揺れない心 ~Serene Hearts~
『揺れない心』を持つ人間になりたい。 2005年に急性骨髄性白血病を発病、骨髄移植の後に社会復帰を目指すも、敢え無く2007年初に再発、再移植。GVHDと格闘の日々を綴ります。
★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜Thanks 200,000 HIT (16th Aug. 2007)★。:*:。.:*:・'゜☆。.:*:・'゜
☆。:*:。:・'゜Thanks for the NEW RECORD 1,763 HIT/day (11th Mar. 2008)★。:*:。:・'゜
この度は『揺れない心 ~Serene Hearts~』へお越し頂き、誠に有難う御座います。
当Blogは白血病・骨髄移植・骨髄バンクに関する正しい知識を皆で共有する為に開設したものです。
初めての方はまずこちらをお読み下さい。今後とも宜しくお願い申し上げます。
2006年8月7日/管理人

【訪問者の方々へ】
管理人と直接絡むには こちらまで直接メールを!気軽なダメ出しを待ってます。
2007年3月5日/管理人

久々の新規コンテンツです。掲示板を作ってみました。 ゲストブックでの教訓を背景に、今回こそは皆で気軽に相談できる場が作れることを期待しています。誰かがアナタの知識を必要としてるはず。遠慮無く胸の内をブチまけていって下さい。入り口は左メニューバー下部、またはこちらから。
ゆれここ掲示板へ

2008年3月6日/管理人
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【映画紹介】友情~Friendship~
こんにちわ。ゴブサタしてます。
いよいよ台風シーズン突入って感じの日々ですね。
ジメジメしてるし・・・なかなか気分が乗ってこない。
まああんまりノリノリでテンション上がっても困るけど・・・汗。



さて、今日は映画紹介です。



皆さんはこんな実話をご存知ですか?



アメリカでの話です。

とある小学校にイワン君という名前の男の子がいました。
彼は急性白血病のため、入退院を繰り返し、元気な時は学校にやって来てました。
しかし、治療のために使われた強い薬の副作用で、髪の毛は抜け落ちていきました。
多感な時期の彼は、それでも決心して、行ける時は学校に出て行きました。
ところが、心無い生徒が嘲笑したり、ばかにしたりしたというのです。
それによって、イワン君の足は次第に学校から遠のいていったのでした。

そんなある日、イワン君のクラスメイトの一人が突飛な行動に出ました。
何と母親に頼んで、髪の毛を剃ってもらい、スキンヘッドで登校してきたのです。
それはイワン君のことを思ってのことでした。
彼は自分がイワン君と同じ姿になることによって、イワン君の気持ちを少しでも理解し、
いじめも分散するようにと思ったというのです。
次の日、共感した数人のクラスメイトたちが同じように頭を剃って出てきました。
その次の日には、さらに数人が・・・
そうして、結果的に、そのクラスの男子生徒すべてが頭を剃り、
そのクラスから完全にいじめはなくなったというのです。

このニュースはCNNを通じて全米に報道されました。



この話を日本で映画化したのが、本日紹介する『友情~Friendship~』です。

20060918120508.jpg

制作年/1998年、配給/東映、監督/和泉聖治
キャスト/三船美佳、柳葉敏郎、目加田泰成、松村達雄、田中好子、他



ちょっと古い映画ですが、是非見て下さい。
なんとあの三船美佳さんのデビュー作。
彼女はこの作品で日本アカデミー賞の新人賞を受賞してます。

少年・少女達の友情を描いたヒューマン・ドラマです。
大人はもちろん、少年・少女でも何かしら感じるものはあると思う。
学校の道徳の授業とかで使ったらいいんじゃないかなぁ。
そうすれば若い世代から白血病、骨髄バンクの知識も少しは身に着くし。

ストーリーの内容はネタバレしてしまうこともあり、詳述は避けます。



ちなみに、この映画を元にノベライズされた小説もあります。

『やさしい夏の物語』
花井愛子著/㈱メディアファクトリー発行
1998年5月31日初版発行/定価:1000円+税

20060918120519.jpg

機会あれば、併せてこちらも読んでみて下さい。



以上

ミンナでワッショイ!!
↑☆彡 (-人-;)↑
FC2ブログランキング登録中↑
応援のクリックをお願いします↑
【舞台紹介】IMAGINE 9.11/鑑賞報告
こんにちわ。今日の東京はいい天気です。
思わず外ではしゃぎたくなるような晴天。

さてさて、昨日の舞台鑑賞報告です。IMAGINE 9.11。



いきなりこの記事を読んで、なんだそりゃ?って人。
8月21日の記事で紹介してるんで、先ずはそちらからご覧下さい。

あと、今日の最終公演に行こうとしている人。
ネタバレしちゃうので、見終わってから読むことを薦めます。



この舞台は事実を基に脚色を加えたフィクションです。
先ずは実話の方の紹介から・・・



2001年9月11日、全米同時多発テロの勃発。
これに伴い、アメリカ連邦航空局は航空機の全面飛行禁止を発表した。
しかしこの時、日本には幸いにも全米骨髄バンク(NMDP)で
HLA型が一致するドナーが見つかり、
9月12日移植予定で前処置を既に完了して
アメリカから骨髄液が空輸されるのを待つ患者が3人いた。

前処置を完了した段階で患者本人の
造血幹細胞(血液を造成する細胞)は完全に破壊されており、
最早自力で血液を造成できる状況には無く、
一刻も早くドナーの骨髄液を注入する必要がある。

しかしテロの影響から飛行機は飛ばない。
このままでは患者3人が生命の危機に瀕することになる。

飛行禁止の解除の見通しが一切たたない中、
テロによる混乱から全米・日本の両骨髄バンク間の連携もうまく行かない。
そのような状況の中、全米骨髄バンクから日本骨髄バンクに対し、
チャーター機での輸送であれば可能との連絡があった。
チャーター機での空輸にかかる費用はおよそ1600万円。
しかしこの金額を日本骨髄バンクが拠出することは、
財団法人という立場上、特定の患者の為に便宜を図ることは
他の患者との差別化が生じてしまう為にできない。
しかし、コトの緊急性、また“患者のもとへ一日も早く
骨髄液を届けることこそが骨髄バンクの使命である”との判断から、
チャーター機の要請を決断した。

輸送決定を受け、患者の入院先の病院関係者は
病室の無菌管理と感染予防に全力を注ぎ、
またある患者の主治医は患者のHLA型と一致する
臍帯血の現物を万一の事態に備えて確保する。

三人の患者への骨髄液を積んだ小型機は、
アメリカから途中ハワイ・マジュロ・サイパンを経由して給油を行い、
日本時間の15日19時24分に羽田空港に到着した。
その後骨髄液は厚生労働省、財務省の全面的な支援もあって迅速に各病院へと届けられ、
16日の未明、予定から4日遅れで無事三人の移植が無事終了した。
驚くことに、関東の患者に対しては小型機が羽田に到着後、
僅か1時間以内には既に骨髄液が病院に到着しているという離れ業だ。

懸念されていた1600万円の費用に関しては全米骨髄バンクも一部負担を決定し、
また懸命の募金活動により最終的には2000万円を超える金額が集まった。

まさに日米両国の骨髄バンクの情熱が国境を越えた瞬間であった。



本当に凄い話だと思う。
恥ずかしながら、当時のオレはこんな話全く知らなかった。
遠い知人がテロに巻き込まれた悲しみや、為替はどうなるんだ??とか、
狭い視野でしかこの事件を捉えることができていなかった。
嘆かわしい、情けない話である。

舞台からは、原作者、出演者の方々の熱い演技から様々なメッセージが伝わってくる。
会場自体がそこまで大きくなかったとは言え、凄い迫力だった。

舞台の中で、「ヒューマニズム」という言葉が1つのキーワードに感じられる。
一般的には人道主義、人文主義等として訳されるこの言葉、
百科事典では「人間を真に人間的たらしめている本性(人間性)を尊重し、
真に人間的な社会の実現を目指す理想主義的立場である。
従ってヒューマニズムは、人間性からの諸欲求と
その創造的表現たる芸術・道徳・宗教・科学などを、
それらを抑圧する政治・経済的束縛から解放し正しい発展・実現を目指す。」
なんてちょっと難しい表現もされている。

日米骨髄バンクの職員として果たすべき使命は何なのか!?

確かに、大規模な同時多発テロが勃発した中、
全米中がかつてない混乱に巻き込まれており、
マニュアル通りの結論を急げば骨髄液を届ける為に特別許可を下すなんてあり得ない。
正論、マニュアル通りの前例主義、理屈が通用しない世界。
情熱、感情論の世界になってしまうが、それがヒューマニズムだと感じた。

恐らく当時は日米骨髄バンクの職員の方々は懸命の説得工作のため、
不眠不休の日々が続いたに違いない。
考えれば考えるほど、幾つもの不可能を可能にしている。
そして、それは『患者の生命を救うため』『白血病による犠牲者を1人でも減らすため』
といった共通の目的意識が両国政府・バンク間でシンクロした結果の奇跡である。
当時の関係者の皆様方の勇気溢れる決断に、心から敬意を表したい。



『これ以上白血病による犠牲者を出さない』というメッセージは、
鑑賞に来た方々の胸にも熱く響いたと思う。
会場では骨髄バンクへの募金活動や、パンフレットの配布も行われていた。
グッズ販売の売上の一部も寄付されるそうだ。
ついつい色々と買い込んでしまった自分がいる・・・。

CIMG0146.jpg


鑑賞に来てた方々の年齢層は、思ってた以上に若かった。
半分くらいは20代・30代じゃないかなぁって思う。
それだけ若い方々にこのようなテーマの舞台が注目を浴びるのは嬉しい限り。
皆どんな思いを胸に抱えて帰宅したんだろうか。
何かを感じ、そして行動に移す人が1人でも多くいればと願うばかりだ。


何だか小学生の読書感想文みたいになってしまった感が・・・
けど、昨日の舞台鑑賞は、本当に発病宣告1周年に相応しく、
有意義な時間を過ごすことができたと思う。満足です。



p.s.
原作・脚本・演出をされたH.T.ISSUI様。
そして友情出演されてた中溝裕子様。
開演前のお忙しい中で時間を頂戴し、
お話が出来たのは僕の中でも1つの財産となります。
本当に有難う御座いました。

写真は左から中溝さん、管理人、ISSUIさんです。

CIMG0145.jpg


メガネトリオ?思わず笑ってしまう素敵な写真が撮れました。


以上

ミンナでワッショイ!!
↑☆彡 (-人-;)↑
FC2ブログランキング登録中↑
応援のクリックをお願いします↑
【書籍紹介】宙に舞った「藤井ハリー」ダイエー・藤井将雄物語
こんばんわ。
こう毎日暑いとさすがに参っちゃいますね。
記事冒頭の出だしの一言もワンパターン化してしまいます。

今日は午前中ちょっと外に散歩に出てみたんですが、
やっぱり熱にやられて、午後は昼寝で潰れてしまいました。



さて、今日紹介させて頂く書籍なんですが、
これは実は昨年10月14日付の記事で一度既に紹介済みです。

ただ個人的に凄い好きな本なので、
また今回ブログ内のカテゴリとして
書籍紹介コーナーを新設した手前・・・
「しつこいよ」という意見も出てしまいそうですが、
改めて紹介させて下さい。



『宙に舞った「藤井ハリー」ダイエー・藤井将雄物語』
藤井正子・マリ子著/㈱文社発行
2001年11月28日第1刷発行/定価:1400円+税(絶版)

img_897902_13972837_1.jpg


今やプロ野球のパ・リーグで毎年優勝争いを繰り広げる
チームとなったソフトバンクホークスも、
南海時代の1978年からダイエーへの球団売却を経て
20年連続で万年Bクラスの弱小球団時代があった。

1995年から現在の王監督の指揮下に移り、
1999年に就任5年目で実に27年ぶりの
リーグ優勝を果たす訳であるが、
その球団としての転換期を迎える中で
チームの中継ぎエースとして大活躍したのが
この本に記された藤井投手である。

この年、藤井投手は右の中継ぎエースとして
年間59試合に登板し、王ダイエーを日本一へと導いた
勝利の方程式の一翼を担ったとして大きな評価を受けた。
また年間26ホールドポイントを記録し、
中継ぎ投手最大の栄誉と言われるホールド王に輝いた。

しかし栄光の日本一に輝いた直後、
藤井投手は体調不良を訴えて病院で検査を受ける。
病名は進行肺癌(当時本人には間質性肺炎と告知)。
既にリンパ節にも転移が進行しており、
余命3ヶ月の宣告であった。

それでも藤井投手は頑張った。
入退院を繰り返しながら、
翌年5月には二軍の試合ながらも復帰登板を果たす。

チームも呼応するかのようにペナントレースを勝ち残り、
見事に2年連続のリーグ優勝を果たした。
しかし、このリーグ優勝の試合は藤井投手は病室の
ベッドの上で妹のマリ子さんと一緒に観戦していた。
病魔は着実に藤井投手の身体を蝕んでいた。
余命3ヶ月、長くて半年と言われてから
既に11ヶ月が経過していた2000年10月7日のことである。



そしてホークスがリーグ優勝を決めてから僅か6日後、
2000年10月13日、多くの人々に惜しまれつつも
藤井投手はこの世を去った。享年31歳である。



この年のダイエーホークスがパ・リーグ連覇を決めた時、
王監督と共に“藤井ハリー”
(ホークスのマスコットキャラ「ハリー」のぬいぐるみに
藤井選手のユニフォームを着せたもの)が
一緒に胴上げされて宙を舞ったことは有名な話である。
そして藤井ハリーはそれ以降、
ホークスベンチの片隅でナインの勝利を見守り続けている
(昨年からはユニフォームをソフトバンクに着替えて!!)。



また球団関係者は彼の多大な功績を称え
背番号「15」を永久欠番に、
また福岡ドーム(現ヤフードーム)の15番ゲートを
彼の背番号にちなんで“藤井ゲート”と名付け、
記念プレートと彼が最後に残した言葉が掲げられている。



心に残るその言葉を再びここで紹介したい。
2回同じネタを紹介するのは心苦しいが、
それでもやっぱり胸に響く言葉なんです・・・。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
皆様へ
 今の自分があるのは、過去から現在において出会った全ての人のおかげだと思います。その中の誰一人がかけても、今のこの幸せな自分は存在しませんでした。だから、すべての人に感謝しています。
 プロ野球選手はまわりの人々に夢と希望を与える職業だという人がいます。でも、ボクは逆です。たくさんの人から夢や希望、エネルギーをもらってきました。そのことがうれしかったんです。
 6年前の入団発表のとき、王監督を胴上げしたいと抱負を述べました。その願いも去年のリーグ優勝と日本一で無事に達成できました。そして、今年はチーム全員で頑張ってつかんだV2。すばらしい野球人生だったと胸を張れます。
 この病気には自分自身、すごく勉強させてもらいました。孤独や優しさ、思いやり、不安。人間の本当の感情に触れることができました。今までのボクは上っ面のとこしか見えてなかったんだなとも思いました。すべては、この病気が教えてくれたことです。
 この一年間、ゆっくりと休ませてもらいました。あらためて野球を頑張ろうという気持ちにさせてくれた中内正オーナー代行はじめ球団の方々、王監督、チームメートの皆、感謝の気持ちは忘れません。そして、生きる希望を与えてくださったファンの皆様、ありがとうございました。これからもダイエーホークスを応援してください。
藤井将雄
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



残念ながら既にこの本は絶版となってしまったんですが、
是非読んで頂きたいので紹介させて頂きました。

同時に、この本でも綴られている彼の日記。
発病後に開設されたホームページの掲示板には
今も尚藤井選手を愛して止まないファンの方々からの
書き込みが綴られています。



お時間がある時に是非ご覧になってみて下さい。
オレも久々に(一時期別のHNで書き込みしてました)、
改めて紹介させて頂いたご挨拶に伺いたいと思ってます。



藤井投手の生き方、考え方は多くの感銘を与えてくれた。
強く、前向きに、希望を持って走り抜く。
何事も最後まで諦めない気持ちを持って下さい。



以上

ミンナでワッショイ!!
↑☆彡 (-人-;)↑
FC2ブログランキング登録中↑
応援のクリックをお願いします↑

【舞台紹介】IMAGINE 9.11
土曜日の日本経済新聞夕刊に面白い記事を発見した。
骨髄移植の実話をテーマとした舞台が
8月23日から全国で公演されるらしい。

記事を読むと、昨夏にも東京で上演されていたらしく、
好評だった為、今年は8月~9月にかけて
熊本、福岡、北九州、岡山、大阪、福井、
富山、金沢、名古屋、長野、東京の計11ヶ所13公演。

以下はIMAGINE 9.11のHPからの抜粋です。



2001年9月11日

アメリカ経済の象徴ともいえる
ワールドトレードセンターは、
ハイジャックされた2機の旅客機の
衝突炎上により跡形もなく崩壊した。

ほぼ同時刻、ペンタゴンへも旅客機が激突するなど、
全米各地で航空機の墜落事故が相次いだ。
その信じ難い光景を
私達はただ呆然と見つめるしかなかった。

多くの人命と、心と、日常を直接奪ったテロは、
その直後から、間接的にも様々な人たちの暮らしに、
計り知れない影響を与えた。

その時日本では、3名の患者が、米骨髄バンクの
ドナーから提供される骨髄液を待ちわびていた。

しかし、日本までの航路は、全面飛行禁止に・・・。
移植の予定日は、9月12日。

患者はすでに、大量の放射線と抗がん剤により、
自らの力では、一滴の血液も造れない状態で、
無菌室内で待機していた。

“骨髄移植”は、組み合わせにより膨大な数に
膨れ上がる白血球の型が、ドナー、患者、
共に一致しなければ成立しない。

非血縁者間で適合する確率は、
数百から数万分の一と言われている。
移植が決定すると、患者は前処置という段階に入る。
放射線の全身照射と大量の抗がん剤投与で、
骨髄機能(骨の中で血液をつくる造血幹細胞)
を死滅させ、健康な骨髄液を受け入れる準備をする。


無菌室内の患者は、既に自らの力では一滴も
血液を作り出すことが出来なくなるため、この時点で、
ドナーは骨髄提供を拒否することはできない。

日米の骨髄バンクは、
「新たな犠牲者は出さない!」と、現実に挑む。



自分が見ていないのに記事上で紹介するのは
如何なものかと少々ためらいもあったんだが、
「骨髄移植に少しでも関心を持ってもらいたい」
という制作関係者の方々のメッセージは尊いもので、
このようなドナー登録者数の増加を願う活動は
今後とも自分の見た・見ていないに関わらず
積極的に取り上げて行きたいと思う。



余談になるが・・・、

オレの骨髄は北の方から新幹線で届いた。
その頃、今年の東北・北陸地方は
例年を上回る大雪に襲われており、
移植日の2日後には秋田新幹線が雪崩跡に突っ込んで
5時間以上も新幹線が止まるという事件が起きた。
【Day2】雪崩(2006年2月10日)

また、化学療法による副作用が激しくて、
急遽血小板の輸血が必要だった時。
都内にはオレに合う血液が無かった為、
岡山から緊急でヘリコプター輸送されてきた
血液を深夜に輸血したこともあった。
ヘリで空輸中(2005年10月26日)




血液疾患の患者にとって、
自分に注入される骨髄、血液等は生命線。
タイミングを逃しただけでそれが致命的ともなり得、
一方でナマモノだけに賞味期限は短く、
輸送ネットワークは極めて重要なものである。

そんな中で、この舞台では採取した骨髄が、
テロによる飛行機の離発着制限によって輸送できない。

正直、考えただけで恐ろしい。
前処置が完了していよいよ明日が移植の日。
そんな時に突然「骨髄が届かない」とか言われたら
自分は一体何を思うんだろうか。



体調が良ければ見に行きたいと思うけど・・・
舞台とか映画とか、人混みは避けた方がいいんだよね。
ああ不便ナリ免疫不全。

全国各地で公演は予定されているので、
宜しかったら皆さんも
お近くの会場に足を運ばれては如何でしょうか?

個人的には、どのような人がどのような動機で、
この舞台に関心を持って見に来るのかが気になります。
1人でも多くの人々が骨髄移植・骨髄バンクについての
正しい知識を持ってくれれば・・・
オレはこういった各団体の活動を応援したいです。



以上

ミンナでワッショイ!!
↑☆彡 (-人-;)↑
FC2ブログランキング登録中↑
応援のクリックをお願いします↑
【書籍紹介】強く生きる言葉/壁を破る言葉/愛する言葉
今日は3冊まとめて一気に紹介させてもらいます。

実は結構詩集好きなんですよ、オレ。
詩ってのは短い文章の中に
物凄くたくさんの想いや意志が込められてると思う。
読み手はそれを汲み取ろうと色々想像力を働かせる。
書き手の真意はわからぬものの、自分なりの解釈をする。

今回紹介させて戴くのは芸術家・岡本太郎氏の著書2冊と、
敏子夫人との共同著書を1冊。

購入のキッカケは全然病気とは関係ないところだけど、
色々と考えさせらたり、新しい考え方を植え付けてくれた。
幾つかの心に残った言葉(抜粋)と共にここで紹介します。
きっと皆さんも気に入る言葉が見つかると思います。

是非読んでみて下さい。
入院中に読むとしても、
活字の本より軽いんで比較的楽に読めると思います。
お見舞いグッズとしても詩集はオススメです。
あっという間に終わってしまう分、時間は潰れませんが。



『強く生きる言葉』
岡本太郎著/㈱イースト・ブレス発行
2003年4月25日第1刷発行/定価:1000円+税

20060817163306.jpg


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
人生は積み重ねだと誰でも思っているようだ。
ぼくは逆に、積みへらすべきだと思う。
財産も知識も、蓄えれば蓄えるほど、
かえって人間は自在さを失ってしまう。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
ズバリ答えよう。
金と名誉を捨てたら人間の“生命”がのこるんだ。
つまり、人間のほんとうの存在だけが生きる。
金と名誉を拒否したところに、
人間のほんとうの出発点がある。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~



『壁を破る言葉』
岡本太郎著/㈱イースト・ブレス発行
2005年4月30日第1刷発行/定価:1000円+税

20060817163513.jpg


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
自分の姿をありのまま直視する。それは強さだ。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
謙虚というものは、人のまえで、
おのれを無にするとか低く見せることでは絶対にない。
むしろ自分の責任において、おのれを主張することだ。
つまり、謙虚は権力とか他人に対してではなくて、
自分自身に対してこそ、そうあらねばならないんだね。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~



『愛する言葉』
岡本太郎・岡本敏子著/㈱イースト・ブレス発行
2006年6月30日第1刷発行/定価:1000円+税

20060817163812.jpg


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
太郎さんに好きだって言われたことなんか一度もなかった。
言われなきゃわからないようじゃ、
はじめからやめちまった方がいいわよ。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
出会いがないという人は、
出会ったことに気づいていないか、
自分の都合のいい恋をしたいと、
思っているだけなんじゃないかしら。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
情欲に流されるのはいい。
だけど、流されてるという自覚をもつんだ。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
「まわりを見わたしても、ロクな男がいない」
だがそれは、女も悪いと私は思う。
お互いに相手を引き出し、ふくらませなければ。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
太郎さんが「男女」っていう素敵な字を書いたの。
男と女がひっついてひとつになってるんだけど、男が上。
だから「やっぱり男が上なのね」と言ったら、
「そうだよ、いつだって女が支えてるんだ」って言うのよ。
ちゃんとわかってらしゃる。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
彼女は精神的に肉体的に、
ぼくの寂しさをいやそうとする。
しかし、そういう気持ちがわかればわかるほど、
ぼくは孤独になってくる。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
激しく自分が惚れていると感じるときは、
相手が裏切ったように見えるときだな。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~



以上、何だか男と女の詩が多くなってしまった。
今の自分の心情描写なんだろうか・・・。
いや、特に思い当たる節は無いんですけどね。



ミンナでワッショイ!!
↑☆彡 (-人-;)↑
FC2ブログランキング登録中↑
応援のクリックをお願いします↑
copyright © 2005-2006 揺れない心 ~Serene Hearts~ all rights reserved.
Powered by FC2 blog.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。