揺れない心 ~Serene Hearts~
『揺れない心』を持つ人間になりたい。 2005年に急性骨髄性白血病を発病、骨髄移植の後に社会復帰を目指すも、敢え無く2007年初に再発、再移植。GVHDと格闘の日々を綴ります。
★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜Thanks 200,000 HIT (16th Aug. 2007)★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
☆。:*:。:・'゜Thanks for the NEW RECORD 1,763 HIT/day (11th Mar. 2008)★。:*:。:・'゜
この度は『揺れない心 ~Serene Hearts~』へお越し頂き、誠に有難う御座います。
当Blogは白血病・骨髄移植・骨髄バンクに関する正しい知識を皆で共有する為に開設したものです。
初めての方はまずこちらをお読み下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。
2006年8月7日/管理人

【訪問者の方々へ】
管理人と直接絡むには こちらまで直接メールを!気軽なダメ出しを待ってます。
2007年3月5日/管理人

久々の新規コンテンツです。掲示板を作ってみました。 ゲストブックでの教訓を背景に、今回こそは皆で気軽に相談できる場が作れることを期待しています。誰かがアナタの知識を必要としてるはず。遠慮無く胸の内をブチまけていって下さい。入り口は左メニューバー下部、またはこちらから。
ゆれここ掲示板へ

2008年3月6日/管理人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【映画紹介】友情~Friendship~
こんにちわ。ゴブサタしてます。
いよいよ台風シーズン突入って感じの日々ですね。
ジメジメしてるし・・・なかなか気分が乗ってこない。
まああんまりノリノリでテンション上がっても困るけど・・・汗。



さて、今日は映画紹介です。



皆さんはこんな実話をご存知ですか?



アメリカでの話です。

とある小学校にイワン君という名前の男の子がいました。
彼は急性白血病のため、入退院を繰り返し、元気な時は学校にやって来てました。
しかし、治療のために使われた強い薬の副作用で、髪の毛は抜け落ちていきました。
多感な時期の彼は、それでも決心して、行ける時は学校に出て行きました。
ところが、心無い生徒が嘲笑したり、ばかにしたりしたというのです。
それによって、イワン君の足は次第に学校から遠のいていったのでした。

そんなある日、イワン君のクラスメイトの一人が突飛な行動に出ました。
何と母親に頼んで、髪の毛を剃ってもらい、スキンヘッドで登校してきたのです。
それはイワン君のことを思ってのことでした。
彼は自分がイワン君と同じ姿になることによって、イワン君の気持ちを少しでも理解し、
いじめも分散するようにと思ったというのです。
次の日、共感した数人のクラスメイトたちが同じように頭を剃って出てきました。
その次の日には、さらに数人が・・・
そうして、結果的に、そのクラスの男子生徒すべてが頭を剃り、
そのクラスから完全にいじめはなくなったというのです。

このニュースはCNNを通じて全米に報道されました。



この話を日本で映画化したのが、本日紹介する『友情~Friendship~』です。

20060918120508.jpg

制作年/1998年、配給/東映、監督/和泉聖治
キャスト/三船美佳、柳葉敏郎、目加田泰成、松村達雄、田中好子、他



ちょっと古い映画ですが、是非見て下さい。
なんとあの三船美佳さんのデビュー作。
彼女はこの作品で日本アカデミー賞の新人賞を受賞してます。

少年・少女達の友情を描いたヒューマン・ドラマです。
大人はもちろん、少年・少女でも何かしら感じるものはあると思う。
学校の道徳の授業とかで使ったらいいんじゃないかなぁ。
そうすれば若い世代から白血病、骨髄バンクの知識も少しは身に着くし。

ストーリーの内容はネタバレしてしまうこともあり、詳述は避けます。



ちなみに、この映画を元にノベライズされた小説もあります。

『やさしい夏の物語』
花井愛子著/㈱メディアファクトリー発行
1998年5月31日初版発行/定価:1000円+税

20060918120519.jpg

機会あれば、併せてこちらも読んでみて下さい。



以上

ミンナでワッショイ!!
↑☆彡 (-人-;)↑
FC2ブログランキング登録中↑
応援のクリックをお願いします↑
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
久しぶりに見ました
中学校の頃、文化祭の劇でこの映画を元に劇をしました。同時に白血病についてもみんなで調べたのを覚えています。確かに病気に対する知識がほとんどない中学生ぐらいには興味をもって見ることができる映画だと思います。
2006/10/04 (水) 19:53:41 | | まっちん #-[ 編集]
>ikkoサン
ご指摘の通り、劇団絵生(http://www.yu-jo.com/index.htm)によって8年間の間、
計343回の公演が行われております。今年も銀座の博品館劇場で10月18日~29日にかけて行われる予定。
骨髄バンクのマンスリーレポート9月号(http://www.jmdp.or.jp/about_us/monthly_pdf/monthly06_09_15.pdf)でこのミュージカルが紹介されていたり、ドナーズネットのHPでは代表取締役の中ざき吉廣さんのインタビュー記事(http://www.donorsnet.jp/partner/interview/11/index.html)が掲載されております。

ご参考下さい。
2006/09/23 (土) 19:12:18 | | 管理人 #NjKcVRcc[ 編集]
このお話、舞台かなにかあって、バンクのニュースにのってた気がします。

映画あるんですね。
さがしてみますね。
2006/09/23 (土) 09:44:56 | | ikko #-[ 編集]
>ちえサン
田舎・・・大丈夫、きっと見つかります!!
無事発見されることを祈ってますね。
2006/09/21 (木) 12:30:13 | | 管理人 #NjKcVRcc[ 編集]
映画の紹介、ありがとうございます。
探し出して、ぜひ見たいと思います。
田舎だから、辿りつくか心配ですが;

2006/09/19 (火) 21:02:38 | | ちえ #HS4U8xRc[ 編集]
>カブ坊サン
コメントありがとうございます。

確かに、病気関連をテーマにした映画ってのは現実離れして美化している点、非常に同感です。セカチューとかも個人的にはかなり嫌な感じ。

この映画の場合は、中学生という多感な年頃の少年少女の友情を描いたものであり、「病気」よりはむしろ「友情」に主観を置いて見るのがいいと思います。
2006/09/19 (火) 18:35:16 | | 管理人 #NjKcVRcc[ 編集]
がんばって探してみますね。
2006/09/19 (火) 09:33:20 | | まる #-[ 編集]
心のケア。
映画みてみますね。
白血病を題材にしたものは全部美化されてるような先入観があって避けてきたんですが、向き合ってみます。

私の場合は中学ですが、カツラを被って登校してました。
目の下のクマとか、黄疸のでた肌とかも、、クラスメートの遠慮ない視線がかなり痛かった覚えがあります。
子供の心って繊細でまっすぐだから、学校に復帰したあとの心のケアって大事だなぁと思います。
2006/09/19 (火) 07:47:52 | | カブ坊 #-[ 編集]
>まるサン
是非見て下さい。
これまた入手が少々困難かもしれませんが・・・
いつもこんな作品ばっか紹介ですんません。
2006/09/19 (火) 00:38:28 | | 管理人 #NjKcVRcc[ 編集]
この映画、知りませんでした。
是非、見てみたいと思います。
2006/09/18 (月) 23:19:13 | | まる #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2006 揺れない心 ~Serene Hearts~ all rights reserved.
Powered by FC2 blog.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。