揺れない心 ~Serene Hearts~
『揺れない心』を持つ人間になりたい。 2005年に急性骨髄性白血病を発病、骨髄移植の後に社会復帰を目指すも、敢え無く2007年初に再発、再移植。GVHDと格闘の日々を綴ります。
★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜Thanks 200,000 HIT (16th Aug. 2007)★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
☆。:*:。:・'゜Thanks for the NEW RECORD 1,763 HIT/day (11th Mar. 2008)★。:*:。:・'゜
この度は『揺れない心 ~Serene Hearts~』へお越し頂き、誠に有難う御座います。
当Blogは白血病・骨髄移植・骨髄バンクに関する正しい知識を皆で共有する為に開設したものです。
初めての方はまずこちらをお読み下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。
2006年8月7日/管理人

【訪問者の方々へ】
管理人と直接絡むには こちらまで直接メールを!気軽なダメ出しを待ってます。
2007年3月5日/管理人

久々の新規コンテンツです。掲示板を作ってみました。 ゲストブックでの教訓を背景に、今回こそは皆で気軽に相談できる場が作れることを期待しています。誰かがアナタの知識を必要としてるはず。遠慮無く胸の内をブチまけていって下さい。入り口は左メニューバー下部、またはこちらから。
ゆれここ掲示板へ

2008年3月6日/管理人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年を振り返る
大晦日。今日で2005年もおしまい。

1年を振り返ってみようと思うけどその前に・・・
予想はしていたけど4人部屋が貸切状態になった。
オレ以外は皆退院or外泊で病院から脱出。
1人で使い切るには広すぎる空間だ。
つーか孤独極まりない。

正直人生でここまで孤独感に浸った記憶は無い。
誰もいないのに無駄に設置された無菌テントが妙に切ない。
とりあえず大音量でCDをかけて気分を紛らわすのに必死。
テレビも音出るかなぁって試そうと思ったら・・・∑(゜д゜;)
テレビのリモコンがそもそも見当たらない。
どっかいっちまった。
嗚呼・・・何も見れないのか?なんつーこった。




失意のどん底の中での2005年回顧。
って言っても正直発病を除いて
あんまり大きなイベントが無かった。




仕事。

出張漬けを覚悟して迎えた2005年。
1月日本、2月イラン、3月日本、4月イラン、
序盤は日本とイランを行ったり来たりで
結構充実してたんだが・・・

4月の入札で惨敗してからイランに行くキッカケを失う。
5・6月と東京でぬくぬく過ごした後に
7月は西アフリカ遠征。

雄大なサハラ砂漠と黒人の色&腹黒さに驚愕。
しかしその1ヵ月後には当時面談した
石油大臣以下政府幹部はみんな軍事クーデターで失脚・・・
彼らは今元気なのだろうか。





遊び。

プライベートでは周りの遊び友達の結婚が加速する1年。
これでほとんどの男が結婚してしまったような気もする。
嬉しい反面寂しいもんだ。
しかも皆夫婦間で問題を頻発させてくれるから困る。
たいした問題でもないけど、
やっぱり既婚者を遊びに誘うのは気が引ける。

旅行は結局あんまり出来なかったなぁ。
唯一5月に愛知万博&大阪・神戸ツアーで2泊3日。
万博は期待してた程じゃあ無かったなぁ。
人多すぎるし、暑いし、どこのパビリオンもイマイチ。

あとはプライベートの想い出つったら・・・
3月に偕楽園に梅見に行ったくらいか。
これは4月が丸々出張って決まってて
桜が見れそうになかったから、
んじゃあ梅でも見とくかぁっていうノリで決行したもの。

これはこれで楽しかったのだが。


まあこんな感じで例年通りのらりくらりと生活してたら・・・
9月に突然発病した訳で、
振り返ってみると他愛もない1年間だった。

元旦に設定した目標「目指せ年間で貯金○百万!!」。
これを無事達成したコトくらいは自分を褒めてやろうかと思う。

けどこれも結局は9月以降病気で
出費が急激に抑えられた結果であって、
実は8月に1度目標額を2/3に下方修正してたり・・・orz。





来年はどんな1年になるんだろう。
今年みたいな波乱万丈はもういらないなぁ。
何も無くっていいから無事平穏な1年間を過ごしたいもんだ。

目指せ「平凡な毎日」!!
先ずは復活ってトコから目標設定だろうか。

まあ2006年の抱負は明日また改めて語るとして・・・


ホントに1年間みんなには世話になったと思う。
この場を借りてお礼をさせて下さい。
心配・迷惑を与え続ける存在でつい恐縮しちまうんだが・・・

いやいや、ホントよ。
ちょっと恐縮とかウソっぽいかもしれんけど。
毎日毎日色んな人への感謝感謝でいっぱいです。
まあこんなTKを来年も温かく見守ってやって下さい。





んじゃまた来年。
スポンサーサイト
今日のデキゴト
本日より再び無菌テントが導入されました。

地固め第1回はDay23からの導入だったけど今回はまだDay9。
ちょっと早めの出番に少々戸惑い気味。


今回はやや血球の落ちが早めらしい。
現在白血球1300、
ヘモグロビンは既に6.2まで落ち込んで、
今日は急遽輸血もブチ込みました。

自覚症状としては一切異常無いんだがなぁ。
年末年始は病室どころかテントの中で過ごすことになりました。


あゝ無情。
第2回地固め/抗癌剤完了
昨日で無事第2回地固めの抗癌剤投与が完了。

今朝で点滴も抗生剤を除き外れて、
これからは副作用との闘いに本格突入。

免疫力・抵抗力の低下も然ることながら・・・
早速今日は朝から頭痛&吐き気のオンパレードでした。

幸い熱は出てないんだけど、
頭痛を鎮痛剤で散らしつつ、
吐き気は寝ることによって紛らわし克服。

依然として軽い頭痛は残るものの、
だいぶ夕方からは回復傾向にあり。

まあ大人しくしてろよっていう神のお告げなのかもしれんね。
相部屋の苦悩
相部屋の仲間っていうのは当然のコトながら選べない。
そして何故だか今回はルームメイトの入れ替わりが早い。
この病棟に越してきてまだ2週間強なのに
既に7人の経験人数(?)。





突然だけどこんなルームメイトは嫌だ!!

① いつもカーテン閉めてて正体不明
② 話しかけても反応無し
③ そのくせナースとのトークは必死で頑張ってる
④ ナースの前でだけ体調不良
⑤ 面会時間を過ぎても病室で盛り上がってる
⑥ 消灯時間過ぎてからやたらと活動を開始する



今、この全てを兼ね備えたルームメイトがいる。
正直精神的にかなりイライラ焦燥感高まる毎日。

あと①・②・⑥を有する御老体が1名。
かなり強烈個性的な顔ぶれだ。


もう1人の人は仲良しで、非常に会話もはずむオッチャン。
オレが相部屋生活になんとか耐え忍んでいけてるのは、
全てがこのオッチャンのお陰と言っても過言ではない。



しか~し。



このオッチャンは明後日退院予定。
めでたい話なのだが・・・
この先年末年始がどうなるのか不安。
いつまで我慢しきれるか・・・爆発しないだろうか。
面会時間とか黙殺してるナースも問題だ。

ちなみに相部屋でのPC使用も本日黙殺を確認。
オレも使っちゃおっかなぁって思ったりした。



「人にされて不快なコトは絶対にしない」
これは生きていく上で、
共同生活を行う上で絶対に守りたいと思う。

だから色々と我慢して相部屋生活をしてるんだが・・・
どうも自分だけ真面目に守ってるのがバカらしくなってきた。



こーゆうことって良くあるよね。
ここで一線を越えちゃいけないんだよ・・・。
頑張れオレ。
文句を直接言えばいいじゃねーかって思うかもしれないけど、
やっぱり相手も病人だし、どこかで気の毒に思っちゃうんだよ。

困ったもんだ。
聖夜に愛を込めて・・・
クリスマスイヴ。皆さん如何お過ごしでしょうか?
今年はクリスマス気分を押し殺して
普通にしていようと思ってたら、
晩飯にイチゴのショートケーキが付いて出てきたよ。
ちょっと驚いた。



メリークリスマス。
どうも日本人はキリスト教徒じゃないくせにこだわるよね。
ホントこればっかりは前からの疑問。
そう言う自分も嫌いじゃあないんだけど・・・。



一年を通じ、世界中で最も多くの人々の心が一つになる日。
世界中がお祭り騒ぎになる日であって、
世界各地が笑顔で溢れる一夜。
今夜がアナタにとって特別な一夜になるように・・・
愛と感謝を込めて・・・Merry Christmas。




本当にいつもありがとう。
1人だと挫けそうな夜でも、
皆の励ましがまたひとつ新しい勇気を与えてくれる。
どんだけ副作用がツライ時だって、
皆の笑顔が「笑って乗り切るコト」の
大切さを思い出させてくれる。

病室にいながらも
自分が如何に幸せなのかをかみしめるヒトトキ。

そんな今年のクリスマス。これも素敵なクリスマス。







今夜はセンチメンタルバージョンでお送りしました。
ああ。こっ恥ずかしい。
今日は熱も出なかったし結構調子が良かった。
まだまだこれからも頑張って突っ走ります☆ミ


引き続きよろしくぅ!!
んじゃまた。
ダブルパンチ
昼過ぎから熱が出ました。

まだ地固め二日目で抵抗力・免疫力も申し分無く、
今までの発熱は副作用の吐き気が治まってからだったのに、
今回は吐き気+発熱のダブルパンチです。

なかなか強烈だ・・・とりあえず解熱剤を飲んで、
経口の抗生剤で様子を見ることになった。

けど明日も熱が下がらなかった場合は、
途中で治療を一時中断する可能性もあるらしい。

ちょっとさすがにそれは困ります。



今日はこの程度で自粛モード。ではでは。
第2回地固め療法突入
今日から地固め第2回が無事開始された訳だけど・・・
予想通り初日から横殴りの副作用→吐き気です。

正直病院食は見てるだけで気分が悪くなる。
まあ想定の範囲内とは言え・・・やっぱり厳しいね。

暫しの辛抱なんでのんびりと付き合っていくことにします。
天国→地獄 ~夢も現実も散々だぞ~
ようやく病室に帰ってきました。
しばし更新をさぼってすんません。
ご心配お掛けしました。



先週金・土・日と3連発の外出許可に続いて、
今度は月・火・水と2泊3日で外泊許可が出て、
外界の空気を満喫しておった次第です。

パソコンは持ち出していたんだけど、
触れることも無くあっという間に3日が経過してしまい、
無事今日の午前中にはいつもの病室に帰ってきました。

体調はというと、熱も無く依然好調子が続いてます♪



今回の外泊ではついに実家にも帰ることが出来、
両親と共にオフクロの味を囲うことができたことも収穫。
実は今までは散々外泊していながらも実家には帰らず、
全部自分の部屋にこもっていたんだよね・・・。
まあ年末年始も帰れないこと確定しちゃったし、
なんとか年内のうちに!!ってことで今回の帰省が実現。

ただ電車で帰ったせいか、
久々の地元でついつい雀荘に顔を出してしまったせいか、
夜はスーパー疲れて11時頃にはダウンして爆睡突入。

にも関わらず、今朝は非常に寝覚めの悪い朝だった。





夢を見たんです。


それも非常に恐ろしい夢を。
正直自分でも引いた。
なんでこんな夢を見るの?って不安にもなった。


内容は・・・
ちょっとホントにエグいんだけど・・・いいのかなぁ。


殺人の夢でした。
もう10年以上も会ってないし連絡も取ってない相手だけど、
自分が知人を惨殺する夢。
しかもスモールライトで相手を小さくしてから
嬲り殺しにしてた。

思い出しただけで吐き気がする・・・。
オレどうしちゃったんだろうね。
マジ危険な精神状態なんだろうか?

被害者はこのブログを読んでる人じゃないから
せめて安心下さい。


そんな不安定な気持ちで無事病院に戻ってきた訳だけど、
早速カテーテル挿入の処置を実施(今回で3回目!!)。
2回目の挿入時に相当苦労をしたことは
前にも述べた通りなんだけど・・・

前回あれだけ苦労して1時間で成し遂げた処置、
今回は前回をはるかに上回って総所要時間2時間半の
ちょっとした手術みたいになっちゃいました・・・。

相当挿れずらい血管みたいで(ちょっと言い訳っぽいが)、
最初は左鎖骨下から4~5回トライするも一向に入らず、
今度は場所を変えて左首横から再度挑戦。
2箇所からアプローチしてるだけに
時間も通常の倍以上かかった訳です。

すげー疲れた。



さて、カテーテルも入ったし、
いよいよ明日からは第2回目の地固め開始です。

第1回目の時は吐き気はあったものの
口内炎等の副作用の発症は軽微で、
比較的楽に治療を乗り越えることができたのだが・・・
回数を重ねれば重ねるほど苦痛が倍増するのが抗癌剤治療。

ってことで今回どれほどの苦しみが待っているのか、
正直今の段階では全然見えてこない。

少なくとも言えることは、
今年は最悪の状態でクリスマス・年末年始を
過ごすことになろうということ。

せめて食事くらいは出来る状態を維持したいんだけどなぁ。
贅沢言えば好きなものが自由に食べれる状態か。
まあ厳しいだろうね・・・凹み。
発熱は避けたいなぁ・・・。




けど治療も中盤から終盤へと差し掛かってきて大詰め。
最後にして最大の強敵骨髄移植が待ってはいるんだが・・・。

ラストスパートってな感じで
当面はあらゆる欲望規制で闘います。
変な誘惑はしないでちょ。アッサリ折れそうだから。



んではでは。
みなさんゴキゲンよう。
追悼・本田美奈子さん
フジテレビで本田美奈子さんの追悼番組が放送された。
今まで見てきた故人追悼番組とは異なり、
今回は同じ病気と闘う人間としての目線で見ることとなった。

別に偉そうなコトを言うつもりは一切ないけど、
共に闘う大切な仲間を失った気持ちがした。

同じように病院での入院性活を過ごし、
同じように抗癌剤の点滴を実施し、
同じようにマルク(骨髄採取検査)の苦痛に耐え忍び、
同じような気持ちで移植に挑んでいく。
同じような経験を通じ、
同じような気持ちを抱く。

他の白血病患者はこの番組を見て何を感じたんだろうか。
色々な部分で「あるある」とか頷く場面が多かったはずだ。
みんな一緒なんだな~とか思ってしまった。
仲間なんだな~って。
まあ勝手な独りよがりのコメントだけど。


本田美奈子さんが詞をつけるはずだった
あの曲はどうなったんだろう。
できればこの苦しみを、そして喜びを分かち合えるような、
同じ道を歩んできた、もしくは歩んでいる人に
詞を作って欲しいと思う。


いわゆる作詞家によって作られた創作品では無く、
同じ境遇に立つ人間としての目線で作られた
歌になって欲しいと思う。


生きることの喜びと、
自分の周りの人たちに対する感謝の気持ち。
こんな思いが表現されるような詞になるといいよね。


何ならオレが作る気満々ですがww。
誰にお願いすればいいんでしょ?
詞を作らせてください!!って。


このまま闇に葬るのはもったいないと思いつつ・・・
作曲者からすれば「本田さんに!!」と作った曲だから、
他の人の詞でリリースするのは抵抗あるんだろうね。



まあ所詮はシロートですから・・・相手にされないか。
半分本気だったりする(笑)。
んじゃおバカなコト言ってないで寝るとします。
おやすみzzz。
動きアリ
突如今日金・土・日3日連続で外出許可が出た。
熱が安定してきた結果の医師判断と思われるが、
やっぱり抗生剤の点滴は続けたいみたいで、
外泊には至らず。

相変わらず急な話だが。
ってことで、今は早速自分の部屋から記事打ってます。



けどこの忘年会シーズンは中々人が捕まらない。
そりゃそうだ。まあ仕方ないよね。
ってことで、ボチボチ予定を埋め込みはじめてみました。
どんな3日間になるか正直想像もつかないけど・・・。



まあ宜しく相手して下さいな。。。




一方で骨髄移植に関連した情報。
本日医師にバンクでのドナー選定状況を確認したところ、
「最速で2月に移植を実行できるかもしれない」
という返事あり。


!!!!!


『最速で』っていうのは結局移植の実施というのは
ドナーの骨髄採取可能時期に大きく左右されるわけであり、
今候補とされているドナーで順調に決定すれば
2月に移植が可能な状況ってことだと思う。

まあ油断は禁物だけど
こちらも緩やかながら動いているみたいで一安心。



徐々に社会復帰を視野にいれつつ、
治療は中盤戦を着々と順調に進行中って状態です。


引き続きよろしく☆
ナースとお近づきになる方法
病棟を引越して1週間が経過した。
色々とbefore/afterで変化が感じられ、複雑な想い。
ナースの顔ぶれは今回の病棟の方が平均年齢若めかも。
新人ナースが3人もいます。
見舞いの男性は乞うご期待!!


前の病棟では全員のナースと
気軽に色々話せるようになったけど、
当然新しい病棟では反応も鈍く、
先ずはナースの心を掴むこと肝要。

ってことでどうやってお近づきになるのかを
「真剣に」考えたい。

ホント1日中くだらないことばっかり考えてます、オレは。
やっぱり急に周りのナースが構ってくれないのは
スゲー寂しいんだよ。


ってことで久々に自分の中で会議をはじめてみた。
やっぱり最大のポイントは如何にして
コミュニケーションを図るか。
これに尽きると思う。


けど今回は個室ではなく相部屋だし、
病室にいる看護婦はオレが独占できずに
4人でシェアするしかない。

あんまり自分のトコで引き止めて話してると
横から睨まれそうだ。

なかなかハードルは高いぞ。
けど話をしていかないと距離も縮まらないし・・・

まずは会話のキッカケ作りとして
如何に「自分の時間」を作るか。
この方法について色々と考えてみた。


注意:
別に今までのオレはお近づきを目指して実践してた訳じゃないぞ。
今後は違うかもしれなけど。狙っていかないとって危機感はある。  
 




【ナースコール乱発】

これはHigh Risk & High Returnの典型。
ナースを呼びつければその瞬間トークチャンスだ!!
けど何も無いのにのにナースコール押してると
当然怒られるし・・・
押す理由付けがなかなか難しいぞ。

つーかオレはこんなことまだ挑戦してないんで、
どんな結果になっても一切責任は持てません。

① おおげさに振舞う
ちょっとした痛みでも大袈裟に痛がってみてはどうか。
「傷口が傷むんですけど・・・」とか、
「なんかおなかの調子が悪いんですけど・・・」とか、
重症患者リストに名を連ねることに成功すれば、
ナースは頻繁に様子を見にベッドまで来てくれるはず!?

② 点滴トラブルを誘発する
点滴ポンプがトラブルを起こせばアラームが鳴って、
すかさず看護婦は駆けつけてくれる(はず)。
抜いてしまうのはさすがに力技すぎるけど、
ちょっと点滴スタンドを振ってみたらどうだろう。
点滴ルートを摘んでみたら何が起こるだろうか。
ちなみに最近オレは誘発してないのに
10分置きにトラブル発生して、
その度にナースコール押さなきゃいけなくて困ってる・・・。
なんだかんだ頻繁にナースをベッドまで呼ぶのは面倒だぞ。

③ なんでもかんでも質問してみる
正直これはアリだと思う。
病気関連、病院関連がメインであれば
色々と積極的に質問すべきだし、
それに答えるためとあらば
ナースも喜んで相手してくれるはず。
色々と病気の質問をしつつ合間に
脇道それた質問を織り交ぜるべし!!

④ ピンポンダッシュ
押したら全速力で走り出そう。インパクトは最大か。




【とにかく病院内を歩き回る】

まずは顔を覚えてもらうことが一番。
歩き回って挨拶してりゃだいぶ話しやすい
雰囲気になるんじゃないかなぁ。
元々オレはベッドで大人しくしてるのは
あんまり好きじゃないから、
結果的にこの作戦は今回引越してから出番が多い。
個室の時はベッド環境があまりに良くて
病室内に閉じこもってたけど。
ナースの人数が多い昼間に歩き回って顔を覚えてもらって、
あまり忙しそうじゃない夜間(特に消灯後)に
ゆっくり話してみよう!





【服装でキッカケ作り!?】

きぐるみのパジャマでも買ってみるか・・・。





【モノで相手の心を惹く】

せこっ。自分でもそう思う。
情けない話かもしれんけど、
時にはモノに頼るのもいいだろう。
意外とベッド周りのモノに対しナースはチェック細かいのだ。

① 雑誌系
今のトコ雑誌で一番ナースが目を止めるのはCan Cam。
こんな本いつも読んでるの?からはじまって、
色々と話が広がる。
特に男が見る女性の服装の特集関連は
やはり関心高いようで、
「あれって本当に合ってるの?」系の問合せも殺到。
こんな話をしてると飲み会の話への展開も可能。
女性誌侮る勿れ。

あとマンガで若手ナースの心を掴むのはNANAだった。
みんな読んでるんだねぇ・・・
今後のストーリー展開とか盛り上がる。

けど人によってはドン引きされる可能性もあり要注意。


② 駄菓子系
ビックリマンチョコの箱買いはこんなところでも役立った。
若すぎると「何コレ?」で終わっちゃうけど。
うまい棒(今考えると凄いネーミングだな・・・)やら、
もろこし輪太郎、サッポロポテト等、
普段食べない駄菓子も注目大。
「懐かしい~~!!」からはじまる会話だね。


③ 英文
賢そうに見える。
読まなくても取り敢えず見える場所に置いてみよう。
(一応読もうと思って持ってきた資料が意外とウケた形)
最初からキッカケ作りだけを狙って置いてると、
バレたときのダメージが計り知れないので注意。


④ その他グッズ(特にキャラクター等)
考えもしなかったけど、見舞いでもらった
トイストーリーのフィギュア付ティッシュカバーが
大反響を呼んでいる。
来るナース皆「コレかわいい~」と言いながら
バズを弄り出す。
羨ましすぎるぞバズ!!
残念ながら主人公のはずのウッディは人気薄気味。

過去にも見舞いでもらったキャラクターの
フィギュア・ぬいぐるみで、
特にドラえもん・ミッキー・モモちゃん(ポスペ)・
キティちゃんとかは重要な
コミュニケーションツールとして活躍した過去がある。





う~む。ぱっと思いつくのはこんな感じかな。
胸躍るような奇抜なアイディアを提案してちょーだい。
やはりナースが相手をしてくれない入院生活は寂しい。
けど結局はノリと勢いで話す能力
そのものの問題のような気も・・・。

特に女性に対して人見知りの激しい筆者には
ちょっと苦手な分野です。





さー。
体調の方なんだけど、
熱はようやく低位平行線にて安定気味。

今日は午前中は36度台まで下がってきた。
1週間くらいだったね。
けど依然として免疫力・抵抗力は弱い。
ゼロではなくなったから底は脱してるんだけど、
まあこの週末くらいから本格的に復活を期待する感じかな。



ケツ。
実は最近また痛いです。
外科に相談したら傷口を金属棒で引っ掻き回されました。
また再び地獄を見ることに。
けど感染症とかに対しては否定的な見解。

そんなに気にすることも無く様子をみることに。



New Issueとして傷口がもう1つ増えました!!
先週カテーテルを抜いたトコが化膿して
膿がたっぷりたまってます。
ってことで昨日皮膚科のドクターに切開してもらった。
今回は麻酔無しの切開だったんでなかなかの激痛。
けどだいぶ肩全体の痛みも減ってきて軽くなってきた。
いい感じ。



まあこんな感じでそこそこ元気に?やってます。
ご安心を。
ボチボチ面会も大丈夫そうなんで、
ヒマな人は是非連絡ちょうだい。

ちなみに無菌テントはもう数日で外れてしまうので、
見たい人は急ぐように(謎)。



昨日年末年始は病院で治療継続との宣告受けましたorz。
窓際族
窓際族。
ご存知の通りオレは金曜日に病棟の引越しを
終えたばかりだったんだけど・・・、

『病院の都合』という最強の理由で
またもや引越しをさせられました。

今度は同じ病棟内で病室のお引越し。
オレがいた二人部屋はどうやら女性部屋にするらしい。

そんでもってオレは4人部屋に吹っ飛ばされたんだが、
ここで念願の窓際をゲット。

明るいし眺めはいいし、窓辺に荷物は置けるし。
スペース自体も何故か2人部屋より広くなった。




一方で・・・
自分以外の患者が1人→3人へ増えるっちゅーことは、
騒音も、悪臭も、知らない見舞い客も、病室内の細菌も、
ぜーんぶ3番増。

この事態を重く見た医療チームはすぐさま我がベッドに
無菌テントを設置することに決定・・・。
ついに皆がテレビで見たことのある・・・
あのビニールシートの空間に押し込まれるコトに!!

ビニールシート越しの話すのってどんな心境なんだろう。
そこにはまたとない経験をするチャンスで
逆にやや浮かれていた自分がいた。

頭の中には『瞳を閉じて』の前奏が流れ出す
不思議なハイテンション!!
まあ実際に入ってみたらこんなテンション
すぐ下がるんだろうなぁって思ってはいたけど。




そして夕方17時頃、
病室になんだかデカイ装置が運び込まれてきた。

↓↓↓無菌テント・・・コレです。↓↓↓
tent.jpg


なんかおかしくない?ちゅーかエライ中途半端??
全身テントで覆われると思ってたら
カバーされるのは上半身だけ。

完全に閉塞された空間だと思ってたら
かなりオープンスペース丸出し。

なんだかちょっと拍子抜け。



けど威力は結構すごいらしい。

とりあえずオレが1日使用して感じたのは、
音がウルサイ&内部の乾燥が酷い。
喉をやられちまいそうだ。

ちなみに頭側の白いボードの部分は
大型の空気清浄機みたいになってる。

個室時代に病院来てくれた人は見たかもしれんけど、
天井についてたアレです。



ちょっとコイツと1週間くらいはお付き合いすることに
なりそうな気配。
白血球・好中球が回復するまでは設置される見込み&覚悟。

今週末の外泊は・・・まだ微妙かな。ちょっと厳しいかも。
ちなみに今日は38.4℃まで熱出て解熱剤GO!!でした。
deja vu
今日は早めの更新。
夜は19時~トヨタカップ、
21時~点滴でPCタイム無いので。


と言って何か新しいネタがあるわけでも無し。
すんません。
今日は今のトコ解熱鎮痛剤(カロナール)を飲まずに
この時間までなんとか持ちこたえてます。

昼過ぎに38.1℃まで熱はあがったけど、
自然にそのあと下がってきそうだったし、
別にさほどしんどくもなかったので薬に頼らず勝負。
全体的に37℃台半ばで体温は落ち着いてます。



ひょっとしてこのまま発熱も収束傾向か!!って期待。
あれ?前にもこんな記事書かなかったっけ・・・?
そんで結局ぶりかえしてまた暫らく
熱に苦しめられたような・・・。
すぐ調子乗るタイプなもんでついつい・・・。

ってな訳で、今回は油断せずにキッチリと対処していきます。
外の冷気が恋しい今日この頃だけど・・・
とりあえずは我慢だね。



ちょっと気になると言えば抗生剤のアレルギー。
今回はタゴシッドとケイテンって2種類の薬を
それぞれ朝晩1回ずつ投与。

このタゴシッドってのが過去にアレルギーで痛い目に
合わされたバンコマイシンと同じ系列らしい。

使うのは初めてじゃないんだけど、
投与後は暫らく体全体が赤く腫れぼったくなる感じ。
別に痛くも痒くも無いから問題は無いんだけど・・・
なんだか気持ち悪い。




さて、今年も残すところあと20日間ですか。
そろそろ自分の年末年始のスケジュールが気になる頃・・・。
治療スケジュールの合間にはまれば外泊できるんだろうけど、
こればっかりは何とも言えないね。
個人的な印象としては、もう10日ほど熱が下がらなければ、
年末年始は実家で過ごせるような気がするんだけど・・・。
熱が続くのもしんどいだけに何とも言いがたいところだ。
正月の病院は人気無くかなり寂しいらしいです。
嫌だ~~。オバケとか出ないよね?そりゃ出ねーよな。
悪夢再び・・・
引越しは無事終わった。やっぱり相部屋は狭い。
二人部屋の廊下側になったんだけど、
ルームメイトは陽気なオジーチャンって感じでほっと一息。
けど今日は全然荷物の整理もできないまま、
くたばった一日を過ごしてしまった。



実は昨日の夜中から右肩の調子が悪かった。
引越しの準備で活躍しすぎた代償の筋肉痛なのか・・・
それとも化膿したカテーテルが炎症を起こしているのか・・・
イマイチ原因は掴めないまま湿布を貼って寝てしまった。


すると今朝起きたら大変。
右腕がホトンド動かない。マジ肩が痛い。手先まで痺れる。
結局、疑わしいコトを理由に
カテーテルを抜くことになってしまった。

昨日あれだけ揺れてたオレの心は一体何だったんだろう・・・。



昼過ぎには再び発熱の兆候が・・・。
カテーテルを抜いたその日に発熱し、
結局腕から抗生剤を打ち込むことになった。

今日の体温ピークは今のトコ38.5℃。
今朝の採血で白血球1200、好中球はゼロだったし、
ついに免疫力・抵抗力が「弱い」レベルから
「全く無い」レベルに落ち込んでしまったことになる。

まあこんなんじゃあ熱が出ても仕方ないか。



勝手知ったる病棟、看護師に囲まれてであれば
熱が出ても平気だが、
全く新しい病棟ではやっぱり不安なことも多い。

引越しして初日で熱が出るなんて・・・
日頃の行い悪いのかなぁ。
まったくついてないわ。



つーかしんどいっす。
38℃台くらいで熱が止まればいいんだが・・・
前回みたいな長期戦になることだけは絶対に避けないと。



今日からは21時消灯を守る生活です。
あと1時間で寝付けるのかね。
揺れる心-①
あと12時間後には引越しだ。
独り身最後の夜。結婚前夜ってのもこんな心境か?
んな訳ねーな・・・。


ブログタイトルで『揺れない心』と言いながら、
やっぱりアチコチで揺れてる我が心。
今後は揺れる自分の思いもちゃんと記録に残そうと思う。
ってことで連載化を余儀なくされるだろうから一応連番も付す。

退院までにあと何回揺れるかねぇ。
そーいや昔ZARDで『揺れる想い』って歌があったね。
結構好きだった。

思い出せばあの歌はポカリスエットのCMの歌だった。
これまた奇妙な縁だ。




さて、今回の揺れる心のテーマは『カテーテル』。
過去の記事を読んでくれてる人はわかると思うけど、
カテーテルを挿れる処置ってのは激痛を伴う。
今は一応無事入っているんだが・・・少々化膿気味。
発熱したらもちろん、いつ抜かれてもおかしくない状況にある。


コイツを今の段階で自らの意思で抜くか、抜かないか。
揺れてる。
抜けば当然再度次の治療までに挿れる必要があるのだが、
化膿が続いた場合は熱が出なくても次の治療前に
挿れ直す可能性あり。

結局抜くんであれば早いうちに抜いた方が楽になるのは自明。
しかも最近は傷口を気にしてかやや右肩をかばっているせいで、
右肩の調子がイマイチ悪い。関節痛気味。

少なくともカテーテルを抜けば関節痛は解消されるし、
次回外泊時には行動制限が一切無くなる。

風呂にも湯船にゆっかり浸かって入れるし、
ゴルフの打ちっぱなしにも行けるだろうし、
なんだか外泊の魅力がより一層倍増気配だ。



けどやっぱり痛いのは嫌だし・・・
挿れ直すことを考えるとどうしても尻込みしてしまう。
ひょっとしたら今挿れてるままで次の治療もやれるはず。
なんて考えちゃうと、やっぱり抜く道へは踏み切れない。



困ったゾウ。揺れる揺れる我が心。
けど結局は抜かないんだろうなぁ・・・そんで抜かれる。
お約束パターンにはまって後悔するんだろう。
人生っちゅーのはそーゆうもんだ。



さて、これからネット麻雀です。
最後の夜もこんな過ごし方。
少しでも負け分を圧縮しないと・・・頑張るぞ!!
退去宣告
ついに来てしまった。

今日夕方看護師長が部屋にやってきて、
快適な個室空間もあと2日との宣告を受けた。
金曜の午前中には別病棟の相部屋に引越しです。



問題というか悩みのタネは3つ。
オレの体調、荷物、そして生活だ。



【体調面】

最近ブログで体調の話についてはあまり触れてなかった。
というのも比較的良好で改めて書くことが無かったから。
けど骨髄抑制という魔の副作用は変わらず猛威を奮い続け、
本日の採血結果白血球が1300、好中球100、
ヘモグロビン7.5、昨日輸血した血小板は53000。
免疫力・抵抗力に関しては皆無に等しい状況。
医者も「いつ発熱を起こしてもおかしくない」と言い放ち、
高熱発症に対する準備は万全だ。

実はカテーテル挿入部分が先週末からやや化膿していて、
発熱したら原因の候補筆頭ゆえに即抜くと脅されてもいる。
実は元気ながらも結構ピンチな状況に立たされている。

こんな中で相部屋に移されたら・・・って考えると正直恐い。
他の患者はもちろん、その見舞い客も
我が抵抗力ゼロ状態に対しては一切関知せずノーケアで
挑んでくることが想定されるからだ。

場合によっては(多分そうなると思われるが)テント設営の
可能性もあり。
そうなるとテレビでよく見る無菌室みたいな感じで、
オレは相部屋にいながら透明のビニールみたいな
空間に押し込められる。

なんだか動物園のサル状態だな・・・すげー注目浴びそう。
食事制限あるから「エサは与えないでください」ってな
感じ?(苦笑)

まったく困ったもんだ。
精神的にも凹まないようにしないと・・・。




【荷物面】

病院に足を運んでくれた人はわかると思うけど、
個室ってのは収納がすげーいっぱいある。
んでもって我が病室はすげーモノが多い。
半分以上は持ち帰らないと入らないんじゃないかなぁ・・・
明日親が来たら引越準備のはじまりはじまり。
お遊びグッズのリストラ作業をしなきゃならん。

うーむ・・・気が重いぞ。

窓際をゲットすれば窓辺に色々と置けるんだけど、
廊下側だったらホント物の置き場所がなくなる。

収納力は現在比で80%減くらいかなぁ・・・やれやれだ。
今後の差し入れグッズは「かさばらないモノ」が
キーワードとなりますww。





【生活面】

これも色々と問題があるんだなぁ。
個室だとパソコン使い放題、電話し放題なんだけど、
相部屋だと両方とも制限される可能性大。
なんだかんだパソコンだってキーボード打つ音とか、
起動音、ファンの音とかで電源入れてるだけでウルサイし。

ブログの更新どうしよう・・・メールは携帯中心か。
負けっぱなしのネット麻雀も出来なくなるし、
部屋で優雅にDVD鑑賞も出来なくなるし、
昼間の時間の過ごし方が大幅に変わってくると思われる。

暫くは読書家TKに変身だな。

そして夜の性活も・・・今日明日は大忙しだ。
乱射してスッカラカンにしておかないとね。
弾の補充ペースがいつもより遅いのが不幸中の幸いか。






ともあれ残すところあと2晩。
とりあえず今から動画鑑賞に励みます。






あ、映画よ?北野武『血と骨』。
監督兼役者ってお得だな。鈴木京香は襲われすぎだ。
タケシおいしいぞ。




んじゃまた明日☆
優先席
今日はありえない光景を目にした。

オレの入院している病院は
特に平日は外来患者・見舞客で賑わう。
エレベーターの台数が不足してるように感じるほど、
混雑時は中々エレベーターに乗るだけで苦労するもんだ。
ひどい時は数分待たされることだってある。


それは今日の夕方5時過ぎくらいのデキゴト。
時間帯的に考えれば外来患者がやってくる時間では無く、
病院内は職員を除けば入院患者かその見舞客に限定される。
売店で買い物を済ませてエレベーター待ちをしていた時。
いつもの如く中々やってこないエレベーター。
気付いたらロビーは待ち人が増えてきてる。

ようやく1台のエレベーターが到着した。
待ってましたとばかりに群集は箱の中へ殺到する。
ちょっと1台では乗り切れない気配が濃厚。
人混みに紛れるのがオレは嫌なんで・・・
せっかく来た1台だけど見送ることにした。

そのエレベーターは普通に上にあがっていったのだが、
ふと周りを見渡すと乗れなかったのはオレを含め6人、
全員がパジャマ姿の入院患者。
内3人はマスクを着用してて、2人は点滴スタンド連れ。
どこから見渡しても入院していることが明らかな人達。
それを横目にエレベーターに乗り込んだ見舞客の群れ。


これ以上言う必要は無いだろうけど、
どうしてこーゆうコトが起こるんだろうか。
自分の身内の患者以外であればどーだっていいのか。
何だか凄い寂しい気持ちになった。
別に優先してオレを乗せてくれって言いたい訳じゃなくて、
オレは元気だし混雑したエレベーターが嫌いだからいいけど、
先に自分が並んでいようが入院患者を優先させるべきじゃ?
どういう神経してれば微妙なポジショニングをいいことに
先に並んでいる患者を差し置いて乗ることができるんだろう。




見舞いに来てくれるみんなへ。いつもありがとう。
病院内ではオレを除く入院患者に最大限の配慮をお願いします。
身内であるオレは他の患者に次ぐ扱いでいいので・・・。
患者の皆は相当ツライ治療を頑張って受けてるはず。
パッと見てわからなくても歩くのがやっとな人もいるんだよ。
そういった人達をいたわりつつ応援してあげて下さい。


逆にオレに対してはいつも通りでよろしく。
変に気を遣われても気持ち悪いんで(苦笑)。


予定外でこんな愚痴をこぼしてしまった・・・。
けどこんな当たり前のコトができない人間が世には大勢いる。
正直見ててカッコ悪いよ。
もっとカッコつけて生きていこーぜい。
えーかっこしーで何が悪い!!偽善者上等!!
ココはドコ?
今、改めて健康であることの大切さを考える。

某病院のエライ先生が言っていたが、
急性骨髄性白血病という病気は、
ある日突然誰もがかかる可能性のある病気らしい。

私生活の何が良い・悪いとか以前の世界で、
いきなり人を不幸のどん底(?)に貶める威力を持つ。

何を気をつければいいとか、そんなのはお構いなしらしい。
みんな気をつけろ~!!って言いたいがどうしようもない。
結局は日頃の行いの良し悪し、運不運の領域なんだろうか。


まあかかっちまったもんは仕方ないし、
いまさらそんなこたぁどーでもいいんだが・・・


最近この病気がすげーやっかいに思うのは、
基本的に病人としての自覚症状がほとんど何も無いコト。

別にどっかが痛くなる訳じゃーないし、
大人しく患者をしてればフツーに病院内では元気なのだ。
先月苦しめられた発熱だって副作用の一つだし、
じゃあ副作用ってのは何か?って考えると、
別に病気そのものの苦痛じゃ無くて、
治療の過程においてオマケ的についてくる
不可抗力的な苦しみにすぎない。


入院した当初は頭痛や動悸・息切れって症状があったが、
それもそこまで酷いモノでは無く、
事実そんな状態でも2週間以上平然と暮らしてきた訳で、
その間にはゴルフも麻雀もしていた。

一緒に遊んでいたヤツらもまさか!?って思っただろう。

そう、間違いなくその頃より今の方が元気なのだ。


なのに・・・今は完全に病院の管理下に置かれた我が体。
時折「何でオレはここにいるんだろう・・・?」
って考えることがある。

勝手に元気有り余ってる気分になりながらも、
病院の建物から外に出ることを禁じられた我が体。
自分の居場所に納得できてないってコトだと思う。


こんな形で半年もの療養生活を余儀なくされている訳だが、
もし元気に外で仕事・遊びに興じられていたら
どうなっていたコトか。

仕事の現場最前線でかけがえの無い経験をすると共に、
ガッツリ金を稼げていたかもしれない。
すんげーカワイイ彼女ができていたかもしれない。
友人の結婚式もこれで通算6件の披露宴を逃すこととなった。
一生に一度の晴れ舞台を見てやれないのは残念極まりない。


無論、入院して得たものも少なからずあるとは思う。
皆の見舞いによって改めて周囲の人達の
温かさに触れることができた。
自分は一人だけで生きている訳じゃ無いことの再認識。
あらゆる苦痛に対する忍耐力。
今後何があろうとやっていけそうな精神力もゲット気味。
世の人々を労わる気持ち。
本当の苦しみを経験してはじめて広がる自分の心、世界。
ここらへんが徐々に身体に沁み付いてるとオレは期待する。



もう間もなく治療生活も折り返し地点だろうか。
今日はふとこんなコトを考えてみた。
考えたってしょーがないのに・・・
とか何とか思ったりしながら。



ではでは皆さんごきげんよう。
ゼッコーチョー
皆さんゴキゲンいかがですか??
こっちは体調はすこぶる良好です~!!

けど抵抗力・免疫力はドンドンと低下してるかな。
まあこの副作用は今後あと2週間くらいは継続する見込み。

今回は熱が出ないままでやり過ごしたいトコだけど・・・
皆も風邪には気をつけて忙しい年末シーズンを
乗り切ってちょーだい。
copyright © 2005-2006 揺れない心 ~Serene Hearts~ all rights reserved.
Powered by FC2 blog.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。