揺れない心 ~Serene Hearts~
『揺れない心』を持つ人間になりたい。 2005年に急性骨髄性白血病を発病、骨髄移植の後に社会復帰を目指すも、敢え無く2007年初に再発、再移植。GVHDと格闘の日々を綴ります。
★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜Thanks 200,000 HIT (16th Aug. 2007)★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
☆。:*:。:・'゜Thanks for the NEW RECORD 1,763 HIT/day (11th Mar. 2008)★。:*:。:・'゜
この度は『揺れない心 ~Serene Hearts~』へお越し頂き、誠に有難う御座います。
当Blogは白血病・骨髄移植・骨髄バンクに関する正しい知識を皆で共有する為に開設したものです。
初めての方はまずこちらをお読み下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。
2006年8月7日/管理人

【訪問者の方々へ】
管理人と直接絡むには こちらまで直接メールを!気軽なダメ出しを待ってます。
2007年3月5日/管理人

久々の新規コンテンツです。掲示板を作ってみました。 ゲストブックでの教訓を背景に、今回こそは皆で気軽に相談できる場が作れることを期待しています。誰かがアナタの知識を必要としてるはず。遠慮無く胸の内をブチまけていって下さい。入り口は左メニューバー下部、またはこちらから。
ゆれここ掲示板へ

2008年3月6日/管理人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冥界からの使者
昨日は夕方まで熱が出なかった!!!
これは中々の快挙です。夕方までは結構好調でした。

しかし・・・これはあくまで「夕方まで」の話。

事件は夕方に予期せず起こった。それはCT検査の時。



昨日は発熱原因の究明の過程で、
腹部CT(肝臓・膵臓・胆嚢他)の検査だった。

いつも通り一般撮影の後、造影剤を投入しての撮影を実施。
この「造影剤」に思わぬ落とし穴が待っていた。



今まで幾度と無く投入してきた造影剤。
そして何の異常も無かった造影剤。

この造影剤ってのはCT撮影時に
使用される非常に一般的な薬。
写真に血管を白く映らせる効果があり、
画像上で血管と臓器を見分けるのに役立つ。

副作用としては体が熱くなったり少々の動悸・吐き気等を
伴うこともあるのだが・・・。






撮影終了後、いつも以上に全身が熱い。




そして襲い来る痒み。全身がむず痒くて仕方ない。
ちょっとした吐き気もあったので、
技師に暫し横になることを提案される。



横になる。すると突如として全身が震え出す。
痙攣ってヤツだ。

余りに突然のデキゴトで何が何だかわからんけど、
ここで一旦意識とサヨウナラ。

あとで聞いたのだが「意識不明の重態」
ってヤツに陥っていたらしい。

そしてこのあとは断片的に意識が欠けている。




覚えていたのは・・・

① 周囲を15人くらいの病院関係者に囲まれていたコト。
② その15人達がそれぞれ怒鳴り合っていたコト。
③ たまに「わかりますか!?」って声をかけられたコト。
④ それに親指を立てて応えるオレがいたコト。

くらいか。
逆に意識が吹っ飛んでいた間の重要なデキゴトは・・・

① 突然CT撮影室で意識を飛ばされ慌てふためく技師団。
② 血圧が急降下。上が60台前半まで下がる。
(→これはかなりヤバイらしい)
③ 血圧を人為的に上げるために点滴で大量の水分を注入。
④ 血中酸素も急減して83%へ。大型酸素ボンベ導入。
(→これもかなりヤバイらしい)

ってトコか。



CT撮影に向かう時は元気に歩いていった自分が、
まさかこんな姿でベッドで担がれるように
戻ってくるとは思ってもいなかった。


徐々に戻ってくる意識。
周囲を見回すとそこは見慣れた病室とは雰囲気が違っていた。


大きなモニターがある。
そこには心電図、脈拍、呼吸数、血中酸素等の
データがグラフ・数値化されている。

テレビで良く見るコレね。
ピッピッピッって音がするヤツ。
monitor.jpg


口には大型の酸素マスク装着。
体には心電図測定器、そして点滴カテーテル。
生々しいけどこんな感じ。
ozonemask.jpg





不思議なコトに意識不明となった後、3時間後には復活。
見た目には仰々しいアイテムを数多く装着してるものの
軽快な動きが可能。

しかし活動範囲はベッドの上だけに限定されしまった・・・。

取り敢えずはは大人しく素直で従順な「超」優良患者として
全ての指示に従います。
口応えは当然のコト、希望さえも具申するのは避けます。


ただ、終盤でまた「カテーテルを外抜く」みたいな発言を
チラつかされたんで・・・
「そればっかりはご勘弁を・・・」のアイビームだけ
飛ばしてみました。



依然として下がらぬ熱の原因究明はまだ続くらしい。
実は昨日もドサクサに紛れて意識が戻ったあたりに
38.8℃まで上がってた。


ホントに図々しいヤツだ。
誰に似たんだか。





結局、意識喪失は造影剤に対する
アレルギー反応として結論付けられた。

アレルギー反応って恐いね。
こんなんでもあの世からはお呼びがかかるもんだ。

前回は急な発熱に伴う寒気・震えで
危機感丸出しだった訳だが、
遂にいよいよ意識を掻っ攫うまでに成長してしまった。




徐々にエスカレートする冥界からの使者。
ホントもう勘弁して欲しい。

昨日は意識が無かっただけに記憶薄く恐さは半減だったけど、
よくよく考えてみると結構ヤバかったんだろう。

いや、かなりヤバかったんだろう。






まあ取り敢えずは無事復活できそうなんで一安心だね。
ってことで、波乱万丈な一日の報告でした。
スポンサーサイト
copyright © 2005-2006 揺れない心 ~Serene Hearts~ all rights reserved.
Powered by FC2 blog.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。