揺れない心 ~Serene Hearts~
『揺れない心』を持つ人間になりたい。 2005年に急性骨髄性白血病を発病、骨髄移植の後に社会復帰を目指すも、敢え無く2007年初に再発、再移植。GVHDと格闘の日々を綴ります。
★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜Thanks 200,000 HIT (16th Aug. 2007)★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
☆。:*:。:・'゜Thanks for the NEW RECORD 1,763 HIT/day (11th Mar. 2008)★。:*:。:・'゜
この度は『揺れない心 ~Serene Hearts~』へお越し頂き、誠に有難う御座います。
当Blogは白血病・骨髄移植・骨髄バンクに関する正しい知識を皆で共有する為に開設したものです。
初めての方はまずこちらをお読み下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。
2006年8月7日/管理人

【訪問者の方々へ】
管理人と直接絡むには こちらまで直接メールを!気軽なダメ出しを待ってます。
2007年3月5日/管理人

久々の新規コンテンツです。掲示板を作ってみました。 ゲストブックでの教訓を背景に、今回こそは皆で気軽に相談できる場が作れることを期待しています。誰かがアナタの知識を必要としてるはず。遠慮無く胸の内をブチまけていって下さい。入り口は左メニューバー下部、またはこちらから。
ゆれここ掲示板へ

2008年3月6日/管理人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そして肺へ
日々検査ラッシュのようで何だか最近忙しい気分。
今日の目覚めは強烈な頭痛・胸痛・喉痛と共に。気分悪し。
横になっていると咳まで止まらなくなって、まるで風邪を引いたかのような症状。

痛み止めでカロナール2錠飲んでも効果薄く、挙句血圧が170/120まで上昇。
どうも最近血圧のベースラインまでもが高位安定気味でこれまた気分悪し。
特に喉から胸にかけては今まで経験したことのない新しい痛みだったんで、
緊急でCT撮影のオーダーを入れて、今朝も検査で幕開けです^^。







結果・・・まだ速報の段階だけど、右肺に関しては何かの感染症と思われる小さな影が散見され、
これは今まで通りなんで然程気にはならないんだけど、左肺が全体的に薄白く写った。
疑わしきはGVHD、或いはウィルス性かカビによる感染症。
ただGVHDに場合は左右両肺均一に影が広がるのが一般的らしく一概に判断はできず、
暫く様子を見ながらまた来週後半以降に再度CT撮影の上で判断することになった。

まあ現段階ではレントゲンでは判別がつきずらい程度の症状とのこと、
そんな心配はしなくて良さそうです。
ただ、もしこれが肺の慢性GVHDだった場合・・・スタンプラリーの完成。
2度の移植で、一般的に急性期・慢性期にGVHDが現れるとされるあらゆる臓器を経験したことになる。
皮膚、肺、ドライマウス、ドライアイ、食道、胃、小腸、大腸、肝臓、腎臓、膀胱炎・・・。♪わお♪



一方で小腸内視鏡の速報。驚愕。今日の昼11時半に早くもカプセルが回収された。
今までは60~70時間かかっていたのが今回は僅か27時間での救出劇。
それだけ消化器官の活動が活発だったっていうことだろうけど、それにしてもエライ短縮ぶりだ。
まさかこんなにも早くスッキリ気分を味わえるとは嬉しい誤算。

実はこのカプセル内視鏡、非常に優秀で、1秒間に2枚の映像撮影が可能。
小腸という臓器自体が10m以上の長いモノとは言え、
1日かけて端から端まで写真を撮り尽くす。
その枚数なんと約6万枚・・・つーか撮影云々よりも
それらの写真を全部チェックする技師の方々に脱帽だ。

結果が出るのは1週間後くらいと言われつつ、
血中シンチの結果に基づく疑惑部位を中心に見た結果、
傷は1箇所動脈が大きく傷ついてるといった性格のものでは無く、
薄くやや広範囲に亘って粘膜が爛れていたり、
また所によっては本来粘膜の下を通っているはずの血管が
粘膜の上に剥き出しに逆転現象を起こしたりしていたとのこと。

今後は詳細結果判明を待ちつつ・・・どうするんだろう?
変わらず謎多き今後の展開。楽しみにしてて下さい。



以上

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2006 揺れない心 ~Serene Hearts~ all rights reserved.
Powered by FC2 blog.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。