揺れない心 ~Serene Hearts~
『揺れない心』を持つ人間になりたい。 2005年に急性骨髄性白血病を発病、骨髄移植の後に社会復帰を目指すも、敢え無く2007年初に再発、再移植。GVHDと格闘の日々を綴ります。
★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜Thanks 200,000 HIT (16th Aug. 2007)★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
☆。:*:。:・'゜Thanks for the NEW RECORD 1,763 HIT/day (11th Mar. 2008)★。:*:。:・'゜
この度は『揺れない心 ~Serene Hearts~』へお越し頂き、誠に有難う御座います。
当Blogは白血病・骨髄移植・骨髄バンクに関する正しい知識を皆で共有する為に開設したものです。
初めての方はまずこちらをお読み下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。
2006年8月7日/管理人

【訪問者の方々へ】
管理人と直接絡むには こちらまで直接メールを!気軽なダメ出しを待ってます。
2007年3月5日/管理人

久々の新規コンテンツです。掲示板を作ってみました。 ゲストブックでの教訓を背景に、今回こそは皆で気軽に相談できる場が作れることを期待しています。誰かがアナタの知識を必要としてるはず。遠慮無く胸の内をブチまけていって下さい。入り口は左メニューバー下部、またはこちらから。
ゆれここ掲示板へ

2008年3月6日/管理人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢・現実・幻
月日の経過っていうのはどうしてここまでも早いのだろうか。
時としてその早さが残酷にさえ感じてしまうことがある。

深い意味は無いよ。けど今の入院生活が『あたりまえ』になりつつある自分が恐い。
病室から一歩も外に出ることなく終わる毎日。これがフツーの1日。
一歩でも外に出たりすること。これは特別な1日。完全に感覚が麻痺逆転。
日常と非日常の区別が日毎曖昧になる。自分は一体何をしてるんだろうか。



この1週間更新をサボり続けた訳だけど、体調はこれまた微妙に下降線。
腹部の痛みはだいぶ落ち着いた。下血もなく、これはこれでいい感じ。

んだけど血圧がまた↑↑180/110↑↑とか上昇したり、毎日不定期で凄まじい頭痛が。
脳MRI等の検査はしてみるものの特段異常無しのいつものパターンで、
既に幅広く麻薬に手を出している状況下では手ごろな鎮痛剤も無く、
完全に生活リズムが崩壊してしまった。

最近の痛みの主役は腹部から頭部へ完全にシフト。










とまあ、見るからにnegativeな書き出しになってしまったワケですが、
もっと悩ましいのが、色んな薬剤をブレンドすることによって凄味を増しつつある幻覚・幻聴症状。
これは昨秋から色々とあったんだけど、当時はまだ物音がするとか、人の気配がするとか、
全然カワイイもの達だった。

年が明けて、眠りが浅いせいかやたら夢を見るようになる。
2時間くらいしか連続して寝れないから、いつも「いよいよこれから!!」ってとこで目覚めるような
中途半端な夢になっちゃうんだけど、
一晩に3度寝すれば3つも夢が見れてしまうというこのお得感。いかがでしょうか。
そんな夢見心地な1ヶ月を過ごしてきた訳だけど、所詮は非現実っぷり満載な“夢”だった。



けど、最近、特にこの1週間で見た夢(?)は非常にタチが悪い。



っていうか、夢ってよりも幻聴・幻覚、いわゆる“幻”と言った方が正確だろうか。
別に寝てる時でなくても普通に存在しないものが見え、存在しない音が聞こえてくる。
更に驚くことに、そこには会話がしっかりと成立しているのだ。

別にオカルト方面とかまったく興味無いし、恐いとは思わないけど・・・
部屋に入ってきた看護師に「今誰と話してたの?」って聞かれたりする。
最初は自分でもそれが幻だなんて思ってないから「何言ってるんだ?」的に対応してたけど、
どうやらおかしいのはオレの方みたいだ

幻の登場人物はいずれも非常に身近な人達ばかりで、
それが医者看護師だったり両親だったり友人だったり。
だけに妙な現実味が強く出ていて・・・昨日と今日で全然話が変わってて当惑すること多々あり。
些細な日常会話だったらいいけど、それが治療方針の大事な話だったりするとゾッとする。



薬が原因だとしても、自分自身で現実と幻の区別がつかないっていうのは大問題。
さらに生活リズムを粉々にしてくれそうな、そんな最近の悩みでした。



以上



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>ゆちゃさん
アツいコメントありがとうございます。
表題、深いですねぇ・・・久々に頭を使って色々考えたような気分です。
あ、気分だけじゃなく実際色々考えさせられました。
1つの事象をあらゆる角度から切り込んでみるってのはやはり面白くて、
前ばっかり見てないでたまには横、時には後ろ向きもアリかなぁと思いつつ。

メモもいいですよね。この前色々と書き殴って翌朝読み返そうとしたら、
我がノートはキレイな白紙でした。
全部幻。カッコワリィ・・・。
2008/02/11 (月) 21:58:56 | | TK #-[ 編集]
Life is but a dream.
私も睡眠がなかなかとれないころ
夢と現実が区別できなくて困りました
誰もいない別の部屋に入ろうとして
「誰かいる」と怯えたり
子どもの頃の思い出すらも上書きして
破壊されていったり…

表題はいろいろな訳し方がありますが
「人生は全て夢なのです」という訳があって、私はそれをふと思い出し、
「そうだ、逆に現実もすべて夢だと思ってしまおう」と思いました。

例えばクラス会でみんなが覚えている話題でも「そうだっけ?」なんていう人もいるわけで、記憶なんて意外と個人差もあって曖昧なものです。

つらい現実も夢と思えば少し楽になれたというのもあるし、
治療方針の大事な話ならば何度も確認したっていいじゃないですか。
病床ではしんどいかもしれないけれども、メモも有効、
私はノートに書きなぐってました(笑)

そして、私は完全復活とは行かないまでも、相当よくなりました、TKさんは絶対よくなる!信じてます!長々とすみません。
2008/02/11 (月) 12:07:54 | | ゆちゃ #o4rjoBl6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2006 揺れない心 ~Serene Hearts~ all rights reserved.
Powered by FC2 blog.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。