揺れない心 ~Serene Hearts~
『揺れない心』を持つ人間になりたい。 2005年に急性骨髄性白血病を発病、骨髄移植の後に社会復帰を目指すも、敢え無く2007年初に再発、再移植。GVHDと格闘の日々を綴ります。
★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜Thanks 200,000 HIT (16th Aug. 2007)★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
☆。:*:。:・'゜Thanks for the NEW RECORD 1,763 HIT/day (11th Mar. 2008)★。:*:。:・'゜
この度は『揺れない心 ~Serene Hearts~』へお越し頂き、誠に有難う御座います。
当Blogは白血病・骨髄移植・骨髄バンクに関する正しい知識を皆で共有する為に開設したものです。
初めての方はまずこちらをお読み下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。
2006年8月7日/管理人

【訪問者の方々へ】
管理人と直接絡むには こちらまで直接メールを!気軽なダメ出しを待ってます。
2007年3月5日/管理人

久々の新規コンテンツです。掲示板を作ってみました。 ゲストブックでの教訓を背景に、今回こそは皆で気軽に相談できる場が作れることを期待しています。誰かがアナタの知識を必要としてるはず。遠慮無く胸の内をブチまけていって下さい。入り口は左メニューバー下部、またはこちらから。
ゆれここ掲示板へ

2008年3月6日/管理人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【CM紹介】専修大学
何だか勢いづいてきたんでもう1発更新を。
そろそろ寝ないと生活リズムが本当に崩れるんだが・・・
変に上がってしまったテンションのやり場に困ってます。

次は最近テレビで見て気になっていたコマーシャル。
実はオレ、就職活動時代に一部広告代理店も回ってて、
数人のコピーライターの方々と出会い、印象的な交流をさせて頂きました。
歌の歌詞もそうだけど、言葉の持つ力ってのは計り知れないと思う。
一言で簡単に相手を激しく傷つけることもできれば、
たった一言の感謝の気持ちだけで大きく印象が変わることもある。
去年だったかなぁ・・・朝日新聞のテレビCMで印象的だったキャッチコピー。

『言葉は感情的で、残酷で、ときに無力だ。それでも私たちは信じている。言葉のチカラを。』



今日紹介させて頂くのは、専修大学のテレビCMです。
これも少子化の煽りなんでしょうか・・・大学がCMを流すなんて。
文部科学省の方針から国立大学が次々と学校法人へと組織を変え、
気付いたら自分の大学も既に国立では無くなっていた・・・という衝撃。
今年の4月からフジテレビ系列で流されており、既に見た人も多いでしょう。
全部で5バージョンあるらしいんだけど、とりあえず自分が気になった2つをここで紹介します。
興味を持って頂いた人は、残りを専修大学のHPでチェック下さい。



『大学とは』篇

Some call it paradise.
(ある者はそこを、楽園と呼ぶ。)

Some call it chaos.
(ある者はそこを、混沌と呼ぶ。)

Some call it a fork in the road.
(ある者はそこを、分かれ道と呼ぶ。)

Some may say it's a small Universe.
(ある者は小宇宙であると言い、)

Yet some say it's but only a station on life's railway.
(また、ある者は停車駅のひとつに過ぎないと言う。)

Today University is ...
(今日、大学とは。)



『教室』篇

A room where time is not for real.
(不思議な時間の流れる部屋がある。)

The hands of time whirl and spin.
(そこではいつも、時計の針がとつぜん速く回り出す。)

A comfortable silence surrounds the room.
(部屋全体をつつむ、心地よい静寂。)

For only but a short time can we stay.
(その部屋にとどまれる時間は、ごくわずか。)

There, what is possible?
(そこで、何ができるか。)





大学時代の思い出・・・色々考えてみた。
悲しくなる程、その多くが麻雀で・・・orz。
この歳になると、大学に通った4年間がホント一瞬の出来事に思える。
4年という月日・・・その中で何を学ぶか。
思い返せば返すほど、もっと勉強しておけば良かった・・・と募る後悔。

人生で一番気楽に、無責任に、何でも出来てしまう世代。
その代償までを考えず、先に行動を起こしてしまう世代。
時には「若さ故」として、理不尽も許されてしまう世代。

もっと色々考えて、明日への糧に・・・。
こんなコトを考えてしまうのは、自分がそれだけ老け込んだってコトなんだろうか。
20歳前後の自分目線で見てみれば、こんなの老婆心から来る余計なお世話以外の何者でもない。

歳をとるってのは恐いもんだ。
皆さんにとって、大学ってのはどーゆう存在でしたか?
恥ずかしながら自分にとっては、
「最も自由奔放に生きた4年間、その居場所を提供してくれた存在」
なんて寂しく情けない表現しか出てこない・・・。

もちろん数多くのコトを学び、またかけがえの無い数多くの出会いがあった。

けど・・・。



外もすっかり明るくなったところで、朝飯食って薬飲んで、今度こそ寝ます。



以上

ミンナでワッショイ!!
↑☆彡 (-人-;)↑
FC2ブログランキング登録中↑
応援のクリックをお願いします↑
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>らんらんさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
一気に読んじゃいましたか・・・
大変だったと思いますが・・・汗。
ありがとうございます。
ブログに出会えたことが嬉しくてだなんて、
最大級の賛辞、もったいないです。
これからも宜しくお願いします。
2007/05/17 (木) 01:37:41 | | TK #-[ 編集]
はじめまして
色々と検索をしていく内に、このブログに出会い一気に読ませていただきました。実は私もタイプは違えど、白血病と共に生きてる一人です・・・。このブログに出会えたことが嬉しくて、ついついコメントしてしまいましたが、記事と無関係の内容でごめんなさい!これからも訪問させていただきます(^-^)
2007/05/12 (土) 19:35:13 | | らんらん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2006 揺れない心 ~Serene Hearts~ all rights reserved.
Powered by FC2 blog.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。