揺れない心 ~Serene Hearts~
『揺れない心』を持つ人間になりたい。 2005年に急性骨髄性白血病を発病、骨髄移植の後に社会復帰を目指すも、敢え無く2007年初に再発、再移植。GVHDと格闘の日々を綴ります。
★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜Thanks 200,000 HIT (16th Aug. 2007)★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
☆。:*:。:・'゜Thanks for the NEW RECORD 1,763 HIT/day (11th Mar. 2008)★。:*:。:・'゜
この度は『揺れない心 ~Serene Hearts~』へお越し頂き、誠に有難う御座います。
当Blogは白血病・骨髄移植・骨髄バンクに関する正しい知識を皆で共有する為に開設したものです。
初めての方はまずこちらをお読み下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。
2006年8月7日/管理人

【訪問者の方々へ】
管理人と直接絡むには こちらまで直接メールを!気軽なダメ出しを待ってます。
2007年3月5日/管理人

久々の新規コンテンツです。掲示板を作ってみました。 ゲストブックでの教訓を背景に、今回こそは皆で気軽に相談できる場が作れることを期待しています。誰かがアナタの知識を必要としてるはず。遠慮無く胸の内をブチまけていって下さい。入り口は左メニューバー下部、またはこちらから。
ゆれここ掲示板へ

2008年3月6日/管理人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お見舞い/接し方編
周囲に患者がいる方々へ送るこのコーナー。
入院中の家族、友人の見舞いに行く時、どうすればいいんだろう?
こんな悩みを抱えた人って結構多いと思う。

そんな訳で、今後精神面、副作用面、お見舞いグッズ面等、
こうすればいいんじゃない?って個人的に思うことを、
実体験にも基づいて色々と紹介していきたいと思います。
まあ参考になる点が少しでもあれば・・・いいんだけどね。



先ずはやっぱり精神面、患者に対するスタンス・接し方だと思う。
突然友人が病魔に襲われた。そんな時、なんて声をかければいいのか。
これはいつだって声をかけられる側にいるオレが言うのもおかしな話なんだけど、
こう接してくれたらこっちとしても有難い、みたいな気持ちで。



結論から先に言っちゃうと、『いつも通り』『気構えるコト無く』が一番助かる。
逆に辛いのが、変に気を遣われたりすること。
「大丈夫か?」「頑張れよ」「みんな心配してるぞ」系かなぁ。



その心は・・・



そりゃ本人が一番辛いッス。間違い無く。
そりゃ本人が一番凹んでます。少なくとも発病初期の段階は。
患者ってひとしきり凹んだ後に先ず考えるコトは、
「皆に何て言おう・・・」なんだよね。

仕事をしてる人であれば職場の人達に。
学生であれば先生、そしてクラスの人達に。
当然のことながら友人に対しても、誰に対して正直に言おうか。
誰に対しては黙っていようかなあ・・・。などなど。

友達全員に正直に「自分が白血病にかかった」なんて言う患者はあんましいない。
だから、もし友人からそんな告白を受けたとしたら、あなたは選ばれし友人。
先ずはそれを誇りに思っていいと思う。
そうすると、ここで「何をしてあげられるのか?」って悩みが生まれる。
けど、何もしてあげなくっていいってのが、オレの中での正解。
特に何をして欲しいって訳じゃ無くって、フツーでいいんだよ。

ちなみにオレはかなり寂しがり屋なんで・・・
結構色んな人に正直に話してしまいました。
後で知られて「何で言ってくれなかったの?」とか言われたくないし、
逆の立場でもやっぱりそういうコトは話して欲しいと思うから。
やっぱり黙ってるといつかは話が矛盾を来たすと思うんだよね。
あと、噂で広がっていくのが凄い怖いっていう気持ちが強くって・・・
自分の知らないところで勝手に尾ひれがついて、
ドンドン話が大きくなっていくのだけは絶対に避けたかったってのもある。
それだけ、この病気に対する世間の認知度、イメージってのも悪いし。
皆に病室まで足を運んでもらって、元気な自分を見てもらえば安心するだろう。
こんな気持ちから、発病後1週間くらいたったあたりでひたすら電話しまくった。

他の患者の方々がどうしてるかは知らないけど、結構こーゆうヤツは珍しいかも。



ちょっと話がそれてきたんで元に戻そう。
突然、一日中病室の外に出れない軟禁生活を余儀なくされた場合・・・。
どうしても外の世界に対する執着心っていうか、憧れが強くなる。
と同時に、自分はこれからどうなってしまうんだろう・・・っていう不安感。
こうした気持ちを少しでも取り除いてあげれたらいいんじゃないかな。

「大丈夫?」とか「頑張れよ」とかって言う気持ちは凄いわかるんだけど、
結局そういった言葉は患者にとってみれば、
「やっぱり自分は病人なのか・・・」っていう気持ちを強がらせてしまう。
だから逆に、「最近どうよ?」みたいに接していいんじゃないかなぁ。
一緒に1時間くらい他愛も無い話をするような見舞いで十分励みになるって。



我が友人達は結構極端なキャラもいるんだけど・・・

例えば病室で一緒にプレステやって遊んだり。
UNOを持ってきてくれて、皆で談話室で夜まで遊んだり。
一緒に映画やテレビをを見て、一緒に笑ったり。
中には他の見舞い客から貰った漫画を読んで帰っていくヤツもいた。
あ、貰った漫画を借りて帰っていくヤツもいた。



これを聞いてなんだそりゃ?って思う人もいるかもしれないけど、
意外とこーゆう接し方って患者目線から見ると気楽で有難いもんだ。
気分転換っていうか、張り詰めた緊張感を緩めてくれる効果がある。

見舞いに来てくれた瞬間が一番の開放感を味わえる時。
そんな時間を共有できることによって勇気付けられるコトも多かった。



不安な患者の気持ちを察して、変に意識せずにあえてフツーに接する。
なんだかんだ言って、これが一番だと思うな。
当然異論反論は色々あると思うけど・・・。如何でしょうか?



以上

ミンナでワッショイ!!
↑☆彡 (-人-;)↑
FC2ブログランキング登録中↑
応援のクリックをお願いします↑

スポンサーサイト
copyright © 2005-2006 揺れない心 ~Serene Hearts~ all rights reserved.
Powered by FC2 blog.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。