揺れない心 ~Serene Hearts~
『揺れない心』を持つ人間になりたい。 2005年に急性骨髄性白血病を発病、骨髄移植の後に社会復帰を目指すも、敢え無く2007年初に再発、再移植。GVHDと格闘の日々を綴ります。
★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜Thanks 200,000 HIT (16th Aug. 2007)★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
☆。:*:。:・'゜Thanks for the NEW RECORD 1,763 HIT/day (11th Mar. 2008)★。:*:。:・'゜
この度は『揺れない心 ~Serene Hearts~』へお越し頂き、誠に有難う御座います。
当Blogは白血病・骨髄移植・骨髄バンクに関する正しい知識を皆で共有する為に開設したものです。
初めての方はまずこちらをお読み下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。
2006年8月7日/管理人

【訪問者の方々へ】
管理人と直接絡むには こちらまで直接メールを!気軽なダメ出しを待ってます。
2007年3月5日/管理人

久々の新規コンテンツです。掲示板を作ってみました。 ゲストブックでの教訓を背景に、今回こそは皆で気軽に相談できる場が作れることを期待しています。誰かがアナタの知識を必要としてるはず。遠慮無く胸の内をブチまけていって下さい。入り口は左メニューバー下部、またはこちらから。
ゆれここ掲示板へ

2008年3月6日/管理人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
禁じられた遊び
さあ、気を取り直して行こうか。
今日のデキゴトです。



熱は相変わらずで朝一から38.1℃、
一旦昼間は37℃台で安定するも夕方には38.8℃。
ホント曲者です。
この熱さえ無ければ治療ははるかに楽だったのに・・・。



発熱の原因と考えられる要素を全て潰すべく、
ついに今日はカテーテルを抜いてしまいました。
傷口はキレイだけど、
そこから感染症を起こしてる可能性もあり得るんで。



実はこのカテーテルを抜くのだけは絶対に避けたかった。
別に抜くのは楽なんだけど、また入れるのが大変。
前にもカテーテルについて語った通り、
首から血管に20cm近い管を通す作業。
一回やっちゃえば点滴も採血もそこから可能で
画期的な治療ツールの一つではあるが、
正直入れ直しは気が滅入る。



今日から暫くは点滴は腕を通すことに。
採血は毎度毎度腕に注射針を刺し込むことに。
24時間体制の点滴は依然として続いてるわけで、
何とか利き腕の右手は死守できたものの、
左手は鎖に繋がれ針の痛みと痺れが消えない状態。



ここで思い出されるのが左手派。



オレは左手を封印された男。
右手では何も感じない男。
数少ない夜の楽しみを奪われた男。
発熱のシワ寄せがこんなトコにまで出てくるとは・・・。




禁じられた遊び。
発熱の原因究明の為に失ったモノ。
その代償は余りにも大きすぎる・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2006 揺れない心 ~Serene Hearts~ all rights reserved.
Powered by FC2 blog.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。