揺れない心 ~Serene Hearts~
『揺れない心』を持つ人間になりたい。 2005年に急性骨髄性白血病を発病、骨髄移植の後に社会復帰を目指すも、敢え無く2007年初に再発、再移植。GVHDと格闘の日々を綴ります。
★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜Thanks 200,000 HIT (16th Aug. 2007)★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
☆。:*:。:・'゜Thanks for the NEW RECORD 1,763 HIT/day (11th Mar. 2008)★。:*:。:・'゜
この度は『揺れない心 ~Serene Hearts~』へお越し頂き、誠に有難う御座います。
当Blogは白血病・骨髄移植・骨髄バンクに関する正しい知識を皆で共有する為に開設したものです。
初めての方はまずこちらをお読み下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。
2006年8月7日/管理人

【訪問者の方々へ】
管理人と直接絡むには こちらまで直接メールを!気軽なダメ出しを待ってます。
2007年3月5日/管理人

久々の新規コンテンツです。掲示板を作ってみました。 ゲストブックでの教訓を背景に、今回こそは皆で気軽に相談できる場が作れることを期待しています。誰かがアナタの知識を必要としてるはず。遠慮無く胸の内をブチまけていって下さい。入り口は左メニューバー下部、またはこちらから。
ゆれここ掲示板へ

2008年3月6日/管理人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お見舞い/グッズ編その①
またちょっとゴブサタしてしまいました。皆さんお元気ですか?
更新をあんまりサボると心配の問合せが・・・便りが無いのは元気な証拠です。きっと。
最近活動的で、日中はほとんど外で生活するように心掛けてて、
お陰様でだいぶ体力が戻ってきました。リハビリ兼ねた筋トレも快調で、慢性筋肉痛です。



久しぶりにお見舞い編を更新しようと思って、
今日は患者側の視点から喜ばれるであろう、お見舞いグッズを紹介。
とりあえずタイトルを『グッズ編①』として、
あたかも続々紹介される雰囲気をかもし出してみましたが・・・
今回で一気に紹介しつくしてネタ切れする危険性あるかもしれません。

ってことで、是非×②患者の方の「これをもらって嬉しかった」や、
お見舞いに行った人の「これが喜ばれた」みたいな意見を募集します。



とりあえず今日は個人的に思ったコトを連々と綴るとして。

さて、お見舞いグッズ、これは大別すると以下3つに分類されると思う。

1)入院生活で使える日用品、他
2)入院中の暇潰し品
3)外出・外泊時に使える品

どれがベスト!!ってのは勿論無いんだけど・・・
入院先の病院によっては一部制限があると思うのでその点はご留意下さい。



1)入院生活で使える日用品

意外と見舞いグッズとして見落としがちなのかもしれない、日用品。
中には秀逸なモノや、入院生活の快適性向上に資する品もあったりする。

オレが頂戴した品の中で、特に気に入ってたのは・・・
)トイストーリーの箱ティッシュカバー
)ソフトバンクホークスの応援グッズ(タオル・メガホン)
)ポールスミスのマグカップ

いずれも医師・看護師や同室の患者サンとの会話のネタになった。
いつも病気や症状の話ばかりでなく、やっぱり周囲の人と気軽に話したい。
けど中々話すネタが無くて困ってる・・・って人は多いんじゃ?
そーゆう時、「これカワイイね」とか、「これ面白いね」みたいな、
気軽に話題のネタとなりそうな品がベッド周りにあると意外と話が弾んだりする。

とは言っても、かなりセンスが問われる品なので選ぶ際は慎重に・・・。
あと、こういったモノは退院してからもずっと使えるから便利だよね。

また食料品等の差し入れ、これは以前骨髄抑制編でも書いたけど、
免疫力が低下してるから色々と食料品は制限が厳しい。
無難な路線を歩む人は避けた方が・・・と個人的には思うのだが、
治療の時期によっては病室から外に出ることも困難なことだってあって、
そういった時に毎日病院食しか食べられないのは余りに酷な話。
“もし患者が望むのであれば・・・”でいいと思うけど、
ちょっとしたお菓子等が意外と喜ばれると思う。

ちなみにオレは、スナック菓子やカップラーメン、クッキー等を
友人にお願いして差し入れてもらったなぁ。
熱が全然下がらない時はポカリスエットを大量に持ってきてくれた友達もいたし。
外の味ってのはやっぱりどうしても憧れてしまう。
病院食以外は絶対にNG!!って言われてる時期以外であれば、
事前に電話で「何か食いたいモン無い?」って聞くのも一つの手だろう。



2)入院中の暇潰し品

一般的なのは本、漫画類だよね。
オレもいっぱい貰いました。そして非常に有意義に暇潰しをさせてもらった。
けどやっぱり、副作用で吐き気等が強い時に細かい字を読むのは大変。
こういった時に助けられたのが、オレの場合はDVDです。

パソコンの普及によって、今や殆どの病院・病室でパソコン持ち込み可じゃないかな?
であれば、パソコンでDVDを見るのは可能なはず。
映画は勿論、意外と面白かったのが歌手のライブDVD。
普段自分じゃあ買わないようなモノとかを貰うのがオレは好きだ。

けどこのほかに、DVDで絶対外せないのが“お笑い系”DVD。
テレビ番組がDVD化されたヤツや、芸人のライブDVD等、探せば一杯ある。
病室に閉じこもって気分が↓↓↓な時、ついつい患者は笑顔を忘れる。
忘れかけた笑顔を思い出させてくれるのが“お笑い系”DVDの強み。
更に言えば、笑うと白血球・好中球の数が増加するって言われてるだけに、
こんな医学的な副次効果さえも期待されてしまう。
多分入院中にオレは30本以上の“お笑い系”DVDを見たはずだ。

経済的にゆとりがあるならドラマのDVDボックスを大人買いするのもアリ。
24や韓流ドラマ等、色々と見尽くしました。最近ではロストが面白いらしいよ。

随分DVDで語ってしまったが・・・あとは最近流行りのポータブルゲーム関連。
我が病室にはピーク時でPS2、PSP、NINTENDO DS、Game Boy Microの4機種が揃ってた。
ここらへんのゲームを貰えるのも助かりでした。けど、これは若い人向けかなぁ・・・。

そんな感じです。



3)外出・外泊時に使える品

先ずは何と言っても帽子でしょ。特にニット帽。
だってしょーがないよ、副作用でツルっパゲになるんだから。
女性患者はウィッグを使ってる方もいるだろうけど、
男はボウズ?スキンヘッドで勝負です。

けどそうなると少々頭が寒い・・・と外に出ると感じてしまう。
ちょっと小洒落たニットキャップとか嬉しいね。
しかも髪の毛無いから異常に蒸れる→すぐ汚れる。
だから換えがいくらあっても不便しないのだ!!!

ついでに、この延長線上にあるのが衣服。
と言っても入院中にパジャマ代わりとして着る感覚の服じゃなくって、
外出・外泊時に外で着れるようなちょっとした勝負服?(苦笑)

すぐに使えないってわかってても、それを着ることを目標に、
日々の励みに変えて治療に専念することだって出来るんだよ。
「早く着たいなぁ~」って思いつつイイ子イイ子な患者に変身したり。



皆さんどうでしょうか・・・。
オレが貰ったモノで活躍した品々を一気に紹介させてもらいました。
異論反論は当然あるだろうけど、
他にも何かオススメがあれば是非コメント・メール等お待ちしてます。



以上

ミンナでワッショイ!!
↑☆彡 (-人-;)↑
FC2ブログランキング登録中↑
応援のクリックをお願いします↑
スポンサーサイト
copyright © 2005-2006 揺れない心 ~Serene Hearts~ all rights reserved.
Powered by FC2 blog.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。