揺れない心 ~Serene Hearts~
『揺れない心』を持つ人間になりたい。 2005年に急性骨髄性白血病を発病、骨髄移植の後に社会復帰を目指すも、敢え無く2007年初に再発、再移植。GVHDと格闘の日々を綴ります。
★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜Thanks 200,000 HIT (16th Aug. 2007)★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
☆。:*:。:・'゜Thanks for the NEW RECORD 1,763 HIT/day (11th Mar. 2008)★。:*:。:・'゜
この度は『揺れない心 ~Serene Hearts~』へお越し頂き、誠に有難う御座います。
当Blogは白血病・骨髄移植・骨髄バンクに関する正しい知識を皆で共有する為に開設したものです。
初めての方はまずこちらをお読み下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。
2006年8月7日/管理人

【訪問者の方々へ】
管理人と直接絡むには こちらまで直接メールを!気軽なダメ出しを待ってます。
2007年3月5日/管理人

久々の新規コンテンツです。掲示板を作ってみました。 ゲストブックでの教訓を背景に、今回こそは皆で気軽に相談できる場が作れることを期待しています。誰かがアナタの知識を必要としてるはず。遠慮無く胸の内をブチまけていって下さい。入り口は左メニューバー下部、またはこちらから。
ゆれここ掲示板へ

2008年3月6日/管理人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【Day-1】移植後の展開
いよいよ明日になりました。
今日は明日以降のざっくりとした展開のお話です。

体調は一昨日の吐き気どん底から
徐々に回復基調にある感じで、
少々ツライながらも何とか無事今日も乗り切りました。


今日から新たに1つ薬が増加。
その名も免疫抑制剤“プログラフ”。
これは移植後の最大の難関である
GVHD対策として使用するもの。
こいつの副作用で今日は体が1日中火照ってた。
これまた久々な感覚で何だか懐かしい(苦笑)。


GVHD(Graft versus Host Disease)とは、
ドナーから移植を受けたリンパ球が
我が体を外敵と認識して攻撃する現象で、
移植後100日以内に出現するものを急性GVHD、
移植後100日以降に出現するものを慢性GVHDと言う。


一言で言っちゃえば移植に伴う副作用みたいな感じだろうか。


主なものは以下。

【急性GVHD】
皮膚(湿疹、水泡)/粘膜障害(口内炎)/
消化管(下痢、血便、吐き気)/肝臓(肝機能障害、黄疸)

【慢性GVHD】
皮膚(色素沈着、乾燥、関節拘縮)/
消化管(食欲不振、便秘)/肝臓(肝機能障害)/
口(口内炎、乾燥)/目(乾燥)/肺(肺機能障害)



これ、かなりキツイらしいです。
色んな移植体験者のブログや日記を眺めてても、
ほとんどの人が移植後2ヶ月程は記録が中断している。
これも急性GVHDが原因なんだろう。

病棟看護師情報では特に口内炎・粘膜障害が危険との噂。
ひどい人は首が倍の太さに腫れ上がって、
口の中は血まみれ、唇もタラコ状態で血まみれになると。



げげげ。



想定を遥かに超えてる。



今更になってまたビビってしまった。





まあ用語解説はさて置き、明日なんだけど・・・
結構まだみんなの中で誤解があるんだろうか。
明日の骨髄移植は『移植』であって『手術』では無いよ?

オレはただ赤い血液みたいな『骨髄』の点滴を受けるだけ。
処置で言えば今もやってる点滴とまったく同じで、
体から出てるカテーテルと点滴パックを結ぶのみ。

非常に簡単に終わってしまうのだ。

やや臓器移植とゴッチャになりがちかもしれないけど、
明日は特に体にかかる負担は無いと思うんで御安心下さい。



大変なのはドナーの方で、
東北の彼女は全身麻酔で腰から
骨髄を1ℓ近く採取されてしまう。

こっちは体力的にかなり負担がかかるだろう。
頑張って欲しい。
無事採取が終わり退院されることを切に祈る。



明日午前中にドナーの彼女は
東北の病院の手術室で骨髄採取され、
採取された骨髄は昼過ぎの新幹線に乗って
東京のこの病院に届く。

だからオレの移植開始は多分夕方過ぎかな。
3~4時間で点滴を落とすって聞いてるから
移植完了が21時~22時くらいか。

骨髄はナマモノなんで採取後即日移植がルールなんだって。




移植後、急性GVHDがその猛威を振るうのはDay7前後から。
そこからの1~2週間が一番しんどいとのこと。

その後に控えている次のステップが『生着』。
生着ってのは移植された骨髄が正常にオレの体内で
働きだした状態のことで、
目安として血液中の好中球が500以上の日が3日続いた時。

生着期待はDay20~30の間くらいで
恐らく2月末~3月上旬くらいか。
この生着を無事に迎えるコトが今後の治療の最大の山場。

無事に迎えられればいよいよ社会復帰の見通しも立ってくる。



やっぱり職場復帰は早くても4月下旬~5月上旬だろうか。
その前のリハビリ期間にコッソリ花見とかしたいとは思う。
コッソリスノボは残念ながら叶わなかったんで・・・。
今年は寒いから桜も遅いのかな。
遅ければ遅いほど万全の体調で花見が出来そう。
楽しみだね。




けど気付いたら会社を休みだしてからもう5ヶ月が経過。
ホントあっという間のデキゴトだった。
周りを見ること放棄して目隠しで突っ走る。
そんな感じの5ヶ月だった。
あと2~3ヶ月の辛抱かな。ようやく先が見えてきたか。



頑張れオレ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005-2006 揺れない心 ~Serene Hearts~ all rights reserved.
Powered by FC2 blog.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。