揺れない心 ~Serene Hearts~
『揺れない心』を持つ人間になりたい。 2005年に急性骨髄性白血病を発病、骨髄移植の後に社会復帰を目指すも、敢え無く2007年初に再発、再移植。GVHDと格闘の日々を綴ります。
★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜Thanks 200,000 HIT (16th Aug. 2007)★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
☆。:*:。:・'゜Thanks for the NEW RECORD 1,763 HIT/day (11th Mar. 2008)★。:*:。:・'゜
この度は『揺れない心 ~Serene Hearts~』へお越し頂き、誠に有難う御座います。
当Blogは白血病・骨髄移植・骨髄バンクに関する正しい知識を皆で共有する為に開設したものです。
初めての方はまずこちらをお読み下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。
2006年8月7日/管理人

【訪問者の方々へ】
管理人と直接絡むには こちらまで直接メールを!気軽なダメ出しを待ってます。
2007年3月5日/管理人

久々の新規コンテンツです。掲示板を作ってみました。 ゲストブックでの教訓を背景に、今回こそは皆で気軽に相談できる場が作れることを期待しています。誰かがアナタの知識を必要としてるはず。遠慮無く胸の内をブチまけていって下さい。入り口は左メニューバー下部、またはこちらから。
ゆれここ掲示板へ

2008年3月6日/管理人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お見舞い/骨髄抑制編
本コーナー、第2回目は、やはり白血病と向き合う上で最も苦労するであろう
『骨髄抑制』を皆さんにもよく理解してもらいたいと思います。



用語集の『骨髄抑制』の項目を参照下さい。
抗癌剤の代表的な副作用の1つで、血液を造られる骨髄の機能が抑制されるため、
白血球、血小板、ヘモグロビン等が作られず、極端に減少する現象。
一番脅威とされている上に、目に見えない・自覚症状が少ない副作用です。



あんまり想像がつかないと思いますが・・・

白血球(特にその中の好中球)が減少した場合、
人はウィルスや細菌等の感染症に対する抵抗力が極端に低下します。
結果として健常な状態の人に比べて感染症を起こしやすくなり、
普段から体内にいるようなウィルスでも、白血球の低下が原因で
突如体が耐え切れずに発熱・嘔吐・下痢等を発症することが多くなります。

血小板は血液を凝固させる作用を有してます。
これが減少した場合は、失血時に止血まで長時間を要するだけでなく、
内出血等を突然起こす危険性が高まります。
赤状の斑点が体に出てきたり、時として脳内出血等の重症に至るケースもあります。

またヘモグロビン(赤血球の構成要素の1つ)が減少した場合は、
貧血を起こしやすくなる為、頭痛・眩暈・動悸・息切れといった症状がでます。



血小板、ヘモグロビンの低下は自覚症状としてすぐに現れ、
またそれぞれ成分輸血をすることによって補完が可能ではあるのですが、
白血球の低下だけは輸血では防ぎきれず、これが一番の大敵となります。



白血病=無菌室というイメージが世間では広がっていると思いますが、
何故無菌室に入らなければならないかというと、
その主因の1つが骨髄抑制に伴う抵抗力の低下(白血球・好中球の減少)にあるのです。



僅かなウィルス、細菌感染が致命傷となり得る危険性を有しているため、
当然ながら風邪気味の人は絶対に見舞いに行くのは見送ってください。

また見舞い品として一般的な「生花」ですが、
これも花粉が病室内に飛び散る危険性があること、
また土中は細菌・バクテリアの宝庫である為、
病院によっては規制が無いところもあると思いますが、避けた方が無難です。
ちなみにオレのような移植→退院したケースでも、
ガーデニング等、土と素手で触れ合うのは当面NGとされています。
お陰でゴルフに行けなくて困ってます・・・(林やバンカーからのショットが多いので)。



他にも抵抗力の低下から食事制限が厳しくなります。
患者さんの状況次第だとは思いますが、基本的に生食は厳禁とされます。
お陰様で管理人も大好物な寿司をかれこれ1年近く食べれてません。
お菓子、調味料等も、原則として小包装されているものが望ましいとされます。
一度開封した食料品は賞味期限内であっても24時間以内に食べなければならず、
『ペットボトル飲料等も、口を付けて飲んではダメでコップに移して飲む』
→口内の細菌がペットボトル内で繁殖する危険性があるから、
『飲料でさえ、開封後24時間を超過した場合は破棄する』
→同じく、外部から細菌が混入して繁殖する危険性があるから、
等、厳しく規制がかかることが多々あります。

その為、色々と考え悩むくらいなら食料品も見舞い品からは外したほうが無難でしょう。



その一方で、無菌病棟内の管理状況に関しては病院によって様々だと思います。
厳しい病院では入室前に完全滅菌→消毒→白衣orビニールの服を着用
っていうプロセスを踏まなければ入れない病院もありますし、
反面、入り口で手洗い、うがい、殺菌消毒をする程度で入室可能な病院もあります。
これは決して厳しいから良いとか、規制が少ないから危険という問題では無く、
病院・病棟の判断によるところが大きいのでは?と個人的には感じてます。

但し、いずれにせよ感染症が非常に恐ろしく、
『重篤な感染症は致命傷となり得る』と言われている程で、
くれぐれもお見舞いに行かれる際は自己の健康状態を、
患者さんの健康状態以上に気遣って頂ければと思う次第です。



ご理解の程を宜しくお願いします。



以上

ミンナでワッショイ!!
↑☆彡 (-人-;)↑
FC2ブログランキング登録中↑
応援のクリックをお願いします↑
スポンサーサイト
copyright © 2005-2006 揺れない心 ~Serene Hearts~ all rights reserved.
Powered by FC2 blog.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。