揺れない心 ~Serene Hearts~
『揺れない心』を持つ人間になりたい。 2005年に急性骨髄性白血病を発病、骨髄移植の後に社会復帰を目指すも、敢え無く2007年初に再発、再移植。GVHDと格闘の日々を綴ります。
★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜Thanks 200,000 HIT (16th Aug. 2007)★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
☆。:*:。:・'゜Thanks for the NEW RECORD 1,763 HIT/day (11th Mar. 2008)★。:*:。:・'゜
この度は『揺れない心 ~Serene Hearts~』へお越し頂き、誠に有難う御座います。
当Blogは白血病・骨髄移植・骨髄バンクに関する正しい知識を皆で共有する為に開設したものです。
初めての方はまずこちらをお読み下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。
2006年8月7日/管理人

【訪問者の方々へ】
管理人と直接絡むには こちらまで直接メールを!気軽なダメ出しを待ってます。
2007年3月5日/管理人

久々の新規コンテンツです。掲示板を作ってみました。 ゲストブックでの教訓を背景に、今回こそは皆で気軽に相談できる場が作れることを期待しています。誰かがアナタの知識を必要としてるはず。遠慮無く胸の内をブチまけていって下さい。入り口は左メニューバー下部、またはこちらから。
ゆれここ掲示板へ

2008年3月6日/管理人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
痛い話
昨日はどうも心配お掛けしました。
一晩明けて今朝は非常に平和。
熱も36℃台までさぁーっと引いた。

これが逆に不気味だった。
なんで一晩で体温が3℃以上下がるんだ・・・?
いくら解熱鎮痛剤飲んでても異常だろ。



そして医者も戸惑ういつものパターン突入。



結局今日も夕方から熱が上がったんだけどね(苦笑)。
ピークは38.8℃だったんで、まあわりと楽だった。
この辺の感覚がどうも狂ってる気がしてならない。





さて本題。
実はまたもや人知れず不要な死闘を展開してました。

皆に聞きたい。
人生で「一番痛かったコト」って何だった?
もちろん物理的な話ね。

ネタが滑った話とかはいらないんで(笑)。

出産経験のある女性の場合は出産になるのかなぁ。



実はワタクシ、
この「一番痛かったコト」を
二日連続で更新してしまいました~!!

過去に外科手術2回。
開胸・開腹の経験を有していながらにして、
世に斯様な激痛が存在することを知らなかった。

まあ手術時はモルヒネでシャブ漬けだから痛み感じないんだが。



あんまりキレイな話じゃないんだけど、
細かいトコは目を瞑って聞いてちょーだい。
そして想像してみてちょーだい。
痛い話を。



それは1週間前くらいの話。
黄門様の横に大柄な番人が棲みついた。
その番人の通り名は「G」。
その男は人の僅かな動きも見逃さず、
一瞬にして一瞬だけ息の根を止めに来る。

最初は黄門様の横で大人しく座り込んでいただけなのに、
いつしかその身を呈して黄門様をかばう程に成長した。

なのにどうして・・・事件は木曜夕方に起こった。
Gが突然自爆テロを起こしたのだ。
一瞬にしてあたり一面は血の海となり、
おびただしい量の体液が飛び散り、
それはまさに地獄絵図のようだった。

何がGを自爆へ追いやったのかは未だ不明だ。
ただこの自爆テロが大事件の幕開けに過ぎないということを、
一体誰が予想できただろうか・・・。



ってゆーことでとりあえず緊急事態発生!!



すぐさまナースコール出動。
慌てて主治医も休日出勤。
ホントいつもお騒がせしてスンマセンって感じ。


とりあえずはガーゼで応急処置し、
金曜日に大腸外科の診察を受けることに。

悲しいかな我が黄門様。
今まで2~3人としかご対面したことの無い、
根っからの恥ずかしがり屋サンなのに、
木曜~土曜にかけて10人以上に凝視されてしまった。

ああ・・・お婿に行けないよぉ・・・。





さて、前置き長くなったけど痛い話はここから本題。



先ずは金曜日の「痛い話」。



大腸外科での診察の結果、
「既に膿瘍は完全に自壊してて全く問題無い」とのこと。
ただ念の為・・・(嫌な予感)・・・
「切開しましょう、その方が治りも早いし」。

ってことで、黄門様の横5ミリの位置を切開することに。
「局所麻酔するから平気だよ~」と医師は言う。
けどこの局所麻酔が落とし穴だった。

痛み更新第一号。

“黄門様の周囲4箇所に打ち込まれた注射達”。
まあ敏感な場所だからねぇ・・・

結局1.2センチ切開された。
そして痕には小指の先がすっぽり入るくらいの穴が。
「止血の為に開いた穴にガーゼ詰めとくから」
「まあ鼻血出た時に鼻の穴にティッシュ詰めるのと同じだよ」

外科医の発言っていうのはいつも軽快で爽やかだ。
麻酔効果も奏功して、無事処置は終わった。



しか~し・・・その日の晩。



当然の如く麻酔は切れる。
そして激痛が走る。
考えてみりゃ1cmの立方体サイズの陥没裂傷がある訳で、
痛くないはずがないわな。

ケツをかばって寝ようとするオレ。
その結果腰を痛めて泣きっ面に蜂状態のオレ。
そんな訳で、ほとんど寝れずに悶える夜を過ごしたのでした。





夜が明けて土曜日。
天気がいい。爽やかな朝だ。
そんな爽やかさに便乗するように大腸外科の医師が登場。

「昨日のガーゼを取りに来ましたよ~」

相変わらず軽快だ。
「それじゃあちょっとオシリを見せてくださいね~」
「ああ、傷口キレイですね。血も止まってるし良かった」
その直後のデキゴトだった。
「それじゃあガーゼ取りま~す、力抜いてね」

la!o8d"#$gpa%f3awj)?q5zrg>+`a5o(yt*`P1
言葉が出なかった。
どこにこんな元気が?ってくらい体が飛び上がった。
そして5分間、すかさず消毒をしたがる医者に謝り続けた。

「スンマセン、ももも・・・
もうちょっと待って下さい・・・」と。





これが更新第二号。
しばらく更新されるコトは無いような気がする。

“穴状の傷口(肉むき出し)にガーゼを突っ込んで
一晩寝かせそれを一気に抜き取る”でした。

さあみんな。ちゃんと想像できたかな?





今夜はちょっと情けなくも切ない小話でした。
Gの正式名称は「肛門周囲膿瘍」。
わかりやすく言うと「イボ痔」の一種?
「痔」デビューだった訳だけどありゃしんどいね。
ボラギノール、プリザS万歳だ。
じゃんじゃん止まって治してくれ。

痔の薬のCMってやたら多いなぁって思ってたけど、
今回の事件でその全てに納得させられた訳でした。





めでたしめでたし。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2006 揺れない心 ~Serene Hearts~ all rights reserved.
Powered by FC2 blog.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。