
かといって解熱剤(点滴)は、
1回使ったら1度寝ないとMPが足りないらしく、
今宵はメタルキング探しの旅。
まだまだレベルアップの余地があるのでした。




さあ、明日はどんな一日かな?
つーかマジ熱下がってくれ・・・。



ちなみに熱が下がらないのは、
抵抗力・免疫力が皆無であるわけで、
今日から白血球を打ち込む注射がはじまった。

良性細胞の立ち上がりが早まるわけです。
悪性細胞はもう暫く眠ってて下さいと祈るわけです。




ではではみなさん、ごきげんよう。
解熱剤×解熱剤で一時的にゴキゲンのTKでした。

熱が下がらない・・・
昨日はみんな温かいコメントをありがとう。
ちょっと潤んだぞ。

さて、困ったことに熱が全然下がりません。

結局昨夜は40℃を突破、
今日も朝から39℃前後をうろちょろしてます。

ってことで、昨日に引き続きブログはサボります。

申し訳ないが、今週末はちょっと顔見せも難しいと思う。

また熱が下がって復活してから元気な姿を見せるんでヨロシク☆
天国と地獄
ちょっと今日は緊急事態発生したので手短に。


【天国の部】

マルクの結果・・・
骨髄から悪性細胞が一旦消滅しているコトを確認!!


おめでとうぉおおおお~♪ありがとぉおおおお~♪


とりあえず一歩前進です。
一方で良性細胞も全滅してるんで、
今後は様子を見ながら良性細胞の回復を待ちます。

一般的に良性細胞の方が圧倒的に回復が早いらしく、
これが一定の水準に達したら
また悪性&良性をまとめてぶっ潰しにかかる方針とのこと。

この繰り返しの後に、骨髄移植へと移行するらしい。


ってことで、
まだまだ先は長いけど先ずは一歩前進ってトコかな。
けど、これでまた悪性細胞が先に回復してきたら・・・
これはちょっとやっかいな問題。


いずれにせよ、
この見通しはあと2週間くらいで見えてくると思われる。


もうちょっと気長に待とう☆



ってことで第二回だが、
今日10月20日を復帰への記念日Part2に任命!!

こうやって一歩一歩復活への階段を
地道に上って行くことにします。

さあ、10月20日生まれの著名人と言えば・・・

杉田玄白(1733年)、皇后 美智子様(1934年)

今回もシブイ顔ぶれだなぁ・・・・。





【地獄の部】

また熱がでちゃいました・・・。
今日の最高値は38.5℃。正直キツイっす。
ってことで早々に寝させて戴きます。
19時に寝るのって何年ぶりだろう・・・。

小学生でもこれからお塾行って
親のエゴに付き合う時間なのに・・・。


ちなみに斑点は皮膚科の先生にも診てもらって
薬疹(抗生剤のアレルギー)と診断されました。
最悪の事態としてウィルス性の感染症が疑われいただけに、
まあちょっと一安心。

自分の中では、もしやエイズ・・・?
って勝手に疑ってたりもした。
まあそれは毎日のように血液検査をやってるから
あり得ないんだろうけど。

けど今後顔とかにも出てくる可能性あるらしい・・・。
ちょっと心が折れるかもしれません。


ではではごきげんよう。
なんじゃこりゃあああ
今日の様子に入る前にちょっとお詫びと御報告。

昨日の記事で「人生の選択」とか
大袈裟なコトを言ったオレ。

骨髄移植?臍帯血移植?
アナタの選択は・・・どっち!!??

って話に当然なると思ってたら、
どうやら医者とのミスコミュニケーション&オレの勘違い。
やっぱり骨髄移植を前提に治療を継続するみたい。
だから選択とか何も無い。
ちょっと先走って盛り上がりすぎたよ・・・恥ずかしい。
お騒がせしてすんません。



あと、明日マルク(骨髄採取)をすることになりました。
今回の検査は今後の治療方針を大きく左右することになる。
前回の検査実施時(約3週間前)と比べて、
第2回クールの治療を実施した結果
とりあえず抹消血(普通に腕から採血した血液)からは
悪性細胞が消滅した(消滅日は10月4日らしい)。

必然的に骨髄中の悪性細胞も減少している
ことが多いに期待される。

ドキドキだぁ。
検査は午前中、結果は夕方に出るはず。乞うご期待♪




【今日の様子】
朝一、主治医の回診中の出来事。
いつも通り聴診器を当てる為に上着を脱ごうとしたところ、
胸に全体にうっすらと赤い斑点が。

昨日までは何も無かったはずのに・・・ちょっと気味が悪い。
熱も平熱だし、とくに吐き気や頭痛も無い。
ただ単にちょろちょろ斑点が出た感じ。

ここでもやはり疑わしきは抗生剤。
1週間以上継続して使用してるにも関わらず、
この期に及んでアレルギー反応第二弾か!?

もう一つ、可能性としては血小板低下に伴い
毛細血管の一部が破損することによる斑点だが、
発生箇所、ならびにそのサイズ(ちょっと大きめ)から、
アレルギー反応が疑われた。



そして午前10時の看護婦検温時。



な・・・なんと!!



斑点の範囲がメッチャ拡大してるじゃないですか!!



朝一では胸だけだと思ってた被害箇所が、
肘~肩、肩~膝全体に広がっている。
自分で言うのもなんだが、物凄いキモイ。
見てるだけで気が滅入りそうだ。

しかも都合いいことに(いいのか?)、
パジャマを着て露出する部分には一切出てこない。

これが首・顔に出てきたら正直相当凹むと思う。
つーか人じゃなくなると思う。
生々しい写真をここで掲載しようと思ったが、
こりゃ公序良俗に反するかもしれないんで棄却。



実は今日はローテーション的に
シャワーを浴びる日だったのだ。
斑点出てるしムリかなぁ・・・って思いながらも
医者に確認してみると、意外やあっさりOK。
ってコトでルンルンでシャワールームに突入。
至福のヒトトキを過ごす。



午後14時30分、悪臭退治完了!!



ってオイオイオイオイ。
斑点の色が鮮やかになってるよ。
すげー卑猥なピンク色だよ。



この時点でかなりビビってます。
オレどうなっちゃうんだろう・・・?



そして現在に至る。



医者の結論としては、
とりあえず抗生剤を変えて様子を見る方針。

明日にはちょっと斑点が消えるといいんだけど・・・
ちょっぴり不安な夜を過ごします。
人生の選択
今日も比較的元気な一日。
相変わらず白血球・好中球ともにほとんどゼロの
状態が続いており、依然免疫力・抵抗力は皆無なるも、
抗生剤も順調に効いているみたいで一安心。



昨日、医者から衝撃的な一言があった。
この病気の根治には最終的には
「骨髄移植」が必要という前提から、
骨髄バンクでの検索とかもかけて
徐々に準備を開始していた状況。

ところが医局のカンファレンスで、
オレに対する治療方法として「臍帯血移植」も検討すべき
との意見が上がったらしい。



イマイチその違いがオレの中でも明確じゃなく
詳細は別途説明受けるんだけど、
「骨髄移植」が以前からの実績もある治療法であるのに対し、
「臍帯血移植」は近年注目されてきている新しい治療法。
患者に対する負荷が骨髄よりも軽いとされている一方、
やはり実績に乏しいのがちょっと気がかり。

ちなみに歌手の本田美奈子さんは今春に臍帯血移植を行い、
順調に回復している。



近日中に改めて医者から説明を受け、
そこで今後の治療方針を決定することとなるが・・・
一つの人生の選択になることは間違いないだろう。

ドキドキ。

けど、今のところどうやら主治医は
骨髄移植を前提に考えている模様。
まあ患者としては納得いく説明を受けた上で、
最終的には医者の判断に従うだけなんだろうけど。





【暇潰しグッズ紹介-②】

第二弾はご存知PSP、プレイステーションポータブル。
psp.jpg


最初画面のあまりの美しさに感動した。
最後に触ったポータブルゲーム機はゲームボーイだけに・・・。

今ゲームは4本。
みんなのGOLF、ウィニングイレブン9、
信長の野望、電車でGO!!。

電車でGOは友達から見舞いでもらって
今回始めてやってみたんだけど、
これが意外と最初は楽しかった。
慣れるまでは難しいんだけど、
慣れたら車窓の景色とかも楽しめる。
山手線バージョンなんだけど、
渋谷・新宿・恵比寿とか駅の構造までよく再現されてるよ。
まあ飽きるのも早いっつーのが玉にキズだったけど。
別に外回りだろうが内回りだろうがゲームだし
そんなに変わらないなぁ・・・って感じ。

信長の野望は、
1回目はじめたらオレの織田家は15分で今川家に滅ぼされた。
嗚呼無念。
昔は強かったんだけどなぁ・・・栄枯盛衰。






最近知ったコト。



「病は気から」なんて月並みな言葉は有名だけど、
笑顔はやっぱり万人を救うと思う。
どんなに辛いことがあっても笑顔でいれる人間になりたい。
これも一つの「揺れない心」の形。

(医学的に証明されてはいないだろうけど)
笑うと血液中の白血球・好中球も増えるらしい。
ってことで、今のオレにピッタリなのは
ひたすら笑うことなんだろうか。



そしてまた単純な男のもがきがはじまった。
テレビ覧でのお笑い番組チェック。
自分で楽しいことをしながら笑うのは病室じゃ難しいから。
先ずはテレビ番組で一日中笑うことはできないか!?

考えてみる。

オススメのお笑い芸人、
TV番組とかあれば是非教えてちょうだい!!

但し、一応優良患者を目指してるんで、
夜12時までの番組で・・・宜しく☆
暇潰しグッズ紹介
ちょっとここんトコ野球に頼りすぎて、
ブログネタ考案が止まっちゃってた。
たまには新しいコーナーも誕生させよう。
ってことで、「暇潰しグッズ紹介」!!


【暇潰しグッズ紹介-①】

記念すべき第1回はやっぱりこのパソコンだろう。
pc-1.jpg


9月末に導入されて以来、
一日の半分以上はパソコンをいじってる。
(DVDを見てる時間も含めての話)

VAIOの一番新しいヤツ、
ちょっと高かったけど頑張って買っちゃいました。

すごい小さくてスリムなのにCD/DVDドライブと
無線LAN内臓のヤツ。


あと隠れた逸品としてAIR EDGEね。
256kbpsなんだけど満足してます。
ネット対戦ゲーム、エロ動画DL等、
全然これでこなせちゃいます。
pc-2.jpg




ちょっと話変わるけど・・・
驚いた話、結構みんな入院経験ってあるんだよね。
見舞いとか来てくれた時にはじめて聞いて
驚かされることが多い。
みんなオレの知らないところで苦労してるんだ。
オレも頑張らねば。




p.s. 今日はオヤジの誕生日だ。
Happy Birthday♪いつもありがとう。
命日
藤井将雄 様

拝啓 秋冷の候、如何お過ごしでしょうか。
早いもので、あれからもう5年の歳月が経過致しましたが、今年もホークスは無事レギュラーシーズンを首位で勝ち抜き、現在プレーオフ第2ステージでロッテと闘っております。昨日・一昨日と連敗してしまいましたが、今日の休みが良いリフレッシュになって明日以降3連勝で大逆転を信じてます。ベンチの中から応援戴くと共に、空の上からもホークスの選手達を見守り、そして力を与えて下さい。 敬具




昨日、10月13日は故・藤井将雄投手の命日だった。
今もなお大好きな選手の一人である。


1994年のドラフト第4位で日産自動車九州から
ダイエーホークスに入団(同期は城島選手、本間選手など)。
1999年には当時のパ・リーグ記録となる26ホールドで
タイトル獲得、チームの日本一にも大きく貢献した。

しかし同年の日本シリーズ後に胸の痛みを訴え、
その後入退院を繰り返しながら病と闘うも、
2000年10月13日、
多くの人々に惜しまれつつこの世を去った。

病名は進行肺ガン。
享年31歳、野球選手としてもこれからという時期、
あまりに早すぎる死であった。



2000年にダイエーホークスがパ・リーグ連覇を決めた時、
王監督と共に“藤井ハリー”
(ホークスのマスコットキャラ「ハリー」のぬいぐるみに
藤井選手のユニフォームを着せたもの)が
宙を舞ったことは有名な話である。
そして藤井ハリーはそれ以降、
ホークスベンチの片隅でナインの勝利を見守り続けている
(今年からはユニフォームをソフトバンクに着替えて!!)。



球団関係者は彼の多大な功績を称え
背番号「15」を永久欠番に、
また福岡ドーム(現ヤフードーム)の15番ゲートを
彼の背番号にちなんで“藤井ゲート”と名付け、
記念プレートと彼が最後に残した言葉が掲げられている。



心に残るその言葉をここで紹介したい。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
皆様へ
 今の自分があるのは、過去から現在において出会った全ての人のおかげだと思います。その中の誰一人がかけても、今のこの幸せな自分は存在しませんでした。だから、すべての人に感謝しています。
 プロ野球選手はまわりの人々に夢と希望を与える職業だという人がいます。でも、ボクは逆です。たくさんの人から夢や希望、エネルギーをもらってきました。そのことがうれしかったんです。
 6年前の入団発表のとき、王監督を胴上げしたいと抱負を述べました。その願いも去年のリーグ優勝と日本一で無事に達成できました。そして、今年はチーム全員で頑張ってつかんだV2。すばらしい野球人生だったと胸を張れます。
 この病気には自分自身、すごく勉強させてもらいました。孤独や優しさ、思いやり、不安。人間の本当の感情に触れることができました。今までのボクは上っ面のとこしか見えてなかったんだなとも思いました。すべては、この病気が教えてくれたことです。
 この一年間、ゆっくりと休ませてもらいました。あらためて野球を頑張ろうという気持ちにさせてくれた中内正オーナー代行はじめ球団の方々、王監督、チームメートの皆、感謝の気持ちは忘れません。そして、生きる希望を与えてくださったファンの皆様、ありがとうございました。これからもダイエーホークスを応援してください。
藤井将雄
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




野球ファンでなくとも心に響く言葉であると思う。
4年前の前回も、そして今回も、
これを含め藤井選手の言葉達を胸に病と闘う。

あまりに同感すべき点、学ぶべき点が多いからだ。



体調を崩して立ち止まって色々考えてみる。
またゆっくりと周囲を見回してみる。
そうすると、普段の日常生活では見落としていた
大事なものがいくつか見えてくる。

その一つが、自分の周りにいる家族・友人のありがたみ。
藤井選手の言葉をパクる訳じゃないけど・・・
実際はかなりパクってるけど・・・

今の自分がこうして病床に伏しながらも
元気に笑顔で毎日を送れるのは、
最も身近にいて親身になってくれる家族と、
そして忙しいのに病院まで
見舞いに来てくれて励ましてくれたり、
ブログを通じたコメントをくれる友人達のお陰だと思う。

当然、その中の誰一人が欠けても、
今こうして笑顔でいられる自分は存在しなかった。
だから心から、全ての人々に感謝しているし、
これからもヨロシクの気持ちでいっぱいだ。




ちょっとクドくなるかもしれないけどもう一つ、
印象的で意味深い、
彼の性格を象徴するような言葉を紹介させて欲しい。

これは死後に出版された、
本人の母・姉が綴る藤井選手の生涯のドキュメント本
『ダイエー・藤井将雄物語-宙に舞った「藤井ハリー」』
からの抜粋。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
先日、知人に「なんで手、足、目、耳が二つずつあるかわかる?」と聞かれました。「何でと言われても・・・」と考えていると、その知人は「一つは自分の為に使い、もう一つは他人の為に使うように」と教えてくれました。
片手は自分の為に何かをつかみ、片手は倒れている人を優しく起こしてやる・・・。
片足は自分の為に力強く地を踏みしめ、片足は困っている人の所まで助けに行く為に・・・。
片目は自分自身を見つめ、片目は他人を見守ってあげる為・・・。
片耳は自分の為に人の意見を聞き、もうひとつの耳で人の意見を聞く為のもの・・・と。
ぼくはこの話の後、自分なりにこんな感じで理解しましたが、皆さんはどう思います・・・。
これからは、なるべく両手がふさがらないように、心に余裕を持って生きていきたいものです・・・。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




この言葉、みんなはどう感じるのかなぁ。
是非みんなのコメントを聞いてみたい。
こーゆうの好きな人、
恥ずかしがらずにコメント寄せてちょうだい。
少なくともパッと思いつくだけで10人近くいるなあ。



オレは・・・心に余裕を持って・・・
そう、「揺れない心」。

実は我が人生の両輪であるホークス・麻雀には
こんなトコで共通点があったんだよね。
ってちょっと強引か。

けど自分ひとりの力で生きてる人なんて
一人もいないんだよね。
それだけ周りへの感謝を忘れずに。

なんだかちょっぴり自分の就職活動の
自己PRとかも思い出した。
まあ1社しか内定出なかったんだけど。
就職も1つの出会いだよね。
会社との出会い、そして同期との出会い。
上司、先輩、後輩との出会い。




なんだか話がずれてきたようなんで・・・今日はここまで。
ずいぶん長くなったけど、
それだけ元気になってきた証拠です☆

今日は2週間ぶりにシャワーも浴びて、
悪臭とも別れを告げたぞ!!

週末の見舞い、ウェルカムだ。





もしこれを読んで藤井選手に興味を持ってくれた人がいたら、
是非本人の公式HPも見てちょうだい。
5年たった今も掲示板は盛り上がってます♪ 
http://www.ado.ne.jp/~fujii/



あと『藤井将雄物語』に興味を持った人がいれば、
宝物だけど貸します。残念ながら既に絶版。
img_897902_13972837_1.jpg

痩せたカナ?
一日毎に、緩やかながら元気になっている気がする。
けど気付いたら体重は52㎏まで減ってしまった
(今春は65㎏だったのにねぇ・・・)。

やっぱり
(1)食べない
(2)動かない
じゃあ体重は増えないね。

まあどうせ復帰したらすぐ太るからいいとしよう。
それより女性陣の皆様・・・
オレに抜かれないように気をつけてね~~~(笑)。



色々と週末見舞いの打診を頂戴してます。
皆本当にありがとう。
明朝の採血結果次第かなぁって思ってます。
昼過ぎに結果がわかるんで、その後連絡するね。
よろしく。
底抜け感
先ずは昨夜の様子から。
予想通りバンコマイシンに完膚無きままに打ちのめされ、
再び轟沈・・・。


コイツだよ↓↓↓コイツ。すげーヤツ。
20060807081722.jpg



症状は昨朝と一緒。
書き忘れたのが手足の痺れ。
そんでもって結局抗生剤を変えることに。

新たに出てきたのが「タゴシッド」。
そんなそそらない名前です。
これはだいぶ調子が良くて、
ちょっと体が火照った感はあるけどアレルギー反応は薄そう。



熱も久々に37℃台に留まり、
徐々に復活の兆しが見えてきた。

その一方で、今朝の血液検査結果で好中球が
30/μℓであることが判明
(正常値は1,800~4,000程度、
体内の有害物質を除去する性質を有す)。

つまり、これ以上細菌に感染したら極めて危険な
状態に陥る可能性大。

病原菌に対しノーガード戦法を強いられてる感じで
より一層の注意が必要。
けど、これを除けば今日は元気だった。
口内炎もようやく回復の兆し見せてるし。



ちょっと一安心です。
みなさん暫く心配したけどご安心ください。
底は抜けた感じがします。
アレルギー?
ついに、この3日間の発熱の原因となる細菌が
度重なる採血検査により判明した!!

(3日間で15本以上採血された・・・
ちょっとやりすぎだろ・・・)

ってことで抗生剤を、同細菌専用のものに変更。
今度は1日に1時間×2本×2セット(朝・晩)。



けどこの内の1本が曲者。その名も“バンコマイシン”。
今朝、全体の3/4程度を入れ終わった頃に事件は起こった。

何だか顔(首から上)が熱い。
けど体は寒い。そして全身はだるい。

今までに全く無かった経験で、急遽点滴を停止することに。
雰囲気としては酔っ払いみたいな感じかなぁ。
顔も真っ赤に腫れ上がっていたらしい。
結局その場は抗アレルギー剤を飲んで点滴を再開。

その後4時間くらいは全く身動きできず寝込んでしまった。
昼飯も食いそびれた。

あと約30分で夜の部の点滴、
バンコマイシンとの再戦がはじまる。
60分一本勝負。

主治医と看護婦がこの時間までスタンバイする万全の態勢。
どうなることやら・・・
今朝の症状だけでは医者はアレルギーなのか
ただの発熱なのか判断できず、
結局抗アレルギー剤無しでの点滴となるらしい。

どきどき。

いやぁ・・・今夜安眠できるといいんだけどなぁ。
ではでは。ちょっくら相手してきます。
長期戦?
今、困ってるコトが3つある。


一つ目は熱。

今朝起きたら37.3℃まで下がってたのに、
夕方にはまた38.4℃まで復活。
お蔭様で一日中頭はぼぉ~っとするわ、
無気力なるわで困ったもんだ。
さっさと別れるつもりだったのに、
意外と長い付き合いになるかも。
長期戦を覚悟。


二つ目は便秘。

まさかブログ見ながら食事中なんて人はいないよね?
もしいたら行儀作法の勉強からはじめよう!!
まあそんな人はいないという前提で、
かれこれ11日間我が大腸は根詰まりを起こしている。
ロクにメシも食ってなければ一日中ベッド上の生活、
体も動かさなけりゃ詰まるよ。
下剤を飲み続けて5日くらい経つんだけど一向に効果無し。
女性陣はこの苦しみわかってくれるだろうか。
「いる」のはわかってるんだよ。
「でっかくて」「硬い」「コロっとした」ヤツが。
その先端は「鋭利な刃物」みたいで、
ちょっとでも抗おうとすると切り裂いてくるんだ。
コイツは手強いぞ。これは十分長期戦。

ちょっと話は変わるけどトイレが好きだ。
自分の家でもそうなんだけど、
ゆっくり雑誌とか読みながら
無駄にトイレで長居することが多い。
今回の根詰まり期間中も既に雑誌を5冊読んでしまった。
ギネス載せてくれないかね?けど上には上がいそうだ。


三つ目は悪臭。

オレは臭いぞ。マジで。
病人だから仕方ないで済まされるレベルじゃ
ないような気がしてきた
(コレで見舞い客の足が遠のきそうだ・・・)。

体が臭い。
そりゃまあ点滴・発熱で10日以上風呂入ってないしな。
タオルで体拭いても限界はある。

口内炎で熱のこもった歯磨きができず口がやや臭い。

理由は不明だが足も臭い。
(体調復活したら風呂入るんでご安心を!!
それまでは面会謝絶で許してくれ)

周囲に与える被害はこの程度だけど、
人知れず孤独に苦しんでいる悪臭もある。

まず尿が臭い。これが尋常じゃない。
この世の液体とは思えぬ刺激臭を放つ。

屁も臭い。そりゃ10日分の根詰まりだから
さぞかし濃厚なんだろう。

オマケに○液までも臭い。
周囲にこびりついた悪臭なのか知らんけど、
絶頂に浸る間もなく現実に呼び戻される。

看護婦の夜這いに備えて何とか対策を
練らないと嫌われちゃうよ。
どっちかっつーと耐久戦だな。




なんか今日は下品ですんません。
熱のせいってことで勘弁。
いやいや、実態を記録しておかないと忘れちゃうし。

あんまりクレーム多かったら編集かけます。



んで、今日の様子はっていうと結局熱は下がらず、
口内から喉まで粘膜が炎症起こしちゃってる感じ。
ちょっとツライ日々が続いてる。
けど、本日昼から病院食を食べるようになった。
なかば無理矢理なんだけど、
医者から「食わなきゃ点滴」って脅されて。
やればできる男だったよ・・・。





~番外編・看護婦の実態~
ご存知の通り、オレの免疫力は相当落ちてる。
だから病室に入ってくる看護婦は皆マスクをしてるんだけど、
困ったことにこれがデカくて顔の半分くらい隠れちまう。

オレが見てカワイイ!!って思っても
本当にカワイイのかは実は不明だ。
ひょっとしたら鼻の下がすげー長い馬面かもしれん。
豚鼻かもしれん。鼻毛が剛毛かもしれん。

けどいいんだ。
会うときはいつもマスクなんだし、化粧みたいなモンでしょ。
闘病生活続けてると、何かと立ち直りも早くなるもんだね。
熱波到来
大変だ。
ついに本格的な感染症を起こした。
熱が下がらない。

午前中で39℃近くまで上がったら一向に下がらない。
夕方に一旦大量に汗をかいて、
これで下がってくるかなぁって期待してたら、
また寒気がして急上昇。
ちょっと困った。



この発熱のせいで、今日で終わるはずの点滴が・・・
別の抗生剤を2~3週間継続して投与し続けることに。

口の中も口内炎で埋め尽くされて、
依然としてメシが食えない。
今日は朝バナナ、昼ヨーグルト、夜は・・・米1口。
真剣にやばいぞ、これは。



こんなときに限って今夜の担当看護婦が○○さんだ。
友好度低いぞ~~~。
あんまり気が利かないし・・・困った。

このピンチを共に乗り越えたらもっと仲良くなれるかな。
ケモ・一段落
とりあえず抗癌剤投与が一段落した。
やっぱりちょっと気楽になるね。

あとは今日昼・明日昼と1ℓずつ
水を流して治療第2クール終了。

実は今日は更に頭を刈り込んだ。
バリカンで全体を均等1ミリに。寒いぞ秋!!
氷枕が今まで以上に直接頭皮に突き刺さる。

あとちょっと気になるけど体が熱っぽい。
ついに熱が上がってくるのかなぁ。
一度高熱が出ると中々下がらない体質だけに、
ちょっと気をつけることにします。
徐々に・・・
抵抗力が落ちてきた。
WBC1,300/μℓ。

これは薬が効いている証拠。
これからは感染症に気をつけなきゃならん。
いきなり高熱が出る危険性があるらしい。
子供じゃないけど、うがい・手洗い励行週間に突入だ。

相変わらずテンション低く頭痛・吐き気に悩まされる
1日だたけど、久々に病院食を口にすることができた☆

抗癌剤の点滴も明日午前中で終了。
点滴は日曜日まで続くけど、徐々に副作用緩和を期待!!
底→底→底
気づいたら入院開始からもうすぐ1ヶ月。
バタバタ続きであっという間だった。
正直これには驚き。


そして今日も体調は底をゆく・・・
けどあと二日で点滴生活も一時中断するはず!!
ってことで、もう一息頑張って週末を待つことにしよう。
今日は状況updateだけで・・・。



【今日の様子】
WBC 1,900/μℓ
Hgb 8.1g/dℓ
PLAT 17,000/μℓ

血液検査結果が示す通り状況もnegativeに平行線。
相変わらずの頭痛・吐き気に悩まされながら1日を過ごす。
さすがにちょっとツライ・・・。
今日は朝バナナ1本、昼ゼリー1個、夜カップ麺1個。
荒み具合も変わらない(笑)。

夕方には血小板を輸血したから、
恐らく明日はPLAT 50,000/μℓ前後と推測される。




実は今日は1つHAPPYな報告が。

この病気、最終的な根治(完治)を目指すには
骨髄移植が最も有効な治療法。
ご存知骨髄バンクのドナー登録者の中から
自分と一致する型の持ち主を探すんだけど、
本当の理想は家族内(特に兄弟)で
完全一致の型が見つかること。
これが移植時のリスク最も低いらしい。

兄弟で一致する確率は25%。
期待に胸躍らせて弟のHLA(白血球の型)検査を
実施するも・・・

残念ながらその願いは叶わなかった・・・
見事なまでに不一致。
まあ顔も似てないし性格も結構違うし・・・
こんなコト関係ないかもしれんが。





しか~し。





今日、骨髄バンク内登録者でサーチをかけた
医者からコッソリ報告が。
どうやらオレと同じ型のドナーが
180人程度発見されたとのこと。

もちろん、更に細かいDNA鑑定などをしないと
移植可能かどうかの最終判断はできないらしいが、
一般的にはこの段階で2~3人のドナーが
見つかれば万歳!!って感じらしい。

それが180人だってさ。
日本人の典型的な型とは言われていたが・・・。
世の中いいコトあるもんだ。
ここまで多いと逆に何だか不安になるけど・・・。



今日が骨髄移植→完全復活に向けた記念すべき第一歩と
なることを願いつつ・・・そんな2005年10月6日。

今の段階でそんなに喜んでも仕方ないのは百も承知だが、
今日くらいはちょっとはしゃいでもいいかな。
病室で一人祝杯をあげる少年なのでした。。。
(もちろんノン・アルコール)



参考情報/10月6日生まれの有名人
西川ヘレン(1946年)、マッスル北村(1960年)、
伊調千春(1981年)



以上、ちょっと最近ネタ切れで困ってます。
脱出困難
引き続き撃沈。
午前中は親父がいたにも関わらず、
ホトンド寝てしまった。


昨日よりややマシだった分午後から活動開始するも、
今日も朝:菓子パン、昼:オレンジ3切れ、
夜カップヌードルという荒んだ食生活。
つーかこんなモノしか喉を通らない自分が悲しい・・・。


更に便秘気味を指摘され、夕方より下剤を飲む羽目に。
下剤といっても強度は最低ランクに
位置づけられる酸化マグネシウム。
実は第一回クール時もこの下剤を飲んだのだが、
1袋飲んだだけでベッド⇔トイレ間を
幾度と無く往復することに。
ウチの胃腸はデリケートなもんで・・・。
今回は量を調節してるんだけど・・・やや明日が不安だ。
依然として吐き気・頭痛は続く・・・。


何故か夜だけは元気なんだよね・・・
今までの暮らしが全てを物語るって感じだな。


今夜はちょっと早めにおやすみzzz。
轟沈・・・
さあ。今日も楽しいブログ更新タイム。
今日は簡単に日々の入院生活の紹介から。


【日課】
点滴交換のタイミングにもよるけど、
だいたい毎日同じリズムで流れてく。

6時00分 
起床すべき時間。

7時30分
看護婦登場。採血・検温・血圧・体重測定。
半強制的に起こされるも二度寝突入。

8時00分 
朝食登場。病室まで運ばれるが、この段階では起きず。

9時00分 
たまに起床(寝起きがいい日)→朝食。
朝はパンとサラダが多い。

10時00分 
起床する時間(普通の日)→同上

10時30分 
二度目の検温・血圧測定。
これが一日に4回もあるんだ・・・。

11時00分 
主治医の回診。
「どうですか?」「とくに変わりないです」
基本的には毎日これの繰り返し。

12時30分 
昼食登場。
夕食とメニューの差が無く、正直昼から重過ぎる。
そもそもマズイ。

14時00分
三度目の検温・血圧測定。

16時00分
二度目の体重測定。

18時30分
夕食登場。やっぱりマズイ。

20時00分
四度目の検温・血圧測定。

21時00分
消灯すべき時間(個室なんで関係無し)。

22時00分
ブログ更新開始。

23時30分
ブログ更新終了、睡眠薬入手。

24時00分
消灯する時間。就寝。



こうやって書いてみると結構忙しそうだな、オレ。
基本的にこれら日課の合間に、
見舞いで皆からもらった本・ゲーム・
DVD等を満喫する生活。

最近暇潰しグッズが充実しすぎて、
5日間もテレビを付けてない。
ちょっと時代から取り残され感あり。



【今日の様子】
実は・・・今日は終日轟沈。
朝食・昼食も食べずに16時過ぎまで寝込んでた。
原因は頭痛・吐き気。副作用と貧血から来るもので、
今日は体重が1キロ落ちた。

夕方にHgbの輸血が完了して頭痛は解消、
18時過ぎには頼れる同期TG&KCが登場し、
だいぶ気が紛れた結果無事復活に成功。
なんだかみんな仕事忙しそうだよ・・・。

今日で第二回治療の4日目を迎えるけど、
今回はなかなか順調に血液検査結果が推移。

WBC 2,000μ/ℓ
Hgb 7.1g/dℓ
PLAT 20,000μ/ℓ。

薬で基本的に上3項目はいずれも下がるんだけど、
一つの目安としてWBC(白血球)を限りなくゼロに
近いとこまで叩き潰すのが目標(正常は4,100~6,100)。

これが第一回治療では果たされなかった。
ちなみにHgb(ヘモグロビン)が下がると
血中酸素不足から貧血発症
(7.0以下になると輸血実施/正常は13.7~17.4)、
またPLAT(血小板)が下がると血管が切れやすく、
止血が困難になる(10,000以下になると輸血実施/
正常は131,000~365,000)。
ぱんつの色ねぇ・・・
最近ブログを更新する時間が遅くなってきた。
今日も既に22時半。
ちょっと優等患者じゃなくなりつつある今日この頃。
朝も7時検温起床→2度寝→8時朝食登場→
3度寝→10時の生活。
マジメに働いてる皆に申し訳なくなるような生活をしてる。
ちょっとまずいね、こりゃ。

別に反省して改めるつもりも無いが・・・。
けどなんでこんな寝れるんだろう。
一日中病室ベッドの上でも10時間は寝れてる。
体力の低下?
起きてる内にも体内ででかなりの激戦が繰り広げられてるのか?



実は昨日、ブログのネタ不足を解消すべく、
ある友人に相談してみた。回答以下抜粋。

Quote/
今日の看護婦てブログを作ったら、
えらいアクセスあると思うわ。
ぱんつの色チェックとかもちゃんとするように。
つか、病院追い出されるか。
Unquote/

この友人、素敵な女性です。
採用を検討してみたんだけど、
最近ブログを作ってることが
病棟の看護婦にバレちゃって残念ながら廃案。
カワイイ看護婦にURL教えてって言われたら
教えてしまいそうだから(if any...)。



さて、今日のTopic。
朝っぱらから採血7本。
やや貧血気味の目覚めの他は、
一日通して特に大きな変化は無し。

ただ主治医曰く、
「今日・明日が副作用が一番ツライだろう」と。

言われてみれば、吐き気って程じゃ無いけど
気持ち悪い一日ではあった。
病院食は手につかず、昼はペヤングカップ焼きそば、
夜は日清カップヌードル。

体に悪そうって思うんだけど、
こんなものでも食べれば看護婦は喜ぶ。
何でもいいからメシが食えてるうちは安心らしい。
不思議なもんだ。
満員御礼
この週末はと言うと
おかげさまで病室がお客さんで一日中賑わった。
本とかDVD色々もらっちゃってありがとう☆
改めてここで感謝。
ちゃんとここで感想文をupするんで乞うご期待。
長い目で待っててちょーだうい。


さて、さっきから実は1時間くらいかけて今日の記事を
作ってたのに、何が起きたのか画面が突然消えた。
せっかく色々とクサイ言葉を連発してたのに・・・。
ってことで、今夜はサボらせて下さい。



朝の採血の結果予想通りヘモグロビンが6.6まで低下
してたので輸血実施。
これのおかげで、貧血に伴う頭痛は何とか免れた。


その一方で治療2日目にして早くも粘膜障害(口内炎)発症。
朝・昼・夕ともあまり食事できず、
今日はなんとなく痩せた気がする。


日中は社内や大学時代の友人が大勢病室に遊びに
来てくれたからだいぶ気が紛れたんだけど・・・。
夜になるとやっぱり色んな副作用が響いてくる。
今週は結構ハードな1週間になりそうだ。頑張らなきゃね。
らいつー
今日は会社同期の結婚式が2件あった。
SK、LS、二人ともおめでとう。
式・2次会に駆けつけられず残念だけど、
こんなトコからでも祝福を届けます。

末永くお幸せに!!




結局色々考えた結果、豊洲の部屋で一晩を過ごした。
面白くなくてスマン。ネタも無けりゃオチも無い。
けど久々に羽を伸ばせた素敵な一晩だった♪

そう言えば、暫く見ないうちに部屋のサボテンが全滅してた。
もはや緑の部分は無く、全体が灰色に朽ちていた。
トゲは黒光りしており、まさに地獄絵図。
枯れると縮むもんなんだね・・・
120センチ以上あったのが70センチくらいまで萎んでいた。
悲しいねぇ。


今日は予定通り治療第2クールが開始、
10時半過ぎに点滴スタートした瞬間テンションが↓↓↓。
特別何がツライってよりも、
鎖に繋がれた自分の精神的な弱みなんだろうけど・・・。


ここから救出してくれたのが見舞いの友人達。
今日は久々の賑わいで、4グループ計11人。
ありがたい話だねぇ。中には4年ぶりくらいに会う友人も。
不思議だけど、病気がキッカケとなって連絡が戻る
友達ってのもいるもんだな。
今日はホント皆に助けられた一日だった。
改めてここで感謝。


情けない話だけど、
周りの友達一人一人に少しずつ力を分けてもらって、
辛抱強く病魔と向き合うことにさせてもらいます。


1ヶ月にして既に独力での闘いに限界を
感じつつある今日この頃・・・。


こーゆう時に嫁・彼女がいれば・・・と
日頃の生活を悔やんだりもする。
まあドコにいても、何をしてても、どういう状況でも
笑顔絶やさず毎日を楽しく生きていこう。
copyright © 2005-2006 揺れない心 ~Serene Hearts~ all rights reserved.
Powered by FC2 blog.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。