揺れない心 ~Serene Hearts~
『揺れない心』を持つ人間になりたい。 2005年に急性骨髄性白血病を発病、骨髄移植の後に社会復帰を目指すも、敢え無く2007年初に再発、再移植。GVHDと格闘の日々を綴ります。
★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜Thanks 200,000 HIT (16th Aug. 2007)★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
☆。:*:。:・'゜Thanks for the NEW RECORD 1,763 HIT/day (11th Mar. 2008)★。:*:。:・'゜
この度は『揺れない心 ~Serene Hearts~』へお越し頂き、誠に有難う御座います。
当Blogは白血病・骨髄移植・骨髄バンクに関する正しい知識を皆で共有する為に開設したものです。
初めての方はまずこちらをお読み下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。
2006年8月7日/管理人

【訪問者の方々へ】
管理人と直接絡むには こちらまで直接メールを!気軽なダメ出しを待ってます。
2007年3月5日/管理人

久々の新規コンテンツです。掲示板を作ってみました。 ゲストブックでの教訓を背景に、今回こそは皆で気軽に相談できる場が作れることを期待しています。誰かがアナタの知識を必要としてるはず。遠慮無く胸の内をブチまけていって下さい。入り口は左メニューバー下部、またはこちらから。
ゆれここ掲示板へ

2008年3月6日/管理人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生一番の驚き?
今日はホントに驚いた。
多分人生で一番驚いた。
相変わらず熱は下がらないんだけど・・・

朝一番で39℃。今日もなかなかのスタート。
一旦解熱剤(錠剤)で38℃台までは下げたけど、
下がるのはその水準が精一杯。


そして午後1時、事態は急変した。


寒い・・・とにかく寒い。
よく熱があがるときって寒気がするって言うけれど、
いままで40℃超の熱は結構経験してるオレだけど、
そんなオレでさえ知らない寒気が存在した。

ここはドコ?北極?南極?

寒気のはじまった段階での体温は40℃。
そして体が震える。
とにかく震える。
こんなに小刻みに震えるなんて、
オレの左手がフィニッシュを決める時以上。
(オレは左手派です)

体に万歩計を付けたらどうなるだろう?
ちっちゃい頃親父の万歩計を振りすぎて
壊したクソガキはワタシです。

慌てる看護婦、出入りの激しい医者達。
それ便乗せよと色鮮やかさに磨きをかける薬疹。




まだ震えが止まらない・・・。



っていうか痙攣?
なんだかよくわからなくなってきた。
目の前がなんだか急に明るくなるし。
その向こうには人影が・・・?

それは身の回りの世話に来てるウチのオカン。

気になったのか覗き込んでいたらしい。
お互いビックリ。





そして激闘30分間、
かなり強烈な解熱剤(点滴)をもってねじ伏せた。


いやぁ、驚いたね。
今まで「マジ死ぬ」とか「死にそう」とか
軽々しく使ってた自分に反省。
正直今日はプチ臨死体験してきました。



熱って不思議だ。
38℃で苦しんでると37℃になったら楽だ。
39℃で苦しんでると38℃になっても楽だ。
40℃で苦しんでると39℃になっても楽だ。


今日は39.6℃で快調なヒトトキを過ごす自分がいた。
慣れって恐ろしい。



高熱の原因が不明な中、
どうも錠剤の解熱剤は3時間くらいしか効果無く、
かといって解熱剤(点滴)は、
1回使ったら1度寝ないとMPが足りないらしく、
今宵はメタルキング探しの旅。
まだまだレベルアップの余地があるのでした。




さあ、明日はどんな一日かな?
つーかマジ熱下がってくれ・・・。



ちなみに熱が下がらないのは、
抵抗力・免疫力が皆無であるわけで、
今日から白血球を打ち込む注射がはじまった。

良性細胞の立ち上がりが早まるわけです。
悪性細胞はもう暫く眠ってて下さいと祈るわけです。




ではではみなさん、ごきげんよう。
解熱剤×解熱剤で一時的にゴキゲンのTKでした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2006 揺れない心 ~Serene Hearts~ all rights reserved.
Powered by FC2 blog.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。