揺れない心 ~Serene Hearts~
『揺れない心』を持つ人間になりたい。 2005年に急性骨髄性白血病を発病、骨髄移植の後に社会復帰を目指すも、敢え無く2007年初に再発、再移植。GVHDと格闘の日々を綴ります。
★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜Thanks 200,000 HIT (16th Aug. 2007)★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
☆。:*:。:・'゜Thanks for the NEW RECORD 1,763 HIT/day (11th Mar. 2008)★。:*:。:・'゜
この度は『揺れない心 ~Serene Hearts~』へお越し頂き、誠に有難う御座います。
当Blogは白血病・骨髄移植・骨髄バンクに関する正しい知識を皆で共有する為に開設したものです。
初めての方はまずこちらをお読み下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。
2006年8月7日/管理人

【訪問者の方々へ】
管理人と直接絡むには こちらまで直接メールを!気軽なダメ出しを待ってます。
2007年3月5日/管理人

久々の新規コンテンツです。掲示板を作ってみました。 ゲストブックでの教訓を背景に、今回こそは皆で気軽に相談できる場が作れることを期待しています。誰かがアナタの知識を必要としてるはず。遠慮無く胸の内をブチまけていって下さい。入り口は左メニューバー下部、またはこちらから。
ゆれここ掲示板へ

2008年3月6日/管理人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目線
失って初めて気付くことってあるよね。その重要性、存在感、かけがえの無さ。
ありきたりの日常生活の中で「当たり前」のものとして捉えてしまうが故に、
ついつい忘れがちになってしまうその「当たり前」のものに対するありがたみ。
それを改めて考えさせられた、今回の「目が見えない」事件。
まあお陰様で今となってはかなり復活したんだけど。



「当たり前」のものって何なんだろうか。
一体どこからどこまでを「当たり前」の事象として受け止めてよいのだろうか。

当然、こんなものに答えなんぞあるわけなくって、
この「どこからどこまで」の線引きが我々個人にゆだねられた価値観の領域。
どこに1本の線を引くかによって、日々の些細な出来事に対する感じ方が異なるだろう。

線の位置を下げれば下げるほど、些細な出来事が幸せに変わる。

数年前、『100人の村』って話が話題になったのを皆さんは覚えているだろうか。
現在の世界総人口は約66億人。今でも年間約8千万人のペースで増加を続けている。
さっきオレは昼飯を食った。皆も食べたと思う。
食べたいときに食べる。それだけで、世界の30億人以上の人達より恵まれている。
こうやってパソコンの前でブログを更新して、それを読むことができる。
それだけで、世界の40億人以上の人達よりも恵まれた環境にある。
自分のパソコンを持っている。それだけで世界の50億人以上の人達よりも恵まれている。

今、この瞬間に生死の間で苦しんでいる人が6億人以上もいる。

朝目覚める喜び。
自分の目で物事を見据え、自分の足で進むべき方へ迎える喜び。
仕事がある喜び。仲間がいる喜び。そんな仲間達と喜怒哀楽を分かち合う喜び。
帰る場所がある喜び。自分を待っててくれる人がいる喜び。
自分を信じてくれる人がいる喜び。自分を愛してくれる人がいる喜び。

なんだか哲学っぽくなってきた。ん?そうでもないか。?
ってか哲学っぽいってどんなだ???それさえもわからん。



さて置き、ちょっとおバカになって損得勘定だけで考えてみる。
せっかくこの世に生を授かった以上、毎日を楽しく過ごしたいわな。
そりゃ時には辛いコトだってあるかもしれない。
けど、1日でも多くを充実した幸せな日々へと変えていければもっと楽しそうだ。

結局は発想の転換という訳。
人間、欲の塊であることは間違いないと思うし、無欲である必要も無い。
ただ、自分がどういった立場にいるのか。目線はどの高さに置いているのか。
それを意識するとしないでは、全然変わった世界の広がりがあると思う。

失ってから初めて気付いてちゃ遅いんだよ。
自分が今置かれている幸せな環境。
そしてその環境を支え続けてくれる数多くの人達。
それらに対する感謝の気持ちを絶えず忘れることなく、生涯を全うする。

何となく思ったことを殴り書いた感じになっちゃって、
「あれ、これどっかでも同じコト聞いたことあるぞ?」が散見されるだろうけど、
ふと立ち止まって考えてみるのもいいもんだ。
人間、そんなに慌てるもんじゃあないよ。そんなに急いでドコ行くの?
将来の自分の理想像、虚像を追い続けるのもいいかもしれない。
けど現在の自分を創り出してくれた過去の喜び達を決して忘れちゃいけない。



ちょっとした自問自答でした。
オレは今でも十分幸せです。むしろ今だからこそ幸せなのかもしれない。



以上

ミンナでワッショイ!!
↑☆彡 (-人-;)↑
FC2ブログランキング登録中↑
応援のクリックをお願いします↑
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>いなさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
二度移植経験者、大先輩ってコトですね。
これからも色々と宜しくお願いします。
意味が無い、無駄とわかっていても他人と比較してしまう、
その気持ち、凄い良くわかります。
何でなんでしょうかね。
けど逆に、自分の方が恵まれてるところだって、
きっと一杯あるはず・・・
最近はそう思い込むようにしてます(笑)。
2007/03/18 (日) 21:56:11 | | TK #-[ 編集]
>はやぶさ
よせやい。何だか照れるぢゃねーか。
半分本音、半分は見栄と虚勢かもしれないけど・・・。
2007/03/18 (日) 21:53:30 | | TK #-[ 編集]
>ふうまさん
その通り!!同感です。
自分でトイレ行けなくなるとホント不便。
ってそーゆう話じゃ無いですね。
けどそれさえままならない人達が一杯いるのが現実。
自分の現状が如何に恵まれているか。
そもそも、日本という国に生まれてきただけで・・・。
2007/03/18 (日) 21:52:25 | | TK #-[ 編集]
>雪さん
はじめまして、コメントありがとうございます。
足りるを知る・・・ですか。
何だか物凄く深い意味がありそうですね。
色々と勉強させてもらいます。
2007/03/18 (日) 21:50:20 | | TK #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして。
いろいろとネットの波をさまよっているうちにたどり着いて、時々読ませていただいていました。
私も白血病(MDSのCMMoL)で、2度骨髄移植を受けました(骨髄移植と幹細胞移植)。その後GVHDもステージ?グレード?4まででましたが、現在はなんとか退院し、会社へ復帰したいと考えつつ自宅療養の日々を送っています。

私も日々、支えてくれた人々、バンクドナーさんや最終的にドナーとなってくれたひとや家族に感謝して生きていかないといけないとわかっているのですが、すごく精神的に波が激しく、普通に生活をしている人たちをみると、いろいろ制限をうけながら再発のストレスにさらされながら生きていくことがとても辛く感じることがあります。。。
人と比べたってなんにもならないのに。

いま生きていられることに落ち着いて感謝していけるような心になりたいです。入院中に幸せ感度はかなりあがったはずなので、ちょっと日常にもどれてひとをうらやんだりしてしまいがちになってるかな。。。
2007/03/17 (土) 20:45:10 | | いな #-[ 編集]
>オレは今でも十分幸せです。むしろ今だからこそ幸せなのかもしれない。

カッコいいです。
2007/03/17 (土) 08:15:31 | | はやぶさ #-[ 編集]
今の時期、花粉症の人たちは普通に息をする事の当たり前に
感謝しなくてはいけませんね

物を見、声を聞き、味を楽しみ、楽しく語らう・・・・
そんな当たり前の幸せなんて
当たり前すぎて見過ごしてしまうのでしょう

ギプスで自由に腕が使えなかったり自由に歩けなかったり・・・
その期間の不便を
ギプスが取れて自由になったとたんに忘れてしまい
当たり前の大切さに気付かない

そんな人の方が多いでしょうね・・・

小さな不便のうちに
たくさんの当たり前の大切さに気付かなくては
後で後悔する事になります

究極・・・自分でトイレに行って自分で始末が出来るって
とっても幸せなことなのよ・・・(^^)b
2007/03/17 (土) 02:34:29 | | ふうま #-[ 編集]
幸せって心の問題ですね。足りるを知る?だったかなそんな良い言葉があったんだ。
2007/03/17 (土) 02:08:25 | | 雪 #-[ 編集]
>ゆちゃさん
あ・・・あなたは一体?
そんな経験をされていたとは全く知りませんでした。
改めてゆちゃさんの力、エネルギーに感服です。
今後とも、何事も無いよう祈ってます。
2007/03/16 (金) 17:55:00 | | TK #-[ 編集]
わかる気がします。
特に目のこと。
私も両目失明宣告を受けたのが、視覚が無ければできない仕事が軌道に乗ったところだったので、かなり参りました。
今まで当たり前なことを失う恐怖に耐えられず…

うつ病になって廃人状態になり、仕事も失いました。が、
その後片目は誤診とわかり、もう片方も三年無事で、今は定期検査だけで過ごしています。

この間に視覚がなくても打てるパソコンの存在や、アメリカでは手術による再生の可能性が出てきた情報も得ました。中途視覚障害の方のお話もきき、勇気を得ました。

今だからこそ幸せなのかもしれない、と私も思います。
長々とごめんなさい。
2007/03/16 (金) 16:38:49 | | ゆちゃ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2006 揺れない心 ~Serene Hearts~ all rights reserved.
Powered by FC2 blog.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。